ポーター(porter)トートバッグの評判や口コミ。品質の方はどうなのか?

吉田かばんとしてお馴染みのトートバッグ。ポーターのブランドバックは数知れず人気になっている商品となっています。しかし実際の所ユーザーの評判、評価の方はどの程度良いのか。

・ポーターのトートバッグは買いなのか?

・品質、種類についてはどうなのか?

・どんな人に合わせやすいのか

その疑問を解決するべく今回はポーターのトートバックについてまとめていきます。

ポータートートバックの特徴とは?

黒色がモチーフのブランドトートバックとして人気を集めています。

ポーターといったら財布が一番に思い浮かぶかもしれませんが、トートバックの方もクオリティーが高い。中でもレザータイプとなれば作りも映えてきて、見た目の印象もグッと変わってきます。

老舗でありながら流行りに廃れないところも好印象です。

シンプルで世代問わず使えるところは不器用な人でも簡単に扱えます。年齢層については10代から30代40代へと、年齢が上に上がっても安定して利用できます。

トートバックの品質

ポーターのトートバックはいくつかの素材にて分かれています。例を挙げるならば

・ナイロン製

・ポリエステル

・レザー

など。もっと深く分けていくとわかりづらいのですが‥。

レザーは品質だけでなく見た目の鋭さもかっこよくきまります。

種類もいくつかありまして、

「タンカータイプ」はナイロン生地が使われていますが、置いた時の軽みと緩さから使い心地も良いとされています。収納するスペースが比較的確保されやすいジャンルとしても結構根強さがあります。

逆に「ヒートタイプ」の物だと男性向けというか男らしさが満載で勇敢なイメージが強いです。強度もあり、柔軟で誰でもスムーズに扱えます。

どっちが駄目とかありませんが、使う場面や用途、利用するケースによって変化してくるでしょう。

その他コットン素材を用いたkeeper、高級感溢れるフリースタイルのタイプもあります。

評判、口コミについて

色々と調べてみると

・かっこいい

・新作情報が楽しみな位、常に人気が衰えない

・財布購入ついでにトートバックも一緒に買った

・丈夫なつくりで使いやすい

といった意見が見受けられました。また定番のトートバックだけでなく、何処かのブランドとコラボした形も気になるようです。

トートバックを使うべき理由

かっこよさといったら黒がクールにキマりますね。キャメル色で大人っぽくも出来そう。

ポーターと一言でいったらスタンダードブランドではありますが、何処と無く地味さも入っているのは否定できません。どこかワンポイントに大きめのロゴとか入っていれば目立ちます。

そしてポーターは割りと控え目なロゴをちらつかせています。その分シンプルでコンパクトな雰囲気を与えてくれます。

物を沢山収納したいって方は大きめサイズのトートバックを選ぶべきでしょう。

物をすぐに取り出したい、上からチャックなしで取り出したいって時にすぐ対応できるんですね。これもまたトートバックのメリットです。

トートバックに合わせたいコーデ例

・カーディガン+スキニーデニム+トートバック

・チノパン+コート+トートバック

・濃紺デニム+デザインTシャツ+トートバック

三つの例として紹介しましたが、コーデのパターンはもはや何十通りにも及ぶと思います。

基本トートバックに合わせる服装って何でもいいくらい似合います。逆に伏せるならダサいパターンは見当たらない。

しかし、片手が塞がれてしまう、両手の自由さを求めるなら肩掛けしないといけないので不便といえばその通りです。

ただリュックよりセットアップが楽なので、日々のお出掛けには便利ですね。単調でイージーな感覚がありますが、片手で持てる重量なら迷わずトートバック推しになります。

結論。こんな人におすすめ

・社会人のファーストバックとして

・ビジネスパーソンにも扱いやすい。

・大学生といった学生さんにも丁度いい。

・長く使えて、ポーターブランドが気になっている方。

ブランドとしての価値はかなり高い。それなりの価格でも自分がこれから何年も使っていきたいと考えているなら価格に見合うアイテムだといえます。

特にずば抜けたようなデザインはありませんが、カジュアル系ファッションを極めるなら是非知って欲しいブランドです。

全体的な割合で見ても悪い評判はないですね。お洒落アイテムの1つとして候補にするのもいいでしょう。コーデを引き立たせる物として活躍します。是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク










お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です