こんな上司は嫌だ。理不尽でトラウマ寸前だった6つの体験談

スポンサーリンク


f:id:uver2468:20160219214952p:plain
どうもです。皆さんも仕事をしていて必ず「不満に思うこと」ってあると思うんだ。普段どんな仕事をしていますか。

仕事をしているとあーまた残業かよ。まだ仕事終わらないのか。家に帰ってビールでも一杯やりたいわなんて思うことがあるよね。自分タダ働きしてるつもり無いのに残業手当てが付かないとか悲しすぎて非現実になりそう。頭がくらっ~ッとしたら最後。倒れる。

で今回僕が今までに経験した

「上司からされてイラッときたこと」

を挙げていこうと思う。今までのうっぷんをはらせてやるぜ。なんて思ってないけどね。

1、すぐ「他人」のせいにする

まあまあ。落ち着いて。そんなこと誰しもが経験しているでしょうよ。いや、俺はそんなことされたら黙っちゃいられないですよ。だってさ、自分が悪いことをした訳でもない。上司が自分で「ミス」をしたんですよ。別にかばうつもりも無いよ?ミスを擦り付けるつもりもないし、遠くから俺は見ていただけ。

それを新人イビりをするかのように「こいつがやりました。まだ新入りだし、経験浅いし仕事のミスがまだ多いし、こいつが原因でミスしました。」はあっ!!って感じだよ。疾風の如くかよ。龍が如くでもps2家にあるんだから貸してやるよ。あーそうですか。新人だからっていじめて楽しいか。上司だって会社入って数年だろ。数年先に入ったからって調子に乗るなよ。いいか。

俺は今後ビックスターになるからな。サインでもして貰わないと後で後悔するからな。数年後には俺が箸の先から抜いていくっからな。覚えておけよ。って僕の妄想の如く思ったことを言ってみたんだ。どんなことするにもそうだけどさ、他人のせいにすることがどんなに「イラッと」するのかわかるのかい?カラスにでも聞いてみろよ。遠くから普段監視しているカラスは君みたいな器の小さい上司より立派に生きているから。

カラス以下の人間になりたくないならつばを呑み込む癖すら直してほしいですな。とまあこんなに憎悪になる程嫌なことがあったんだ。これはまだ1つの体験であって、これで終了ではない。

2、ドヤ顔で指図する上司

僕が経験しているのは上記のようなことだけではない。だからこうしてせっせとブログを書いているけど同じような経験をした方にも共感して貰いたいから書いている。
以前の会社に入社していた時の内容だ。まだ入って2ヶ月程経ってからなんだが、違う部署から僕の部署に移ってきた上司がいた。しょっぱなからから「お前仕事出来なさそうだな。」この一言だ。

キターコレー。くると思ったよ。予想していたけどショックだったよ。まあ仕事は出来ないのは僕自信理解しているわけで、かといってこんな絡みづらそうな上司からフェードアウトする訳にはいかんし、そんなマイナスなこと言われるとスゲーさ、アウェイな感じだ。

こんな人と毎回一緒にいたら頭が痛くなりそうだわ。実際そうだった。部署に来てからというものの、僕にあれやれコレやれ指図してくる。しかもさ、何が言いたいかっていうと「超絶ドヤ顔」なんだよね。上から見下しているような感じ。目がくっきりで何かを伝えたいのか知らんけど超ガン見してくるからね。僕のこと好きなの?ゲイなの?いや、違うな。男同士の結婚はありえないし、見た目と態度を微妙に感じ取っても怒り体制で喋ってるようにしか見えない。こんな上司って上司なのかよ。部下はこんな人を上司とは思いません。

下の人間を成長させて、褒めて、適切に教えてあげて、時にはアメと鞭のようなことをしてもいいけどさ、ドヤ顔で指図するって人間して駄目だろう。犬だってそんなことしないぜ。猫ときたらもう癒しった癒しでいつも夜一緒に寝てるからね。
とにかくドヤ顔で指図する上司は挑発的でしかないと思った。

3、挨拶してこない上司

新人だから朝早く家出るようにして、朝早くご飯食べて準備して出社するようにしているんだ。標準が8時からだったら7時30には着くようにしている。会社始まる間際になると上司がお出迎えだー。「おはようございます!!」って挨拶しているのにさ、聞こえているはずなのに身体の角度70度位にしてさ僕のことを知らないかのように「シカト」するんだよ。

これって人としてどうなのか。上司ありきだからこそ、当たり前のことが出来ていないなんて可笑しいと思わないのか。自分は偉いとでも思っているのか?偉いのは社長だけだよ。誰もあなたみたいな常識はずれの人間なんて興味ないのだよ。

