【Apple pay】設定、操作がわからない。複雑すぎるというユーザーの声まとめ

スポンサーリンク


Apple payが発行され、この世の中には便利なものが普及されつつあるんだなと思うが、その反面Apple payの使い方、操作や設定がよくわからないという方も多いようです。

ユーザの声。

状況がよくわからないという人のは多いみたいです。大概は、名前本体の意味合いというより、互換性に関して、どれとどれが対応しているのかとか、どれを使えば繋がるのかとか、説明、マニュアルがしっかりしていないからこうなってしまうのではと感じます。


電車やバスなどの公共機関での利用でどの列車が対応しているのか把握しずらいとの意見があるみたいです。
全てが共通なのか、一部のバスとか列車だけなのかとか。


iPhoneひとつあればなんでも支払いが出来るという観点ですが、クレジットカードも似たような感じですよね。


iPhoneSEの端末で使い方がわからないという人もいるようです。形もコンパクトで、片手で持ちやすいSEですので、なんとしてでも、上手に使いこないしたいはずです。


お財布ケータイとの違いは確かにわかりづらいと思います。何より電子マネーと一卓で攻められても説明しようがないですもんね。


Apple pay登録後の操作に少し難があるみたいです。


Apple payの問題点として使った金額が表示されないところでしょうね。画面内には反応しているんでしょうが、即座に数値化してくれるという訳ではなさそう。


こちらもチャージのやり方ですね。調べないと理解できない内容なのは、お年寄りには触りづらくなります。


Apple payといえどもクレジットに使うのか電車等でsuicaとして機能させたいのか。流行りに乗っかるというのは大変なようです。


クレジットカードの支払い設定もわかりづらいみたいです。


Apple payをコンビニでチャージする方法も癖があるようです。


これが一番問題だと思います。そもそもApple pay単体ですべてが支払い出来るようになればわかりづらくなくなると思うんですよね。くもの糸のように張り巡らせるような形になると複雑になってしまうのかも。


Apple payからイオンクレジットの関連もわかりづらいですよね。

Apple payについて。

Apple payはあると時間の短縮になるのは本当のようですね。

ネットショッピング内でのお買い物はすぐ決済できるし、タクシーの乗り物でも支払いが可能。

まあ簡単にいえば、決済の方式が変わったので、お店の店頭でバーコードを読み込むことを必要としなくなる、(一部ですが)とか変化がございます。

ややこしいのはお財布ケータイと似て異なるということ。

Apple payはまだまだ対応しているサービスが多くないので更に複雑になる可能性もありますね。

ですが、今までお財布に入っていたカードが少なくて済むことも想定できますので、持ち運びが楽なりそうですね。

最後に。

今回はApple payについて書いてきました。わかりづらい箇所が多いですが、とにかく調べるしかないですね。

関連記事
uver2468.hatenablog.com
uver2468.hatenablog.com
uver2468.hatenablog.com

読者募集中!

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です