プルームテックのおすすめ味、銘柄、フレーバー、特徴をまとめて紹介!

スポンサーリンク


プルームテックについての事柄を一気にまとめていきましたので紹介していきたいと思います。プルームテックおすすめの人気味、美味い味について。

【目次】

プルームテックの主な製品特徴について。

プルームテックはアイコスと比較すると安い値段で購入が出来て、火を全く使わないタバコになります。

においも一切出ないので周囲の感情を気にすることなくプライベートだけに依存しない。

いわば、言い過ぎかもしれませんが、次世代に繋がる革命的な電子タバコだと思います。

しかも加熱しないというのが確実的な根拠でアイコスとはまた別の枠組みと考えた方がいいでしょう。

フレーバーとなるものはカプセルが代わりとなっていて最初はビックリするでしょうがすぐ慣れると思います。

プルームテックは、じわりじわりと人気が訪れているような感覚。

まだ一般庶民全てに普及されていないのは、発売から即完売してしまい次の入荷待ちとして公にされ過ぎていなかったり、アイコスの知名度が上回りすぎてまだ、霧につつまれている状態であると睨んでいます。

プルームテックの保証期間について。

どうやら1年間は有効のようです。ここで購入後にトラブルなく壊れなければ、面倒なやりとりをしなくて済むんですよね。‥まあ1年なら妥当でしょう。ユーザーの使い方や状態によりけりですが、しっかりと保証があるのは心強いですね。

では、次におすすめの味についてまとめていきます。

メビウス・レギュラー・フォー

ド定番というか凄くスタンダードな味わいです。元祖メビウスをそのまま再現したかのような力強い感じで、どちらかといえばメビウスらしさはあります。

しかも、吸っている感はアイコスと比べると一目瞭然のような。上手く練り込められていてガッチリしていますので、なるべく強めの刺激がほしい方に向いていると思います。

ライトというよりへビィー。重みがあるというか、中には味がキツい、不味いという意見もあるとのこと。

甘い味とか好まずニュートラルな方向性を望んでいる方には絶対似合うと思います。アイコスのレギュラーと比較するとグラビティーな重さだと思っています。

メビウス・クーラー・グリーン

グリーンはメンソールの味として非常に近いと思います。スーっとするような滴り感があり、慣れちゃうとやめどきがわからなくなってしまうほど。

ただ、レギュラーと比べると真新しいような発見は見つからず、ただ、風味を味わっているだけというか、吸っている感覚は人によって満足しないみたいですね。

レギュラーはアンバランス過ぎて重みを感じる。だけど、居心地だけでもスッキリしたい人向けのような感じがします。

臭いがないのがプルームテックの本質的な考え方となると、ちょっと微妙な気もしますが、まあ無難でダメージを受けずらいフレーバーなのかなと思います。

メビウス・クーラー・パープル

率直に伝えるとするならば、ガムのブルーベリー味をそのまま忠実に再現した感じ。

甘い香りが漂っていてフルーツを食べる感覚とちょっと似たような。これは女性にも着実に受けがいいだろうし、気分的にむさ苦しい状態が続いている場面で、ほんの一息つくのに丁度マッチしていると思います。

臭みは無く苦味を放出する味ではないこと。とにかくフルーツとかデザートを意識したような甘党関係が好きな人には、ばっちしだと思います。

てか、これは既にタバコとしての領域を越えているような‥。ハッキリいえば子供っぽさもありつつ、マイルドな質感を与えてくれる印象ですね。

個人的にはブルーベリーのような味だけでなくイチゴや、レモン、オレンジのような人気フルーツを取り揃えた味を出せば確実売れると思うんですよね。フルーツミックスでもいいでしょう。

一番のおすすめのフレーバーは?

この件については賛否両論だと思いますが、レギュラーはバースト感、勢いがある味。

グリーンは長期で吸う人、さくっとその時の気分で吸う人向け。

パープルに関しては遊びが効いていてお手軽、タバコのほろ苦いやつが苦手な人に。

とにかくお試しで吸うならレギュラーから吸ってみて、なんか違う。これでは満足しないというならパープルやグリーンを試して見るのもいいかと思います。

プルームテックの駄目なところ、弱点など。

まずは種類、2016年現在ではバリエーションの豊富さに欠けていること。

種類は出来るだけ多い方がユーザーも好みの選別がしやすいし、自分に合うフレーバーが決まりやすいと思います。

既存のタバコだと既に何十種類規模で出ていますので、ここら辺まで増えてくれば選び好みしやすいと思います。

後は禁煙目的で役にはたたないということ。何度も吸うのを辞めたい為に、プルームテックを試してみるか!の考えでは意味がないということ。

仕事の一服、唯一の楽しみとして捉えるのが正しいと思います。

そして、タバコのように吸っている雰囲気になるかどうかですよね。ですが、正直ここまで時代の確変がきたら、紙巻きタイプの時代はそう続かないように思います。

値段も安くて量産体制ができるようになれば、アイコスやプルームテックの方へシフトしてくるでしょうし、食べ物でも同じですが、料理そのものの味だけではなくお洒落としての重要度も頗る高い要点になってる。

だから「へえー。見た目のデザインお洒落だし一回試してみるか。」って考えにもなる。

プルームテックの駄目なところを挙げていますが、良い点で言えば、見た目が紙巻きよりも美しく見える。化粧品のポーチに入っているような、電動歯ブラシにも見えちゃいますね。しかもスキンシールお洒落なケースもありますのでiPhoneのように装飾出来るのは素晴らしいですね。

最後に。

今回はプルームテックのおすすめ味をまとめていきました。周囲を保護してくれるアクセサリーや、保護ケースもあるのでよりお洒落でかっこよくカスタマイズ出来るのが良いですね。自分だけのオリジナルなプルームテックにするのも楽しめそうです。

読者募集中!

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です