【包丁】グレステンとミソノの比較。どっちを買うべき?素晴らしきメーカーはこれで間違いなかった。

包丁のメーカーとして群を抜いているであろう、ミソノとグレステンの両者について。

この疑問として思うのは、ミソノとグレステンどっちの方が使いやすいのか。あるいはどちらの方が優れているのか。

その違い、特徴や理由を比較して一番おすすめしたい包丁をまとめていきたいと思います。

包丁選びで悩んでいる方はこの機会に是非参考にしてください。ちなみに最初に伝えておきます、断トツでおすすめなのは「Misono(ミソノ) 440 三徳包丁」が圧勝です。

それは何故なのか?具体的な内容は次にて詳しく書いていきます。

ミソノ包丁の特徴を詳しく

・プロが愛用している商品として有名

・歴史が深く、老舗でもある。

・世界的にもシェアされている懐の深さが魅力。

ミソノのメーカーは日本企業として成り立っています。その凄さは単なるイメージだけではなく、実際の機能も充実しています。

まずは軽さがある種類もあり、切れ味も高い性能を持っています。

料理の「格上げ」として惚れてしまうほど、その使い心地、使用感はバッチリ。

調理に向けた包丁として名高く、使っていて、ストレスを感じにくい。玉ねぎも簡単にサクサクきれますし、抵抗が少ないからか、刺身や、固い果物類にもさくっと対応してくれます。

商品としての耐久性もキープし、とにかく長持ちさせてくれる包丁として定番となっています。

値段は5000円を越えていきますが、安い包丁とは言えないくらいコスパも良いとされています。

見た目といったデザインはごく普通。主婦層にも人気があり、使っていて癖のない良さを演出してくれます。

評判も驚くほどいいという話も出回っています。様々なモデルも登場しており、三徳や、ux10シリーズといった種類も出ています。

三徳包丁は邪道ともいうべき商品です。雑誌でも多く取り上げており、ベストランキングにも入る位知られています。

グレステン包丁の特徴を詳しく

・日本のメーカー

・昭和からある老舗のベンチャー企業

・包丁以外にも家庭用のアイテムも取り扱っている。

グレステンの包丁は包丁事業を軸に展開しています。誰かの為、使う人の為に拘りを常に追求していおり、包丁だけでなく、スポーツ関連にも取り組んでいるようです。

本題となる包丁ですが、安全性、耐水にも強く、持ち加減もいい感じの特徴を持っています。

先が細くなっているタイプや、下部に凸凹があり、固い素材に効果的な種類も存在しています。

よく聴くのが「牛刀」。こやつの包丁はかなり使いやすいよって話があります。

まず、見た目のクオリティーが高い。素人が持っていても迫力がありますし、料理に詳しい人が使っていると、プロ意識が更に芽生えてきそうです。

グレステンといったら真っ先に浮かぶのが包丁です。評判を調べてみると

・切れ味が最高
・力が入りやすい
・調理師も絶賛している

といった有益な情報があります。どちらにせよグレステンの包丁は素晴らしいということに間違い無いでしょう。

結論としてどちらを買うべきなのか?

一番知りたいのは二つの包丁を比較したとして、どっちが買いなのか。

値段相場でみると、ミソノは「7000円」程度、グレステンは1万を越えています。型式によっては15000円位の物もありますね。

値段でいえばミソノのほうがコストは低い。しかも、ミソノは長期間の切れ味を維持しますし、一回購入して使うことを考えれば、当然長持ちした方が費用面でも安く収まります。

グレステンもあれだけ良いと評価がいいんですが、唯一の弱点として、「研いでからのアフターケア」が大変だったりします。

他にも「研ぎにくい」って情報もあるため初心者には難しいかもしれません。ただ、その短所を踏まえなければ、最高級の包丁であるのは否定しません。

どちらにせよ、財布に余裕のない人はミソノで十分な役割を担ってくれます。三徳包丁の性質として、業務用より家庭用に特化しており、野菜から魚、肉類となんでもこなす為 、万能で快適に扱えるんですね。

これ一本で料理としての重役を果たすので、最終的にはミソノで十分事足ります。

まとめ。

・グレステンもミソノもどちらも高性能
・値段で選ぶなら絶対ミソノ
・グレステンはプロの料理人も使っている

結局は大差ないでしょ!って突っ込まれそうですが、とりあえずはミソノは初心者にも最適。これほど選ばれているのにはしっかりした理由があるんですね。

今や日本の包丁は海外でも圧倒的な人気を誇っており、世界各地から買いに来る人もいます。

だからこそ知名度だって多種多様に変わってくるんですが、レビューをみても、ミソノやグレステンは程よく載っています。

Amazonのレビューも驚くほど参考になりますので、まだ知らない人は上手に活用してみてください。

包丁選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク










お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です