ldk ファンデーションリキッドランキングベスト3を徹底調査!(保存版)

Ldkの2018年1月版の雑誌にはファンデーション&BB、CCクリームのそれぞれの種類の評価がガッツリとまとめられていました。

よくよく見てみると、「これは有能すぎる!」って物がいくつか発見されています。

そこで気になることは

・評価の高いファンデーションを知りたい

・人気のファンデーションはどれがおすすめか?

・商品の形や特徴を知りたい!

そんな方向けに詳しく紹介していきたいと思います。ランキング形式なので基本上から順に、より良い物だと考えてください。

何よりldk雑誌のすごい所は「専門家」や「美容編集部」で実際に試した結果がわかるということですね。リアルに近づける口コミは参考になりやすいかと思います。

ゆっちゃん
まずはおすすめ出来るファンデーションを、優先順位としまして紹介します。

1位 エスプリークスキンケア ファンデーション UV

評価🌟🌟🌟🌟🌟

コーセーメーカーのファンデーションとなっています。バランスのよさはオールラウンドとして相応しい。美容成分が加わっており、保湿の面で強みがあります。

それと同様に仕上がり具合もマッチしていて、とにかく万能。ldkの雑誌には堂々のA評価をいただいていました。

全体的なステータスが高いと見ていいでしょう。果たしてどのくらいの良さなのか。人それぞれなので実物を使ってみないとわからないかもしれません。

ゆっちゃん
KOSEは人気です。

2位 レブロンカラーステイメイクアップD

評価🌟🌟🌟🌟

レブロンメーカーが出しているファンデになっています。乾燥肌用として使えるみたいですが、それ以上に期待する部分があるようで、堂々の高い評価を得ているようです。

肌への密着に適応しており、使用後の使い心地もMAXだとかって話です。中でもカバー能力も良いそうなので、一度試してみるのも悪くなさそう。

ただし欠点として保温が残念とかって話なので、人によっては合わない可能性も。

パッケージのシンプルさがいいですね。コンパクトにしまえそう。

ゆっちゃん
パッケージは可愛らしいデザインです。

3位 コフレドール ヌーディカバー リクイドUV

評価🌟🌟🌟🌟🌟

こちらも評判の良し悪しを十分に噛み締めたカネボウの化粧品。カネボウっていったら日本最大手の企業ですよね。

知っている人が圧倒的。化粧品に特化したメーカーで様々な美容品を販売しています。

パッケージはかわいいというより美しさがありますね。まさに20代~にベストマッチするファンデーション。

初心者向けに開発されたのか定かですが、こちらも平均的なステータスが良い様子。

30mlの容量ですが、一度使い古してみてから、リピートするかどうかを見極めるべきですかね。どんだけ有能なのかも重要ですが、やっぱ入れ物でお洒落さって変わるものなんですかねー。

ゆっちゃん
20代~に人気があります。

  

もっと最新版のコスメを知りたい!!って方はこちらの記事でも詳しく解説してますのでご覧下さい。

>>【2018年】買ってよかった化粧品ランキング。最新のコスメが素晴らしすぎる件
  

初心者にもおすすめできる万能ファンデーション

資生堂 マキアージュ ドラマティックリキッドUV

UVタイプのリキッドファンデーション。安定の資生堂メーカーですね。

伸びもよい感じに使用でき、使った後の満足感も高めです。とにかくカバー主体に回れるのがアピールポイント。

アクアレーベル リフト保湿リキッド

こちらもまた資生堂のメーカー。

仕上がり、カバーの面では特に気に触ることなく利用可能。

容量は25グラムと一般的な部類ですね。キープ力に重視されていませんが、重たく魅せるならアクアレーベル。

若干癖がありつつデメリットを抑えている感じ。ラフに使用できます。

カネボウ メディアクリーム

よく聞くのがカネボウのメディアクリーム。伸びやすさ快適として知られています。

アルビオン スマートスキン

全部で四種類からなるアルビオンスマートスキン。

一般的に浸透されており、有名なコスメの1つとなっています。

ロレアル パリ インファリバルステイフレッシュ


仕上がりもしっくりきてて、軽い肌さわり。ロレアルが出しているブランドコスメ。カバー力は良好。ですが潤いに関してはなんとも言えない感覚。

そこを妥協案するか、他を求めるかどうかになりますね。

パッケージに関しても無難で持ち運びやすさも伺えます。

若い方には少し抵抗があるかもしれません。

このブランドは度々新作商品が出るので期待もしてしまいます。

エテュセ プレミアムアミノエッセンス


エテュセのプレミアムエッセンス。

容量は30ミリでしてガンガン使えることはありません。乾燥肌には厳しめですが、弄りすぎない程度にはなります。

保湿にはちょっと期待できなさそうですね。ですが、自然な仕上がりには向いています。

サナ エクセルミルキィフィット


ノビエアのサナエクセルメルキィフィット。量は30ミリ。塗ったときの感覚が最初と最後で変化してくるのが特徴。

ナチュラルでオールラウンドに使用できます。大人しそうな色合いが素敵です。

オバジc セラムファンデーション


キツさがなく、割かし安定した使い心地を表現。ビタミンC配合ということですが、影響の方が何処までくるのか気になりますよね。

べたべたしてしまいますが、付ける量によって変わってきそうです。
  

関連記事
>>ldk クレンジングランキング1位に輝いたコスメが素晴らしすぎる。
  
  

