モナミヌウプラスsc217/sc200の口コミ、違いを徹底的に解説していく。

スポンサーリンク


Sc207の後継機とも言われているsc217のモデルと、sc200のミシン両方の違いや口コミ、特徴についての情報をまとめた記事となっています。

購入しようか悩んでいる方
製品の具体的な特徴や口コミをもっと深く知りたい方
上記の商品は買いであるのか。選び方を詳しく知りたい。

そんな初心者の方を対象とした商品選び。もっとも、ミシンとしての評価はどうなのか早く知りたいですよね。

はじめにいっておきますが、両モデルとも非常に高い評価となっています。個人的なおすすめは「SC217」のモデル。使い心地も真新しく、常にランキングの上位に位置しています。

Amazonや楽天でも取り扱っていますので是非チェックしてみてください。ミシンのレベルも格段に上がり‥ほんと良い時代になりましたね。

Amazon→シンガーコンピュータミシンモナミヌウプラス「SC217」(SC200/SC207の最新モデル)

楽天→【最大2000円クーポンあり】「モナミヌウプラスSC217/SC227」ワイドテーブル・白いフットコン付!【5年保証】

Amazon→SINGER シンガー コンピュータミシン モナミ 【ヌウ プラス】 SC200

楽天→「モナミヌウプラス SC200」【自動糸調子】【送料無料】【5年保証】

sc217の口コミ

・単純に使ってみて優しい機能が備わっていた。

・音が静かで使いやすい。静かなので、音を気にせず作業に没頭できる。

・初心者向けのミシンとしてはハイパフォーマンス。精度が高いので普段手慣れていない方にも相性がいい。

・ミシンとしての力強さも感じられる。

ざっくりまとめるとこんな感じ。

口コミに関しては低い評価である内容は殆ど見られませんでした。強いて言うなら値段の高さですかね。

他にも使っていて「満足した」という感想も多いです。

まず確かめておきたいのは、ミシンの求める性能って一体何が一番重要なのか。

それは使い心地と、使用していてストレスフリーに利用できること。パワーあれば少ない負荷で済むので壊れにくくもなります。

値段が高い分、高いなりの価値を果たしていることも、大事なポイントです。

結果としてsc217の口コミは良いとのこと。Amazonや楽天のレビューを見てもその良さを感じ取ることができます。

sc200の口コミについて。

・糸のセットが簡易的でわかりやすい。

・他のミシンから買い換えたけど、結果として十分な安心感得られた。

・操作性が抜群で、きめ細かい使い方もできる。

・初のミシンデビューとしてもおすすめしやすい。

といった口コミがありますね。まず気になるのは操作性の良さについて。

説明書をわざわざ見る必要がないのでセットアップも早いし、めんどうな操作をすることなく始められます。

大きさもそれほどデカくなく、コンパクトな設計となっているので、置場所にも困らないという情報もありましたね。

説明書が不要ってところにも着目したいです。sc200も評価が相当高いです。

sc217とsc200の比較

では二つの商品にどんな違いがあるのか?

大きく分けると

・値段が違う。sc200の方が控えめな価格

・パッケージの形が若干違う。

・使える機能が一部異なっている

という状況です。

パワーの強さでいうならどちらも似たり寄ったり。こっちの方が優れているとか、一番いいということはありません。

そして、音の静かさも同等であるといえます。音がうるさいミシンじゃ困るって方には嬉しい機能ですね。

値段のコストパフォーマンスで考えるなら、sc200が優位になりますが、万能さでいうならsc217も負けていません。

「お金に余裕」があるならsc217がズバリ買いだと言えます。今考えている予算を少しでも節約したい。お財布に優しい買い物をしたいならsc200で十分な役割を果たしてくれます。

