【コールハーン】ビジネス靴の評判はどうなの?(メンズ向け)

スポンサーリンク


コールハーンというビジネスシューズをご存じでしょうか。有名なブランドシューズを例にするならリーガルが浮かびますが、コールハーンも同様に人気のあるものとなっています。

・コールハーンの評判はどうなのか?

・評価はどの程度されているのか?

・使いやすいのか?

今回はこの3つの点を絞ってまとめていきたいと思います。

コールハーンとは?

コールハーンはアメリカで創業されている洋服の企業となっています。かなり昔から活発でして、最初はアパレル靴の販売から入っていました。

そこから洋服全般を取り扱うようになり、売り上げの方も堅調に延びていったのでしょう。

今取り扱っている商品は、革靴、スニーカー、ローファーや夏場で優遇されやすいスリッポンなど、メンズ専用のシューズとしてオリジナルで展開されています。

他にもアウトレット通販、ゾソタウンといった大きなショッピングサイトの方に販売しています。フォーマルでカジュアルなシーンを身に纏うシンプルなデザインが印象的です。

ビジネスシューズといっても堅苦しい製品ばかりではなく、アウトドアでも活躍するような商品が目白押しです。

ビジネスに通用するのは勿論のこと。ビジネス+カジュアルを融合させた絶妙なゴールデンバランスがいいですね。使う用途に切り替えて利用できるのはコールハーンの醍醐味でしょう。

靴の重量自体が軽めなのと、女性受けしやすいヴィンテージな部分も心惹かれてしまいます。

値段の相場

価格の方は意外にもピンきりです。2万なら安い方でして、高く見積もるなら5万円クラスも存在しています。値段の高い基準で選べば相当な種類になりますね。選び放題です。

他のブランドシューズと比較するならまず値段でしょうか。ビジネスシューズをそこらで買うなら1万もあれば十分です。

それに対してコールハーンは2万~5万。遠慮してしまいそうな価格となっています。

年齢層

20代前半~に相応しいシューズですね。ビジネスパーソン全体を通して色んな人に合わせやすい靴です。

愛用していた芸能人

靴以外のコールハーンを含みますが、過去に使っていた芸能人だとメジャーの齋藤隆、アメリカのオバマ大統領。

他にも女性シンガーソングライターのテイラー・スウィフト、テニス業界で大盛り上がりを見せつけたシャラポワ選手も使っているようです。

今現在は他のブランドを使っている可能性もありますが、実際に使っていたとなれば気になってしまいます。

評判、評価の具合について。

評判について色々調べてみるのですが、中でも気になるのは

・とっても歩きやすい。

・クリームを塗るとだいぶ変化がある。コーティングすると見違える。

革が丈夫でしっかりしている。

・パンプスも最高(女性向けですが)

目に見えてわかりやすいのが、「歩き疲れにくさ」ってところでしょうかね。

クッション性もバッチリ、軽くてフラットに歩けるのはコールハーン独自の作り方が合っているからでしょう。後は「歩いていて楽」という評価もありました。

ビジネスシューズに求めるところはいくら歩いても疲れさせない、疲労を溜めない、デザインがかっこいいところ。これに丁度マッチしています。

また、店舗で買うと高いので、ネットで購入する方もいる様子。サイズだけお店で確認しておき後でネット通販を利用する感じ。

新品だと高すぎて手に届かない。そんな方は中古で安く入手する人もいました。

コールハーンは以前NIKEに買収されてからより一般受けしそうなデザインへと進化しているようですね。

NIKEという身近なブランドと協定していることでNIKEからコールハーンのシューズを知るきっかけにもなります。

何処かのノーブランドを購入してすぐボロボロになってしまうより、長い目でみて長期的に愛用できるシューズが大事になってきます。

結果としてコールハーンのシューズはかなり評判がいいです。悪い話は全然聞かないですねー。強いていうなら「値段の高さ」で前に進めない所。

靴マニアからすると「靴にハマるきっかけとなった」凄さもあるようです。紳士向けの高級ビジネス靴として安定性バッチリですね。

こんな人におすすめ。

・歩きやすさを気にしている方

・軽さを求めている方

・より高性能なビジネスシューズを履きたい方。

お洒落として魅了させてくれるコールハーンですが、実際に使っている人の評判をみると満足度が高いと感じます。一足くらい持っていても良さそう。お店によって期間限定のセールを行っていたりするので要チェックです。

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です