芸能人なら日記書いたら誰にでも読んで貰えるけど、一般人が日記どころかTwitterのつぶやきなんて見てもらえんのよ。挨拶は誰にでもするのは当たり前の如くで、小学生なんて最近の親しつけいいからシッカリ出来るよ。無論恥ずかしいのに小学校からやり直してきなさいと言いたくなる。

4、大変な仕事を渡して上司は簡単な仕事をする

コレアウトじゃないっすか。DQNですか。ドラゴンクエストですか。給料は明らかに上司の方が貰っているはずだ。だから転職しようと思わないんでしょ。そうでしょ。転職したらまた一からしたっぱとしてやり直す必要があるし、今までに培ってきた権力が失われちまうもんな。一回ダーマ神殿行って転職してきてくれよ。

ブログで金儲けしようとしてる奴等をどうにかしてくれよ。僕もいつか広告を貼るよ。(おい、まじか。)
複雑で明らかに上司にしか出来ない仕事を部下に回す。そして新人の僕はミスる。

上の人間に呼び出され始末書を書かされる。僕のせいであるけど、絶望的で絶対無理であろう仕事を渡してくる。かという上司は定時出社定時退社という馬鹿正直な働き方に僕は呆れて何も言えなくなって行ってしまった。

使えねえ新人だなと言う前に根本的な作業段取りも間違っているし、こんな上司とこの先仕事をする位ならグアムで1週間位自分探しの旅でもしたいわ。病みき到来だよ。風来のシレンって感じ。99階までたどり着く前にオワコン

5、仕事を教えない上司

たまにいると思うのが仕事を全然どころか全く教えてくれない上司。何それ珍風景だよ。すき家の牛丼にハマって汁から飲み干してる俺を教えてくれないだと…。仕事を教えて自分が仕事で抜かされるのか嫌なのか。プライド持ちなのか。声が小さくて吃り持ちだからあえて教えないのか。教えること自体が下手くそなのか。

多分僕を「ライバル」として見ているんだと思う。数年後には抜かされる危険がある。こいつに仕事を覚えてもらっちゃ困る。せめてマニュアル書とか、頂けないかな…?君に教えてもらわずに本に教えて貰うから。あ、それか上司を代えて貰えないかな。こんな上司と仕事していたら百年の恋も冷めるって程に冷めるわ。

結果的に重要な内容である仕事を教えて貰えないまま研修が終わったこともあるよ。
イラッときたから美味しい食べ物沢山食べてストレス解消するしかなくなるという負のデモンストレーション。

6、休日なのに上司から電話「俺を何処かに連れていけ。」

せっかく貴重な休みが取れて普段仕事で憂鬱で、何か癒されることないかなって考えてる時に電話がなった。画面みたらさ、「上司」からだった。おい!お前休日暇だろ!ちょっと俺を何処かに連れていけ!

あああ!!マジかよ!なんで休日なのに電話してくるの。休みで僕のプライベートを潰すとかなんてブラック上司だよ。着信拒否したら次の日叱られるし、説教喰らうし。普通こんなことする人いるの?てか車あるでしょ。自分の足で行くもんでしょ。

部下を奴隷扱いですか。そうですか。
上司には恋人がいないのだろうか。友達が全くいないのだろうか。だとしたら僕の考えてることは正解だ。誘ってくる理由がわかるが、俺は保護者でもなんでもない。赤の他人だ。そんな他人に俺を何処かに連れていけとか死亡フラグ。仕事の休みが全くないとか過労で倒れちゃうよ。

寂しいからってわざわざ新人の僕を誘わないで1人マックでも1人焼肉でも行ってくれ。それだけで僕の疲れは心癒されるのだ。休みにまで上司に会うとか気が休まらない。気が気でない。まあこんな珍しい人もいないだろうから一応経験になったのかな。

最後のまとめ

今までに出会ってきた最悪な上司について語ってみた。みんなも上司から似たような理不尽でかつ何も言えないことがあると思う。でもこれは経験になるのかわからないが人生を明るく生きる第一歩にしてこれを気にこれからも僕みたいなことにならない為にも仕事を頑張って良い上司に巡り会うようにしてもらいたい所存である。

こんな記事を見て胸くそに気分悪いわとか思われたら申し訳ないが、とにかく良い上司と会うのは「運」でもあるかな。話のコンセプトが違っていたり、予想と違って絡みづらかったり、話が噛み合わなかったり。

まあ働いていれば色んな人がいるもんさ。この記事を見て共感してもらえたらブックマーク、あるいは読者登録して貰えると嬉しいです!

以上!おわり!

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です