【上司】何故嫌なやつが多いの?理由と、今後のつきあい方について

スポンサーリンク


仕事をしていれば必ずぶつかる壁があります。それが人間関係。

この人間関係の基準というのはまちまちで、一つのフィナーレとして区切れる程世の中は甘くありません。

上司に嫌な人が多い未解

何故会社には嫌な上司がいるのでしょうか。

よく聞く典型的な話だと、どの会社にも必ず合わない人間はいるよ。だから何処に行っても人間関係というものは切っても切れないもので、その大きな囲いでどうやって上手に乗り越えていくかが大事になってくるよと。

まあ確かに事実上嘘ではないですが、生理的に無理な上司ってそう、少なくないですよね。

僕も過去似たような経験がありましたが、非常に理不尽な仕事を押し付けてきたり、人を安っぽく、手伝わせたり、相手の指をさして馬鹿にするなど、

これが上司というものなのか。

そんな幼稚な考え方で恥ずかしくないのかと、嫌がらせを受けている人も少なくないはず。

嫌な上司が今日は休みだった、なんてことがある時はふと心にキズを癒す時間が確保できるのですが、あっという間に時は過ぎるんです。

自分が大好きだから。

真面目な人ほど損をする法則。

逆に適当人間で、態度も悪いのに仕事をやってるフリ、周りに見られていないところで休憩とか、

自由極まりない人が上に立つ世の中です。

実際にそんな人が管理職というメダルを与えられていたりするんですよ。

可笑しいですよね。学歴社会が通らないのと似たようで、仕事に執着していない人が収入が多いとかね。

結局は給料に関係なく嫌な上司がいるのは結局、自分中心だから。

とある人には頭を下げて、媚びることを前提に、仲間を気遣う場面をあえて見せつける。

それは計算上、頭の中に入っている。

とにかく出世をしたいから他人全てのことはどうでもよくて、自分さえよければいい。

友達を作るために会社にきたわけではないのが本望ですが、やはり出世をしたいから。

男性は獣道を歩くように同じ仕事場にいる人をライバル視する特徴があると思うんです。

仕事が出来る男=偉いみたいな風潮もいまだあります。こうゆう人が減らない限り仲良く共存していくことは不可能ではないでしょうか。

仲良く付き合っていく方法は?

何処の会社へいっても嫌いな上司はいるものです。

仮に上手くやっている方がいれば、奇跡的なもので、次の転職先ではどうなるかなんて、予測がつきません。

ハローワークで常に募集をかけている会社は上司がキツい可能性が十分にあります。それか違う意味でのキツいとか。

解決方法として、どうしても合わないなら速攻で辞めるしかないでしょう。

それか、部署移動願いを出してもらうとか。

あるいは自分が上司より仕事が出来るようになって先を越すしかないですね。

どちらにしろ、関わらないというのは仕事が成り立っている以上どうしようもないので、退散するか、逃げ道を作っておくなど、糸口はいくらかあると思います。

僕の場合はなんとか上手にやっていこうと試んだことがありましたが、結果、合わない人は何をしても無駄だったということ。

直ぐ様転職を決意しましたが‥現在の心境として、職種を変えて良かったなと思います。

皆さんも嫌いな上司がいるのなら、心にしまいこまないで、そっと、下がることを覚えましょう。

ストレスになって病気になってからでは遅いですから。

その会社の給料も待遇も悪くて、上司も最悪なら、働く必要ってないですよね。

仕事に対しての賃金をあなたが頂くんですから、上司の気分の為に仕事をするって割りに合わないと思います。

快適な環境で仕事をした方が遣り甲斐もありますし、常に生き生きした状態で作業できますよね。

自分を変える必要はありません。むしろこちらから、とにかく下がる。上司に合わせる努力はかえって疲れますので。

最後に。

今回は嫌な上司について書いていきました。顔もみるのが嫌なくらいならさっさと転職をしましょう。おわり。

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です