ldk おすすめコスメランキング。評判が良いとされる素晴らしき化粧品たち「2018年保存版」

スポンサーリンク


Ldkの雑誌といったらコスメ特集も毎回のように掲載されていて、ビューティーの分野といったらいつになっても人気ですよね。

本当にいいものを。ベストコスメが載っている。それがldkの特徴ですね。

プチプラ系もありますし、値段が高いんだけど、値段なりであるといわれる「高級化粧品」もいくつかあります。

更に凄いのが「おすすめされている化粧品が本音で紹介されていること。」なるべくお得な買い物をしたい!コストパフォーマンスの良い商品に巡り会いたい。

そんな人に向けて大変役に立つ雑誌となっています。

そこで今回は雑誌でも高い評価を獲得しているアイテムを紹介していきます。コスメ選びで迷っている方はいち速くチェックしてみてください。

わかりやすくする為にランキングにしました。

コスメ選びの基準について。

Ldkで良いコスメ選びの鉄則として

実用性の高さ
安いのに安い以上に利便性がいい。
テスト実証結果を元として参考にされている

こんなところでしょうか。本当にガチでよりよいアイテムをって事で、まとめられていました。

ldkの雑誌って本当に信じて良いの?実際にどうなのって思う方もいるでしょうが、実際に便利な「最新コスメ」もあるんですよね。

また、中を深くさぐってみたところがっかりだった残念商品も一部紹介されています。

デメリットを教えている事はある意味知識としてインプットされますよね。しかし評価の悪い商品についてはスルーしちゃって構わないんです。

Ldk雑誌の良いところはコスパ最強のアイテムがみつかること。

結構細か~く「繊細に」評価されています。ランク別に製品の違いやテストを行っているのも信用性が高いですよね。評価の基準は、1位から10位まで候補に挙げて、比較されているものが中心でした。

