おどり炊きとwおどり炊きの違い、特徴について。お得な炊飯器はどちらなのか?

家電製品の情報を知りたい方へ。今回お伝えするのはおどり炊きとWおどり炊きについての項目です。

・二つの製品の違いとは?

・主な製品の特徴

・果たしてどちらがお得で高性能なのか

炊飯器についてもっと深く知りたい。 そんな方の為の疑問をわかりやすく説明していきます。

ゆっちゃん
おどり炊きを検討している人は必見です。

おどりだきとWおどりだきの比較

まずはおどりだきの説明についてしていきます。

【おどりだきの特徴】

Wおどりだきよりも古い

炊飯器で動かしているときに圧力を加える

2010年辺りから登場している。

おどりだきはパナソニック、三洋電機などのメーカーさんが出しています。

蒸らしと、吸水といった効果で美味しい米にさせる機能が備わっています。

また、うまみタンクが入っていることで、お米全体に水分を潤わせている状態を作る。

パナソニックでは過去にスチーム炊きといった物も出していました。

Wおどりだきと比べるとだいぶ昔のモデルが多く売られています。登場した時期が何年も前なので、古くなってしまうのは当然のようです。

そのかわり、価格は安くなっているので、中古とか、型落ちでも問題ないって方にはお求めやすくなっています。

安い型式ですと、2万~3万は結構見かけます。形に関しては極普通。初期の頃から出回っているため、どうしても型落ちのイメージが強いですね。

ゆっちゃん
おどり炊きは結構落ち着いた価格になっています。

Wおどりだきの特徴について

おどりだきの上位ランク

よりご飯を美味しくする為の新技術

1つから2つのおどりだきに進化

火力と圧力によりお米の水分を均一に保つ。

おどりだきより遥かに良いとされているWおどりだき。2013年辺りからどんどん世間に広まっていき、今ではネットのレビューや評価も高いものとされています。

主な口コミでは、炊いたあとのお米に甘味がある。艶がでている。味のバランスがよくて、食感も普段より変わっているとの情報があります。

wおどりだきは「かまど」で炊くのと違い、序盤から一定の圧力と火力でバランスよくコントロールしていきます。

また、IHと加圧式の両方を取り入れて上手に炊いていきます。毎回同じ仕組みで炊いているので、出来上がりもスムーズで美味しいご飯が出来上がります。

ある意味機械のような自動化ですが、製法がしっかり固まっているので、芯から芯まで使いこなせます。

保温の機能も勝手に行ってくれますので、自分から何か操作する必要がありません。保温が始まってから最初の6時間、そのあと12時間後に再度スチーム機能が追加されます。

現在対応しているメーカーはパナソニックと三洋電機。

値段の相場は6万程度~高いと10万までいく製品があります。価格差はサイズや性能によって多少のばらつきがありますね。

Wおどりだきは人気商品となっていますが、すぐに手を出せない高価格なところがネックですね。

一番推奨したいのはwおどりだき

結果としておすすめしたいのはwおどりだきです。年式が新しい点と、機能がより充実しているってこと。 最新版の炊飯器はやはり素晴らしいクオリティーへと変化しています。

あんまり大差無さそうに見えますが、圧力と大火力やスチームの入った機能はかなり凄いと思います。

「おどりだき」より更に進化した「Wおどりだき」は持っていて損のない炊飯器です。

通常の「おどりだき」では不足しがちな機能を「Wおどりだき」が充分補っている状態です。

パナソニックからも新しい新機能を常に開発しているので、現状新しい素材は有効利用するべきです。

昔の「おどりだき」だと見た目の美しさも今っぽくありません。昭和ながらのデザインもあるので、見た目が気になる方は新機種を選ぶのが良いでしょう。

Wおどりだきでの人気メーカーとして「パナソニック製」が高い評価を受けています。

逆にパナソニックが一番とも言えるわけですが‥。Amazonや楽天といった通販サイトでも取り扱っているので気になるかたは是非チェックしてみてください。

ゆっちゃん
安定のPanasonicです。

スポンサーリンク










お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です