【LINE】友達の数の平均はどのくらい?多いことのデメリットは如何に。

スポンサーリンク


どうも。ユーログです。かの有名なLINEですが、音楽とかバイトとか様々な各種サービスが出てきています。そこで今回気になる話は【LINEの友達平均数】は一体どのくらいなの?についての疑問をたどってみました。

2014年は平均10人未満

2011年6月にサービスを開始し、すでに世界3億ユーザーに到達したLINE。膨大なユーザーがいるからか、今では、出会って二言目には「LINEやってる?」の現実。みんなそんなにやってるのか。どう使っているのか。マイナビニュース会員500人への調査結果を複数回に分けてリポートしよう。初回は「LINEの友だち」をテーマにする。

まずは、LINEでの友達の人数について。調査結果では、10人未満が44.4%、10人以上20人未満が10.2%、20人以上30人未満が8.6%、と続いた。

引用元マイナビニュース

LINEの初のサービスが実際に始まったのは2011年だそうです。今じゃ当たり前に使われているLINEですが、2014年の時は平均10人未満が多かったようです。

2015年には平均60人以上?

~今や10~20代の女性たちにとって、欠かせないものとなったLINEやインスタグラムなどの「SNS」。フリュー株式会社(本社・東京)が運営する女子高生・女子大生の動向調査・研究機関『ガールズトレンド研究所』が、今年3~4月に「ライフスタイルに関する意識調査」を実施したところ(有効回答数288人)、女子高生・女子大生に友達の人数は「平均62.8人」だった。分布は、「11~20人(20.5%)」が最も多く、次いで「51~100人(14.2%)」と続く。調査では「友達の定義」を明確にしていないが、「201人以上」と回答した割合が10.8%を占めたことからも、SNSでのつながりが「友達」の定義に紐づいている可能性もある。

引用エコノミックニュース

年数が上がるにつれてLINEの使い方は大きく変わっていると思います。

この時点で平均は63人ほど。

ようするに各家庭一台持っていたとして(学生さんが)ネット内に63人の友達がいると判断していいでしょう。しかしリアルな友達も含まれると考えると、この63人という数字は正確なのかわからない部分もあります。

だとしても普通に考えて多いよなーって印象です。

この背景として、ゲームアプリの普及が貢献していると思います。モンストとかパズドラの掲示板で仲間を集めるのにどうしてもLINEを追加しなくてはならない。事実上の友達という感覚ではなく、ただゲームで使うのにメンバーが追加されていた方が効率いいし、チャットで会話するのにも使われるので、友達を増やすだけの目的ではなくなったことが正しいですね。

LINEを通してゲームを有利にすすめる為だったり、協力してゲームをクリアするには必要だということでしょう。

今後も増える見込み!?

2020年になれば更に友達の平均人数が増えるのではないかと思います。

というかそれが当たり前になり、いつしか友達の管理方法も変わりそうな気がします。

別にダメではないんでしょうが、LINEの追加人数が多いことで、リアルとの差がより広がりそう。また、ひとつの例ですが恋人感での価値観が変わってくることと思います。

恋人の面でいうなら‥何故こんなに友達がいるのか誤解を招く恐れがあります。それが原因で別れに繋がったらさぞ意味不明ですよね。相手からすれば「なんでこれくらいで‥ってなります。」

理解ある方ならいいんですが、中には嫌な人だっているでしょう。

とはいえ、LINEのトークはメールよりも使い勝手がよくて発してからの速度がものすごく速いです。便利なのは間違いないですね。

またLINEの友達数が多くても、リアルとネットでしっかり使い分けているよ!って人もいるはずなので、やっぱり使い方次第なのかな~って思います。

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です