ティンバーランドのブーツ評判。履き心地はどうなのか?

スポンサーリンク


ティンバーランドというブーツがあります。通称イエローブーツってやつ。

このブーツといったら、アウトレットモールなどのお店に行けば種類豊富に置いてありますよね。

で、このブーツって評判的にはどうなのか?使い心地はどうなのか詳しく評価していきたいと思います。

ティンバーランドとは?

カジュアルブランドメーカーの1つになっています。

主に取り扱っている商品はブーツだけでなく、デッキシューズ、アウター、トップスなど靴以外にも洋服も手掛けています。

ティンバー独自の製法もありますし、中にはティンバーとコラボしている商品も売られています。

本社設立は1918年。かなり昔からあるんですが、元はティンバーランドという名前ではありません。普通の靴専門店だったようです。

そこからノウハウを身に付けて新しい技術を開発していく。

一時期は運営状況が右斜め下に傾いている経営難の時期があったそうで、今ではアパレル企業に買収され今に至っています。

こうしてみると色んな場面や歴史があったんですね。ブーツオンリーで販売していたと思えば、実際の所そんな緩い話では無いって訳ですね。

ブーツの特徴

登山シューズとして代用出来る。あるいは登山目的として扱えます。

またファッションでも大いに活躍していますね。若い人向けにリーズナブルでありながら、足元をギュッと引き締めコーデ全体を引き立たせるかんじもあります。

イエローとなる色合いがピンときますね。遠くからみればティンバーランドと分かるくらい目につきます。

芸能人でも愛用している方がいます。三代目JSBのメンバーだったり、exileのメンバーなど。

コーデの合わせ方

ティンバーランドのコーデ参考例。

Tシャツ+黒ジーパン+ティンバーランド

ジャケット+Tシャツ→ティンバーランド

ロングたけのコート+ジーンズ+ティンバーランド

などコーデの例をあげるならばいっぱいあります。合わせ方については、wearのコーデアプリがすごく参考になるので一度目を通して見るのもいいでしょう。

ティンバーは季節を間違えると逆に浮く可能性もあります。

くそ暑い夏場とかにブーツ履いていると蒸してきますし、Tシャツ短パンなのに、足はブーツ?暑くないって思われる事も。

ティンバー全体の評価

・女性でも合わせやすい

・コーデの色彩さえ気を付ければおしゃれに磨きが掛かる。

・子供っぽい、ガキっぽい

・レッドウイングと比較されやすい。

・ブーツが重たい→スポーツシューズよりは明らかな重量がある。

防水機能性も抜群とのことですが、ブーツとしての品質はかなり良い方だと思います。

登山限定よりも、現在はファッションのパターンとして確立されています。何より、色が鮮やかで目立ちます。目立ちたがりにはもってこいか。

例の1つとして高校生っぽいとか学生がこよなく愛しているブーツと称されていることです。

ティンバーといえば、価格もそれほど高いとはいえず、手に入れようものならすぐ買えるのも魅力的です。

またファッションとしての歴史は深く、ずいぶん前から知られています。Bストリート系とか、DJの音楽アーティーストが履いてるイメージも掴めます。

勿論街中を歩けば被りもあるでしょう。被った分だけ一般受けしやすいんだなと捉える人もいるでしょうし、逆に人と被るなんて言語道断。という方もいるはず。

長時間歩き飛ばしても疲れにくいブーツだったりします。

足底が固いので足回りをしっかり固定してくれる。ぐらつかないのが特徴だったりします。

ビジネスシューズとして相性は悪い。やはり若者が履いているイメージが濃いので、ある意味ではチャラくみえます。

ネット通販なら型番やモデルが豊富にあるので、チェックしてみるのも良いでしょう。

型番は6インチプレミアムブーツが基本です。これ履いている人が圧倒的に多いです。サイズ選びはいつも履いているシューズと同じくらいか+0.5センチ位が理想です。

他のブーツも調べたい方は関連記事へ▼
ドクターマーチン ブーツの評判。おすすめのホールはどれがベスト?

スポンサーリンク










お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です