プーマ(PUMA)靴の本物と偽物の見分け方。初心者でも安全に買う方法とは?

スポンサーリンク


プーマの靴はスポーツマンにも最適ですし、多くの方から愛されている定番シューズ。こなれた履き心地を見事再現し、お洒落なアイテムとして評判も良いです。

そこでシーズンに入ると商品の売れ行きもぐーんと変わってきます。その時発生しやすいのが「偽物」を掴んでしまうこと。よくある話なのですが、出来れば正規となる本物が欲しいですよね。

・偽物を判断する基準

・偽物を買わないようにするには?

・本物のシューズを出来るだけお得に見つけたい。

上記の方法を詳しく解決するために、初心者が知るべきことは何があるのかまとめていきます。見極め方法も一緒に。

偽物をチェックするポイントとは?

・ロゴが正確な位置に当てはめられているか。

・サイド付近にあるアッパーや靴の先端にあるロゴをよく覗いてみる。

・プーマのロゴが一切見当たらない。見つけることが出来なかった箇所があるかどうか。

他にもレザーのさわった感触が違う。質感が全然異なっていたり。ロゴに対する位置が不適切な場所にあったり、低すぎていたりなど。

中にはエンブレムの位置が微妙にずれていたり色合いが異なる一面もあるようです。

これじゃ他人を騙そうとする前に購入者がイチイチ調べなくてはならないので疲れてしまいます。

一番見分けがつきやすいのは「値段」をしっかりみることです。 あまりに安すぎるシューズは不思議と調べた方がいいかもしれません。

今現在出回っているモデルは

「xGraphersRockのDISC BLAZE」

「スピードキャット」

といったシューズ達です。探せばまだまだ存在するとみています。

安さに釣られて買わない方がいい。

特に目立つのがラクマや、フリルといったメルカリ仕様のオークションアプリですね。

新品なのに定価より安くてお得に感じるパターンが多い。しかし買い方をミスると正規品を手に入れるとかより、自分が損する羽目になります。

ここで買うのはちょっと気が引けるなーと感じたら避けておくべき。安いほど甘い罠があるってことですね。

偽物を選ばないようにする為に。

プーマのシューズの大方となるのは専門店。大半は直営店に足を運ぶのが正解なのですが、コスト下げての購入なら通販サイトが重宝します。(値段の変動もありますが時期やタイミングに関係してきます。)

ネットを利用して購入したい方もいらっしゃることでしょう。通販ならAmazonや楽天が一番使いやすい。平行輸入品というものもあるんですが、本物もあります。安全性については業者次第。購入の際は評価や実績のあるショップを選んでおけば間違いないです。 一度チェックしてみるといいでしょう。

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です