パイオニアイヤホンの特徴、評判ってどうなの?って話。

スポンサーリンク


イヤホンといったらソニーとか有名なしからず、相応な数が存在しています。

そこで気になっているのがパイオニアのイヤホン。これについて評判やら評価ってどうなのか。使いやすいのか調べてみました。

パイオニアとは?

名前は度々聞くとして、本質的にどんなメーカーなのか気になりますよね。

パイオニアはイヤホンがメインかと思われガチですが、カーナビや車の補助製品、アンプとかそうですね。

他にも車載に乗っかるドライブレコーダー。これがあると万が一運転中にトラブルがあったとき履歴として残せるレコーダー。そんな物も作っている会社なんですね。

さらには、スマホの備品、データーを保存、管理するのに必要なUSBメモリなど。スピーカーもありますし、ヘッドフォンもある。もしやイヤホンよりヘッドフォンが本命なのかと疑ってしまう。

パイオニアは音楽関連の製品を作り出していると見て良いでしょう。まさに多種多彩ですね。

ここから生まれるギミックとやらはどうなってるんでしょう。売り上げの方も年々アップしており実績があるからこそ音質も期待できるメーカー。

主な特徴

ここ最近みたイヤホンの性能として、

・充電しながら音楽が聴ける。

・重低音

・高音質

・表現力の高さ、鋭さ

・コードの太さ加減

・コスパが良い

・1万越えてくると質の良いイヤホンが出てくる

何より気になったのは充電しながら操作が出来る点です。

元々充電を定期的にしないと間に合わないBluetoothイヤホンとか多いわけですが、電池持ちが悪くても常時充電出来ちゃう環境は欲しいですね。

古いパイオニア製品に対応しているかすら不明ですが、あれば嬉しい機能だと思います。

全体評価

パイオニアって聞くと本当スピーカーの印象が強い。しんみり来ます。

ですがイヤホンだって現役だと思います。ハイレゾとなれは品質も更に向上されルックスのかっこよさも完璧となっています。

別に振動とか、触れ幅とかどうだっていい。形状のダイナミックさというか、外観がオーバーでなくてもイヤホンとしての土台は既に最善へと向かっているはず。

4月頃に登場した新しいイヤホンはかなり評判もいいとかで、人気なのは本当のようですね。

まあイヤホンなんて音が良ければ後は何も求めない。とかデザインに固執していない方であればパイオニアは最高地点に立っているわけです。

パイオニアのイヤホンランキング

迷っている人、初心者に。型式も色々あります。

【1位 パイオニア SE-CH9T】

愛用しているプレイヤーが多い。ということは多くの人に使われている訳ですね。

【2位 パイオニア SE-CH5T イヤホン カナル型/ハイレゾ対応 】

コスパだったり価格の落ち着きがある所に優越さを感じます。とりあえずの初心者向け。

【3位 パイオニア SE-CL621】

マグネット式になっておりカナルタイプのイヤホン。年式が古いのがネックですが、いい意味でお手軽さが魅力ですね。

スポンサーリンク










お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です