タイガーjpg-x100比較、特徴を優しく解説!「家電ブランド特集」

スポンサーリンク


タイガーの炊飯器ってご存じでしょうか。この製品jpg-100は2017年の9月時期に発売された商品となっています。

秋ごろに登場した炊飯ジャー。果たして特徴や効果は如何なものなのか?疑問に思う方向けとしてまとめていきます。

また、他の炊飯との比較も分かりやすく解説していきます。炊飯器選びのお役に立てればありがたいです。

jpg-100の主な特徴について。

タイガーのブランドメーカーとして位置するjpg-100について具体的に説明していきましょう。

この炊飯器は土鍋の圧力を最大限に利用したIH炊飯ジャーとなっています。

IHこそ今流行りの性能なので今に過ぎた話ではありませんが、お米を楽しく美味しく炊くには必要不可欠なものとなります。

また、

炭化ケイ素が加わっていること

土鍋を活かした四度焼き

項目が分かりやすくまとめてある二つの操作方法

といった良い点を含んでいます。何がいいのかもっと深く説明していきましょう。

炭化ケイ素

これは簡単にいうと、お米を暖めるための土鍋に付着されている素材になります。

炭化ケイ素が入っていることで、熱の伝わりが段々と良くなっていき、最終的には熱伝導が素早く行き渡ります。

お米の旨味を外に出さず、極力美味しさを封じ込める形になっています。ある程度は効果にムラが出てくるでしょうが、普段よりお米に艶とか、味が良い方向へと変われば使った甲斐がありますよね。

土鍋の四度焼き

土鍋っていったらお雑煮料理を徹底して作ったり、水を使った料理をイメージしますね。

そこで今回の土鍋を活用している理由として、お米を全体に
バランスよく仕上げる為に採用されています。

プレミアム土鍋ということで、より高ランクな上位鍋に匹敵するのでしょう。

お米が上質のうまさを引き出すとなれば、土鍋を使う手段はなくてはならない素材であるといえます。

そもそもお肉を焼いたり、野菜を炒めたりするのに便利とされていますよね。ついでに土鍋でお焦げを作ったりして違う食間に移す楽しみもあるわけです。

主なメニュー

エコ炊き、白米、早炊き、玄米、おこわといった、日常生活において特別不備な項目はありません。

王道でありつつ、多機能を目指したパターンがタイガーの特徴です。

夜お米の予約し忘れてしまった場合は早炊きが便利ですし、具合が悪いときはおかゆにしても良いですね。

値段相場はいくらくらい?

店舗よりかはネット通販が割かしお得な感じがします。ネットだと、9万円程度。

これも価格の変動がありますので事前にしっかりチェックする必要がありますね。しかし有名なバーミキュラ ライスポット ソリッドシルバー RP23A-SVと似たような物と考えると、実際悪い感じはしませんね。

他にも土鍋圧力IHジャー炊飯器(5.5合炊き)THE炊きたて JPX-102X-KSの型落ちよりかは全然新しい新製品でもあります。実はjpxは一つの型ではないんですね。

他の炊飯器との比較

・タイガーの「JPG」、「JPH」のシリーズはそれほど大差が無い。

・見た目やデザインは変化なし。

・機能性が若干違うくらい。

JPH-100では蒸らし機能と、表面の処理方法が異なる位で総合的にみると値段が安いか高いか位ですね。

JPG-x100は先程もいったように10万で余裕がある感じで、JPHは5万~が多いですかね。

ならJPHでいいじゃん!って結果にもなりますね。

スペック面でみると、年間の電気使用料、重さ、最大の電力消費量やらも、大差ないことがわかっています。

サイズも同じですし、一回に使われる容量も1.0リットルと家庭用で使うなら全く問題なしということ。

まさに、JPH-A100が買いであったりしますね。

評判や感想について。

一番分かりやすかった情報として

臭いがしなくていい感じ

土鍋としての機能を充実させている。

といった内容がありました。また価格も高い!といった話も見る限り出ていますね。9万の価値があるのかと言われると、実際に使ってみないとわからない点も出てくるでしょう。

しかし、デジタルっぼいデザインはかっこいい。四角いフォルムでもあります。

お金に余裕があるなら選択肢も視野に入れるべきだという結論に至りました。Amazonや楽天ショップでも売られているので、気になる方は是非参考に。

また、炊飯ジャーを購入するなら一緒にしゃもじホルダー(ポケット)があると大変便利です。というかこれがあるかないかだけで、快適でストレスなくご飯の出し入れが可能となります。 絶対にいるものなので忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です