石窯ドームとビストロどっちを買った方がいいのか?デメリット、メリットについて徹底的解説。

スポンサーリンク


石窯ドームとビストロの電子レンジ果たしてどっちのがいいのか。

家電選びで全くわからず、何をどうしていいのかわからない方の為に、詳しく徹底比較していきます。

ゆっちゃん
初めての方にも優しく解説していきます。

今すぐ知りたい方はこちらを参考にして下さい。

石窯ドームの特徴について、

石窯ドームといったら電気メーカーのTOSHIBAが目につくと思います。このレンジ機器ってすごいんですよ。

・手軽にご飯が作れる、

・手間がかからず調理時間の短縮。

・レシピがついているの簡単につくれる。

これよく見たことあるパターンだなと思うかもしれません。しかし石窯ドームの電子機器には熱処理が非常にはやく、使い勝手も強味とされています。

最大350度の温度調整が可能。パンも気ままに焼けますし、お菓子だって簡単できる。作る速度も素早い。

それだけでなく、解凍機能も備わっていて、いつまでもあたたかい状態を維持してくれます。電子レンジについてるセンサーがしっかりと働き、今現在の温度がどのような状態になっているのか察知してくれます。

レンジの中も広々しているので、ストレートにご飯類を温めたい!、おかずを元の美味しい状態で食べたい!って時にも重宝されます。

さらには天ぷらもカラッと揚げる調理方法もありますし、じゃあすぐにでもヘルシーな料理を試したいって場合にも即時対応。

ジャガイモを使った栄養満点さ溢れるものや、卵を使った料理にも向いています。

コストパフォーマンスに優れていることに否定はできません。時間短縮に沿った機能も持ち合わせています。

「早い」、「快適」、「見易い」といったいくつもの使いやすさがあるので、石窯ドームは色んなユーザーから人気となっています。

ゆっちゃん
機能、クオリティー共に高性能です。

石窯ドームのメリット

・旧モデルはレトロっぽいので和風なインテリアにまとまる。和室にもいい。

新モデルであるほど、動きがある。パワフルである 。 

・ボタンの位置が丁度手にしっくりくる場所に配置されている。

・簡単指操作。

もはやパン専用の「ルーティン」が定着している石窯ドームですが、使い心地は問題なし。

サイズ感も程よく、フラットに使えるのがメリットだといえます。

石窯ドームのデメリット

音がうるさい。捉えた意見で多かったのが、「静かに使えればいいのに」って話。

周囲が気にならなれば良いのですが、家族で共有していたり、壁のうすいアパートでは影響が出るかもしれません。

ただ、思っているほどうるさくないって情報もあります。なので極端に気にする必要はないでしょう。

ゆっちゃん
音は気にするほどでもない、

ビストロの特徴について。

ビストロはパナソニックのメーカーに属しています。

定番のパナソニックに高機能なイメージが入っていますよね。ここ最近のモデルはノートpcのようにハイクオリティーのデザインが中心です。その分値段の方はビックリすると思います。

主に使える機能は焼いたり、煮たりとこちらも幅広い調理方法に繋がっています。

まるでロボットに任せっきりな半自動機能みたいな感覚。 流石に半自動は言い過ぎですが、調理の多用さが画期的。

選択肢が広いので、同じ料理に飽きちゃった場合、たまには気分を変えたい!って時にビストロのレンジ機器は相性が良いです。

オーブンもあるし、スチームにより、水分量を含んだ料理にも適している。

またグリルをつかって魚料理にも当たり前のように挑戦できる。

邪道っていえばその通りなのですが、ユーザーによっては多彩な調理がありすぎて、使いこなすのも大変って情報もあります。

まあいい意味で万能なのは間違いありません。ボタンも見易い、標準以上の快適さをみせてくれます。

補足
ビストロなら、マカロンも作れます。お洒落な料理を楽しみたい人にも最適です。

ビストロの評判や口コミ

ビストロについて色々調べてみると

・満足度の高さがいい

・多機能、更には数多くのレシピに対応。そして使いやすい。

・温度の温まりが早い。

・卵料理にも適している。

中でもいいと感じるのは「卵を使った料理」に相性が良いこと。たまごといったら毎日の食卓で使われますし、各ご家庭でも卵を全く使わない日の方が少ないんじゃないでしょうか。

そんな形で考えるとビストロの電子レンジは必要不可欠であると言えますね。

そして「すぐに一定の温度」に上がる。これも大事な要素です。なるべく一回の料理に時間を取らないのは現代社会当たり前ですよね。時短という言葉が注目されてから、尚更記憶に残るものとなっています。

ゆっちゃん
ビストロはオールラウンドに扱えます。

ビストロのデメリットとは?

・機能が多すぎるため、使いこなすのに時間がかかる。

・1万程度の質素な電子レンジで満足な方には値段が割高にみえてしまう。

機能がありすぎてごっちゃになってしまう方もいるようです。複雑でなくても、一部の操作さえ出来れば十分って方には無駄な家電かもしれませんね。

また音に関しては煩いとは言えませんが、静音ではないようです。

ちなみにコストの安さで決めるなら迷わずアイリスオーヤマ 単機能レンジが最強です。

ゆっちゃん
値段は若干高めです。

結局のところ、どっちがおすすめ?

格付けをするなら

・ビストロは得意料理が多くオールラウンドな機能に働いてくれる。

・TOSHIBAの石窯ドームは高い温度に着目しているので、高い温度設定に用いたパンに有効です。パンをとことん作りたい人、ある意味職人向けといいますが、マニアックでもありますね。

根本的にシンプルな料理をしたいならどちらを選んでも大差はありません。最も注目するなら、値段だと思います。

ビストロは9万~10万近辺。石窯ドームも10万程度で売られています。 って考えると値段はどちらもほほ同程度ってところでしょうか。

また、石窯ドームは古いバージョンを探していくと3万~の商品も見つかります。

中古を選べばコストダウンでお得に感じそうですが、家電は基本新品に越したことはありません。中古よりは新品が鉄則ですね。

もっと具体的にいうなら、ビストロってオールフリーだから年齢層に関係なく使えるって事。

石窯よりも癖がなく、単調ではあります。動画とかみると、ビストロの愛用者も結構いるようです。

評価で例えるならビストロが無難でしょう。 パンへのこだわりが強い人はTOSHIBAを試してみてもいい。

安定的、初心者にも使いやすいといったら、どう考えても「ビストロ」が圧勝だと言えます。

家電は高い買い物。なるべく失敗しないために、商品選びはくまなくチェックするべきだと思います。

Amazonや楽天でのレビューがめちゃくちゃ参考になるので、悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク










お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です