無能ボイスとは?作り方 やり方について詳しい詳細を説明していきます

無能ボイスとは?作り方 やり方について詳しい詳細を説明していきます

無能ボイスというのを聞いたことがあるでしょうか?世間一般的にはまだまだ認知されていない部分もありますし、動画を作ったことがないとか音声アプリを利用したことがないって人にはなかなか聞きなれない言葉だといえます。要は無能ボイスというのが、作られた音声になります。人間に近いような音声を自ら作り出してくれるツールだと思えば良いでしょう。

この記事にて無能ボイスとはどのような仕組みになっているのか、または作り方とかやり方の最短方法について、全然わからないをより理解していくための方法として誰でもわかるように詳細を流していきたいと思っています。

ついでにいっておきますが、無能ボイスというのは音声ツールです。音声を合成しているものとかがあります。商用利用できるものと、できないのもありますし、無料のやつもありますが、お金がかかってしまうものもあります

この記事での内容は以下の通りです。

無能ボイスとは?

無能ボイスの特徴について

ReadSpeakerとは何か?

音声入力ツールとして操作性がとてもよい

無能ボイスのやり方作り方について

棒読みちゃんについて

保存していく方法について

設定していく方法について

無料にて使うことができるのか?

voicetext 無能ボイスについて

からすま 無能ボイスについて

ジェネレータについて

モヤモヤさまぁず モヤさま無能ボイスについて

タカハシ無能ボイスについて

ショウ君無能ボイスについて

無能ボイスのメリットについては?

無能ボイスのデメリットについて

スマホでも作ることができるのか?

無能ボイスにてゆっくり実況はできるのか?

無能ボイスに対応しているアプリって何がある?

無能ボイスとは?作り方 やり方について詳しい詳細を説明していきますのまとめ。

 

 

無能ボイスとは?作り方 やり方について詳しい詳細を説明していきます

無能ボイスについて初心者の方とか新規参入していく方であればはじめて聞くような言葉だといえますね。

 

無能ボイスとは?

無能ボイスでは音声として作っていくツールになります。

Alとかもそうですが、声に対してのものになります。機械のような音も昔はありましたが、最近ではより進化しているツールばかりになります。人間の声なんて日常茶飯事なレベルにて余裕です

おもに電話とか、ナレーション、アプリとしても活用できますし、お話を作っていったり定型文としてマニュアル化していくこともできるようになっています。まさに新しい時代の画期的なツールでもあります。

普通なら生の声として聞きたい人もいるでしょうが、別の声を音声として作るのは必要としている人もいるからです。ゲームとかマンガ、アニメ、おもちゃの宣伝とかいろんな場面を通して使われていきます。なので需要からしたらめちゃくちゃ大きいわけです。

そのツールとして代表的なものとしてはReadSpeakerというものが存在しています。

そのほかにもエーアイトーク、voicevoxボイスソムリエ、Googleクラウド、n2、

 

 

一体どんなツールになっているのか詳しく説明していきましょう

無能ボイスの特徴について

いろいろな誰かににているような声とか、音声合成しているようなソフトウェア、あるいは音声合成を活用することにより、その人の声特徴の通りに似せて音を出していく。

要するには人間の声により近いような精度にして作成されていきます

マインクラフトのゲームとか、ゆっくり実況とか、唐澤さんの声、YouTuberでの動画とか様々な種類のところで量産されています。

そのほかには文章から声として変換していくボイスチェンジャーとか、自動で読み上げていくものもあったりします。ようは音声を自動にて作り出していくこととか、別の人の声とて出していくことなどが無能ボイスにより近いです

一番ヒットしやすい、または流行りに乗っかりやすいソフトとしては、Readspeakerのソフトが結構有名になります

 

ReadSpeakerとは何か?