まず最初は美容液から。たまに化粧水+美容液がセットになったアイテムもありますが、美容液のみで紹介します。

1位 リンクルショットメディカルセラム

ざっと1万程度で買える高級美容液。内容量は20グラムであり量としてはまあまあってところです。

2017年12月にて紹介されていました。使用前から2ヶ月以上のテストもされています。デザインは大人っぽく見た目のパッケージからして無難な感じ。

Amazonレビューも星4がついています。

2位 資生堂 HAKU メラノフォーカスCR

美白美容部門にて紹介されていました。資生堂は有名なメーカーさんなので、まず1つとして安心感があります。

無印とも比較されていますが、ブランド重視で決めるなら資生堂が上位って所でしょう。コスパなら迷わず無印で。

3位 オペラ リップティント

ティント部門で紹介されたオペラメーカーのリップ。使ったあとの出来映えや、塗り心地などがピックアップされていました。

持続性ついては深くわかりませんが、食べ物についたのが気にならない程度とか。ティントリップって年々種類が増えていくので、その中厳選されていると有り難いですよね。

4位 エスティーローダー ESTEE LAUDER ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ

メイクが崩れにくいと称されているリキッドファンデーション。プチプラには程遠いですが、やっぱりそれなりの力を発揮するようです。

ディオールスキンと同程度の値段ですが、結局はディオールの方が良いのではという議論も。

ディオールもなかなか良さげ。

5位 ハトムギ洗顔フォーム

市販でもよく見かける定番中の定番ですね。値段のコスパと、毎日継続して使うなら効率よく活用できる。

洗顔のしすぎはトラブルにもなるので、まずは選んでみてから。

過去からのテストを行った結果・・・ベストオブとして選ばれていました。泡立ち要素もいいとのこと。泡が多ければその分少ない量で済みますよね。

6位 キュレル 泡洗顔料

ハトムギの第二番手として注目されていましたね。ハトムギが合わなかったらこちらも良さそうです。

ただしハトムギよりはコストかかる。ポリマーあり。

7位 素肌しずく リッチ

リッチならリッチ並の役割を果たしてくれるのか。この考え方も大事ですよね。

オールインワンジェルとしてトップに輝いていました。夏場の雑誌にてテストされていましたね。

乾燥が際立ってくるであろう、12月や1月の季節に重宝します。もちろん冬以外の季節にも。

8位 メンソレータム メルティクリーム

花王や、DHCをおさえ堂々の1位をとっていました。無香料であり、匂いを気にしなくて良い。ざっくり使えるのも魅力たっぷりですね。

使用した感覚も鈍っておらず安定性もあるとのこと。成分も気にしなくていいので、オールフリーに対応。

9位 イルミナイザー

秋ごろに紹介されていたイルミナイザー。ざっとカフェでお茶する程度のコストで、プチプラとしてぴったりです。

使う前と後の使用感にも注目。

10位 シアーパウダーブラシ

100均のダイソー商品のも悪くありませんが、様々な種類に適応なのはシアーパウダーブラシが有力でした。

毛先がフラットなので色んな場面で使える。

11位 セザンヌ エアリーカールマスカラ

600円程度なのに、仕上がりも抜群に綺麗で、にじまず長く扱える。

7月のベストバイ商品として上位に飾られていました。シックなデザインで大人っぽい。

12位 アトリックスハンドクリーム

激戦区を勝ち抜いてからのアトリックス。べたつきのテストをした結果として表れています。

ハンドクリームはなるべく簡素で、今すぐに使えるものがいいですよね。

蓋を開くタイプよりチューブタイプを推されていました。この値段であればついで買いにも向いています。

13位 オールインワンシートマスク

まさにファーストビューティフルな使い心地。華麗なるマストコスメとして紹介されておりました。

63種類による成分が入っており、この時点で色々とかんがえてしまいますよね。Amazonでも文句のつけなし高評価。

14位 DHC サンカットQ10EXミルク

UVカット率について調査やテストをおこなった結果としてまとめられていました。汗にだって負けず、他にも何個かのポイントを含めて評価されています。

さすがのDHC。塗る場所や、時間帯、時期も関係してきそうですね。

16位 ファンデーション部門

カネボウの化粧品。

KOSEシリーズの化粧品。

もっともっと詳しい情報を知りたい方はファンデーションのランキング記事も一緒に読んでみてください。下記に詳しくまとめてあります。

>>ldk ファンデーションリキッドランキングベスト3を徹底調査!(保存版)

トリートメントの方も見逃せません!

17位 モイスト・ダイアン ヘアトリートメントマスク エクストラダメージリペア

チューブタイプのトリートメント。やはりきたか!と予測できるストーリアのメーカーですね。

髪の毛の栄養補給、水分などに影響する部分をお助け。手触りもいい、後はどんなドライヤーを選択するかで決まってきます。とりあえずダイソン ヘアドライヤー Dyson Supersonic HD01 ULF IIF アイアン/フューシャあたりは家電ランキングベストにも選ばれています。もはや圧勝。

18位 いち髪 プレミアムヘアパック 補修

イチゴみたいなカラーが凄くキュートなクラシエのメーカー。

ボサボサで芯のない髪の毛に変化を加えてあげる。容量もわりかしあるので、ロングヘアーの方におすすめです。めんどくさかったら週1程度でもいい緩さで扱えます。

19位 ハニーチェディープモイストリペア

はちみつのような色合いハニーチェです。こちらも「まとまりが鋭く、使いやすい」との評価がありました。

オイル系の洗い流さないタイプと併用するといいですね。

逆に辛口だったのは、エッセンシャル、セグレタ、ジュレームです。全部駄目とか質が悪いではなく、弱点が「ピンポイント」にあるとして語られていました。

20位 ザ・ボディショップ アトラスマウンテン

ボディークリーム。

パッケージがお洒落であること。一般受けしやすい匂いでもある。使っていて楽しめる。

しっとり香るローズの風合い。使いきったらリピートしてもいいし、違うのに切り替えてもいいですね。

天然成分も配合されており、デリケートな人にも安心です。Theおすすめのボディークリーム。

21位 マンダム バリアリペア シートマスクもっちり

シートマスクはお肌の集中させるのに向いています。時間のあるときにお風呂にゆっくり浸かりながら利用していくと良いでしょう。

マンダムのメーカーは顔に合わせやすいとして高さゆえの評価。ldkでもたまに紹介されています。

とこんな感じでまとめていきました。本当にいいもの選定しているldkには、感謝するしかないですね。洗い流さないトリートメントやマスクも好評ですよー。またの機会に紹介していきます。

特に年末近辺になるとド派手な企画もあるので、気になったアイテムがあれば是非探してみてください。

スポンサーリンク










お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です