どちらも譲れない機能を持っていますが、あまり深く考えず、値段の安さで決めると判断がしやすいです。

ゆっちゃん
どちらも高品質なミシンとなっています。

sc217の主な特徴について。


ハードケース、針ケースが付属されています。また、まつり縫い押さえ。ファスナー押さえ、ボタンホールといった押さえにも対応しています。

そして取り扱い説明としてDVDがついているので非常に親切なものとなっています。買ったときから豪華な付属品ですね。

オリジナル刺しゅう機

既にししゅう機としても利用できるので、わざわざ専用のミシンを購入する必要がなくなります。

入学前にどうしよう‥と焦ることがなくなります。これ一式で対応可能。幅広いサイズに対応しており、1センチから3センチまで変えられる。

下糸が楽チンな設計

ミシンの細かい作りが上手にいかず困っている方にも便利な仕様となります。下糸らくスルーという機能のおかげで初心者でも時間を掛けることなくセットが可能。

糸切れを教えてくれる。

糸が切れときに、画面内で「糸をかけ直してください」という表示がされます。
まず気が付かないってことがないので、安心してミシン縫いに没頭できるんですね。

高機能

コンピューターによる自動制御によってミシンの知識がない人にも楽して作業に貢献してくれます。簡単に言うと、プロのような技術力の高い操作を行えるようになります。

自動で出来るのは無駄な時間を抑えるだけでなく、ミシンの力によって上手に作り上げることが可能になるのです。

自動で糸が通せる

セッティングの段階ですね。針穴を機械操作によって簡単に通すことが可能。これでイライラすることが減ってきますので、より快適に。

SC200の主な特徴について。

自動糸調子

ダイヤル方式とコンピューター方式による二つの機能で、両者とも多機能な使い方を実現します。

液晶が見易い。

悪いところがあれば、エラーメッセージとしてお知らせしてくれますし、おさえ縫い幅といったものにもしっかり対応します。

LEDが明るく照らしてくれる。

ミシンの針元をライトによって明るく照らします。暗い場所でもなんなくミシン縫いが可能。しかもLEDなので環境にも優しいし、超寿命なのが良いですね。暫く交換しなくていいですからね。

広々としたスペース

ワイドソーイングスペースによって大きな生地でもしっかり当てはめてくれます。広いことで、小物類から大型の衣類にも対応。

薄い素材にだってぴったりハマります。ブラウスとかも、なんなくいけちゃいます。

初心者にもおすすめのミシンはどれなのか?

どうしても欲しいんだけど、買いたい製品が決められず悩んでいる。そんな方にはシンガーコンピュータミシンモナミヌウプラス「SC217」が一番ピッタリハマると思います。

5万程度と価格も1万~3万円代のミシンに比べると高いかと思いますが、長い目でみると俄然お得に感じます。

ネットでも抜群の評価なことと、機能が揃っているわりに、一から説明しなくても楽々始めることができます。

要はめんどくさい手順が無いってことです。これなら時間に余裕がない方にも安心して使うことができます。

ミシンは操作の段階で苦痛になっては困ります。なるべく「短時間で早く作れる」のが理想です。

SC217はこの理想を当たり前に叶えているので、使って損するなんてことは無いんですよね。

その快適な仕組みを構築しているSC217は主婦層にもおすすめであると言えますね。

ミシンは一度購入しても10年は余裕で長持ちします。ってなれば多少値段が張っていようが安いものだと考えてください。

ゆっちゃん
長期で使うなら「SC217」が優秀です。

SC217をおすすめ出来る人

では改めてまとめていきましょう。SC217モデルをおすすめ出来るのはこんな方。

・ミシン縫いが得意でない人

・10万以下の高性能ミシンを探している人

初心者で使いやすさ重視を求めている人

くどいくらい何回もいっていますが、SC217はネットユーザーの評判もめちゃくちゃ良く、「レビュー数」も半端じゃないです。

買って良かったという情報を知ると嫌でも知りたくなってしまいますよね。

ミシン選びでどれが一番いいのかわからない方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク










お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です