Readspeakerというのは一体どういったものなの?知る人ぞしる、音声入力ソフトになります

おおよそ1700社くらいの企業にて導入もされているすごいソフトになります。

例えばでいうなら

NTTの会社

朝日新聞

HONDAの会社

京都大学

スポッティー

バンダイ、

マイクロソフト

電通、JR、SHARP、KDDI、

など挙げるとするならきりがないくらいですね。

主に声として認識していき喜びとか悲しみ女の子と男の子などいろんな人になりきって音声を発していきます

最新バージョンによる音声合成の技術によって日常生活においても当たり前の音声とか、なかなか作れないような音声など自由自在になっています。ボイスといっても自作にてオリジナルボイスとしても作れるそうです

使用する用途がいくつかの分野にて分かれています

ネットでのサービスとか電話とか、ナレーション用など

複数のジャンルにて提供できるということ。

また、音声についてはお試しとしてデモによる機能もついています。

日本語から英語、韓国語といった殆どの種類の言葉にも対応していること

また、音声については音量も調整できますし、よりはききはきさせたいのであればもう少し声の大きさを高くしていったり、あるいは低くすることも可能です

音声入力ツールとして操作性がとてもよい

一つ目からいうなら、より自然な声を出すことができます。自然というのは違和感のない不思議っぽくもない、本人の声みたいな感覚です

その場にいても、特に問題ないくらいの音声として実現をしているようです。

また、音声を作るのがとても簡単ですので知識がそこまでない人にも安心して利用できるとのこと

次には動きが早いこと

レスポンスが速いので遅くなく適度な早さにて処理してくれます

操作が早いってことはそれだけ何回も作ることができるので限られている時間しかとれない人にも最適です

三つ目としては外国語も対応していること、日本語だけではなくスペインとか韓国語、中国、イタリアといった言語も使えるのでジャンルとしては常に幅広いです。これならビジネスとしても活用できますね

四つ目はクオリティーの高さです。やはり多くの企業が利用しているので、それだけ実績も物凄いことになります。

なので迷っているならReadspeakerを使っておけばよいのかなというレベルと感じます

その代わりですがReadspeakerの音声合成ツールは個人向けではありません。なので個人にて利用しようと思っていたら、使えなかったということがあるようですので、あくまでもこんなツールがあるんだよ程度に覚えておいてください。

 

無能ボイスのやり方作り方について

無能ボイスのやり方とか、作り方としてさくっとやるのであれば、Readspeakerではなかなか厳しいです。その理由もあとでせつめいしていきたいのですが、ひとりで楽しむ目的で使うのでしたら、音声合成入力ソフトのツールを使いましょう

候補としては

ゆかりねっと

Google Chrome

Softalk

ゆくも!

など

とりあえず実況とかやりたいひとはゆかりねっとを使用しておけば良いでしょう

音声合成ソフトといっても中には歌とか商用利用がフリーになっているところ、逆にフリーじゃないところもあるんですね。またお金がかかったりする有料バージョンもありますし、無料にて使用するのができる場所もありす。

何よりも多くの人が望むのは自然体にて音声が出せることだと思っています

 

 

棒読みちゃんについて

音声合成ソフトとしてもあるのが、棒読みちゃんというツール

主な機能特徴としては、日本語の文章を認識していき音声として読むツールとなっています

漢字とかひらがなとか変換して対応している。

また、フリーにて使えることなので、無料で使えるのが大きいですね

また、読み上げていくような流れ、音声の種類としては8種類があるので、その中から選択することができる

辞書による機能も存在している

ライブ配信としても活用できるし、ツイッターとか、2ちゃんねる用としても、活用可能。

ちなみにダウンロード方法はb版として使えるようになっています。

スマホからの使い方はダウンロードすれば使えるようになっていきます、。iPhoneやAndroidにも対応している

 

保存していく方法について

保存方法としては主に音声合成入力ツールはアプリをダウンロードしていく、あるいはソフトをダウンロードすることで利用することが可能です

 

 

設定していく方法について

設定していくには音声合成ツールの指示に従って進めていけば問題はありません

文字やテキストをコピーしてから音声に変換していくこととか、音声入力から行っていくものもあります

 

無能ボイスの権利、著作権については?