LDK ccクリーム 2018版

ついでにcc、bbクリームのファンデーションについても紹介していきます。

インテグレードミネラルベースbb


資生堂のインテグレードミネラルベース。容器は時期によって変わってきたりモデルチェンジもあるそう。

コストも低く、リピートしやすい値段が好評だったりします。

ベースとして使うなら、少し癖があり。しかし伸びる、イケてる。使い勝手は心地よいともいえます。

インテグレードのイメージは若い人向けとされていますが、上の年齢層の方にも全然いけちゃいます。

ヴィセ リシェ ヌーディフィット リキッド


限定セット。普通すぎる感覚で利用できる。

伸びの程度もしっかり、極自然体に見せることにも向いています。

夏や冬とで使い分けが必要になってしまいそうです。

秋や春といった季節にはどう対処するのか考えていく感じですね。

ファシオbbクリーム モイスト


コーセーコスメニテンスのファシオ。30グラム入り。

アイブロウペンシル、ハンドクリーム、マスカラなど様々な商品を展開するブランドメーカー。

仕上がりに関してはマイナス点ですが、カバーは彩る感覚がマスト。

使用後はベッタリするのが惜しいところ。大量に付けすぎると部が悪くなるかも。

ケイト ウォーターインオイルbb


特別癖になるようなクリームではないこと。年齢に関係なく利用できるので、比較的一般受けしやすい。

カネボウの化粧品なので、安心感がありますね。

ブラックのパッケージがとってもクールです。

フリープラスマイルド bb


嫌いではないデザインが神秘的。植物エキスが配合されています。

容量は他のクリームと同じく30グラム。

キュレル bbクリーム


ベストバイにランクインしている。グレードの高さが良い。

メイベリンニューヨークbb


見た目では計り知れないほどの優秀品。

色々な面でバランスがよく、垢抜けない感じが広く定着している。まさに女性の為のファンデーションですね。

パッケージは英語表示でお洒落にきまっている。

サナパテ職人 ccクリーム


CCクリームとして活躍するであろうパテ職人のクリーム。

特別悪すぎってことはありませんが、その人に合わせたタイプもある模様。普通に使う分には問題なし。値段的な部分では辛口採点。

今回の雑誌の見所とは?

2018年1月号に登場していた雑誌では

美容品、
洋服類、
家電製品、
生活用品、
収納やインテリア
料理
便利なグッズ等
お金の知識

が紹介されていましたね。

2018年1月号のメインコンテンツ。

・ファンデーションの評価をABCのランクにて判別

・定番の洗顔フォーム。マストアイテムについて

・オールインワンジェルがバッチリ使える話

・リップクリームの新製品紹介

・2017年版の最高コスメ

・崩れにくさ重視のベストプチプラコスメについて

一部略称していますが、美容系の内容もふんだんに盛り込んでありました。

使えるファンデーションをジャッジ!

ファンデーションの評価まとめでは、ファンデーション、BB、CCクリームをそろぞれA~C~Eにて評価してあります。

仕上がり、カバー、保湿等、どのように優れているのか🌟評価にて詳しく詳細が懸かれています。

具体的な基準値をきめてモニターさんと協力しながらファンデーションについて調査。

5号連続で付録されているのか、飽きがこなく「本当に使ってほしい」化粧品を強化されているのがなんとなく伝わってきます。

その数も33のアイテムを一つ一つ評価しているので、より細かく診断されています。

LDKの良いところは、駄目なものはダメとバッサリ切ってくれますし、女性に是非使ってほしい製品があれば、芯から芯までチェックし、わかりやすく紹介してくれるところですね。

おすすめ出来るんだけど、欠点もあるからちょっと考えてほしい‥ってものや

買ったほうかいいかの判断はまだ‥ってものもあったり‥

これは買っておけば正解です。って商品も正しく書いてあります。

低ランクのファンデーションもストレートにバッサリ。

さすがにEランクのファンデーションがあると、テンションが下がりますが、あることはあるんですね。

カバー力の無さだったり、ファンデーションとしての機能は著しい!?‥結果へとなっているため、正直誰が利用してもおすすめ出来ないファンデとも捉えていましたね。

肌の重要な面を何も隠せず、その上べたつきも目立つのであれば、他のファンデーションを選ぶのは当たり前ですもんね。

ワーストバイとして選ばれていましたが、テストした結果の表れでもあるはずです。

33種類あるものの、選択されているファンデーションの値段は4000円以下。3000円ぎりぎりの商品から、安いと2000円以下のものまで。

1000円程度のファンデーションでもAの評価もありましたが、大抵は3000円以上の「微妙に高いもの」が、ランクインされています。

現状高い物ほど品質に比例しているような感じがしますね。

まとめ

今回は人気のファンデーションをランキングに発表していきました。化粧品は一回使って終わりではなく定期的に必要です。

となればより良い商品を探す手段として、コストが最小限に抑えているアイテムですかね。

お気に入りのアイテムを見つけるのって意外と大変なのですが、使い心地の良き物がみつかればそれに越したことはないでしょう。

これを機会に色々探してみてはどうでしょうか。他にも大好評のコスメはこちらの記事でも詳しく解説しています。時間のある方はどうぞ。

スポンサーリンク










お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です