mro-tw1とmro-sv3000の違い、比較について。ヘルシーシェフ

ヘルシーシェフのそれぞれの型番の違いについて徹底比較していこうと思います。今回は二つの製品比べです。

まずどっちのがいいのかと言われたら、mro-tw1で良かったりします。

Mro-tw1のヘルシーシェフはwスキャン機能を搭載しており、格段に機能が向上しています。

それだけでなく、段が二つあるタイプで様々な仕組みを持っています。

更にはこんなポイントもあるんですね、

・中身が見やすい設計

・固いボディーに囲まれており頑丈であること。

単に役立つだけではなく構造が深く練り込まれています。

カラーの種類はメタリックレッドと、パールホワイト。どちらも区別がつきやすそうな色合いですが、個人的にはホワイトで示しがつくでしょう。

お好きな方を選んでおくのが無難といったところか。

何より大事なのが、しっかり焼けて食べられるのかって話です。

wスキャン料理は意外と侮れません。美味しさを基準とする火加減を調整しています。

普通に料理をするなら、一気に温度をあげすぎてもダメですし、かといって短時間にやろうものなら上手く調理が出来ないですよね。

しかしこのwスキャン機能なら料理に詳しくない人でも簡単に美味しくできます。

冷えている状態から美味しいご飯にできますし、お肉を丁度よく解凍してくれます。

初心者にぴったりの造りなので、説明書を覗かなくても出来てしまいます。

早くて美味しい。簡単に調理できるからこそのオーブンレンジ。

また、お肉を解凍したり、お米を温めるだけではありません。

塩分を意識し徹底させた献立、自宅で悩まずにつくれるスイーツ類、時間短縮にもなるおかず。なんでも作れてしまいます。

mro-sv3000と違うところ

Sv3000は日立の電子レンジとなっています。

内部の総容量は33L。狭すぎない設計なので、基準は十分クリアしているはずです。

省エネにも気を付けており、カラーの種類も同じくらい揃っていますね。

型式の登場した年に関しては2015年。

wスキャン機能はお肉やお魚をおいしく調理できる設定となっています。

そして、wスキャンのみならず、様々な調理のバリエーションが揃っているのも特徴です。子供が喜ぶ煮物。田舎の味を再現するのにも最高ですよね。

その他あるメニューを揃えると124種類にも及んでいます。

更には天ぷらのレシピもあります。

こうして比較してみると、調理方法そのものに具体的な差はありません。

やはり気になってしまうのは発売された年式ですね。なるべく新しい方が壊れにくいですし、長持ちします。

その分値段は高くうつりますが、長期利用で考えれば割りに合うともいえますね。

まとめ。

今回mro-tw1とmro-sv3000を比較してみまして、大きな差は無いとわかりました。むしろ、機能で損する事は何一つ無いでしょうし、安心感を得るなら最新モデルを選ぶのが鉄則だといえますね。

メニューも自動で選択できて、日本の郷土料理でもある、和風の食事がいとも簡単に作れてしまいます。

時間短縮に関わるだけでなく、ストレスフリーで時間気にせずやってくれますからね。副菜、主菜それぞれ一緒にセットしつつ調理してくれます。

mro-tw1は4万円台で購入できる代物です。コスパで考えても十分お得なので、検討中の方がいれば是非チェックしてみてください。

口コミは以下の通り。

・重厚な温度センサーによってしっかりとした温度検知が可能となっている。

・温度が平等に温まるので、早い調理が可能となる。

・お菓子類はまとめて作れるので、便利に行える。

スポンサーリンク










お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です