無能ボイスの権利的な部分ですが、中には著作権の関係で、個人利用が不可能なものも存在しています

これに関してはかなり慎重にしていかないと著作権にてあとで揉めたりトラブルになる可能性もあります。なのではじめての方とか初心者の方であれば、かなりじっくり調べていく必要もあります。

ついでにいっておきますが、ゆっくり実況関連にて有名な音声入力ソフトなんかはライセンスが必要になりお金がかかるものもあります。

特に商用利用をするとなれば料金がとられてしまいます

ボイスロイドとかになれば、ライセンス料金をとられてしまう確率が高いです。

なので音声入力ツールを利用するからには、それなりにリスクも伴う可能性があることを認識しておきましょう

仮に商売にて使うのでしたら、かなり慎重にて動く必要があります。

あとから知らなかったとかだと後々面倒になってしまいます

 

無料にて使うことができるのか?

Readspeakerは無料にて使うことはできません。また企業法人向けでもありますので、個人的なところで使えることいったらそうではなく、基本的に個人利用での音声ボイスツールは使うことができないでしょう。

なので他に無料にて使えるところを探していくのが手っ取り早いことでしょう

ってなれば、無料にて使うのでしたら定番は

ゆかりねっと

など。

 

ジェネレータについて

ジェネレータとしてならvoicetextが候補としてはあります

 

 

無能ボイスとは?作り方 やり方について詳しい詳細を説明していきますの詳しい説明

無能ボイスについて初心者向けとして紹介していきましたが、次はもう少し細かいところにてまとめていきます

 

voicetext 無能ボイスについて

高音質音声入力ソフトとして使うことができます

無料として使うことができますが、商用利用ができないのがネックになります。

また二次利用も不可能になっています。なので個人でいまから使うとなれば正直厳しいです

ひとりで楽しめるものでしたら問題は無さそうですが、広告収入目的で使うとかなら確実にダメでしょう

なので商用利用目的なら微妙です

 

からすま 無能ボイスについて

無能ボイスが関係しているのか調査中

ショウ君無能ボイスについて

ATLUSとかモヤモヤさまぁーずにて利用されているとか

タカハシ無能ボイスについて

チェビオ関連にて音声合成ソフト。

 

モヤモヤさまぁず モヤさま無能ボイスについて

ショウ君の音声合成ソフトにて関連

 

無能ボイスにてゆっくり実況はできるのか?

無能ボイスではゆっくり実況はすることができるのかどうか?

結果からいいますと無料のサービスが存在しています、

Alを利用しているものとか、個人にて利用できるソフトも着々と登場していますので、使いたいーという方はぜひ利用していきましょう

ただし、気を付けなくてはならないのは、中にはライセンス料金をとるソフトもあります。無料版があるなかでお金がかかるとなれば、ちょっと抵抗があるって人もいるはずです。

しかも、調べていくとライセンスをとるツールも結構あるんですね、それだけクリエイターとしてのハードルの高さを身をもってしってしまうというか、かなり厳しいジャンルでもあるでしょう

なのでゆっくり実況を行うのであれば十分に注意しましょう

 

スマホでも作ることができるのか?

スマートフォンにも対応しているソフトが存在しています

なのでpC環境がなくてもなんとかなります

もちろんパソコンを持っているに越したことはないでしょう

 

無能ボイスのメリットについては?

無能ボイスのメリットについては

自分以外の声を音声合成として楽しむことができる

音声合成を通して新しい発見が見つかるようになる

クリエイターとしてやりがいが見つけ出せる、単純に自分の世界に入れて楽しめる

やはり一番のメリットは自分では決して作り出せない音声を出すことができること。

ここに面白さがあるのではと感じます

 

無能ボイスのデメリットについて

逆にデメリットとしては音声合成入力ソフトにはお金がかかるものがあるということ。本格的に利用していきたいと思っていたら実はライセンス料をとるところもあるので事前にしっかり下調べしておかないと後で大変です。

 

無能ボイスに対応しているアプリって何がある?

コエステーション

voicepeak

いくつか探してみる限りではアプリに対応しているところがあります

AndroidとかiPhoneにて対応している

 

無能ボイスとは?作り方 やり方について詳しい詳細を説明していきますのまとめ。

無能ボイスについて詳しい情報のまとめでした。

無料と有料も存在するのでよくみてから判断してください

 

 

 

 

 

スポンサーリンク










お問い合わせ