東京芸術大学の卒業生末路がやばすぎるんだけど結構ガチだった。

東京芸術大学 卒業生 末路がやばすぎるんだけども?

東京芸術大学というものあるのですが、国立大学と一つになります。絵とかの芸術的な才能をついかっていくため、または才能ある人を排出していくための学校でもあります。そんな比較的優秀そうな学生さんたちがはいってから、卒業するわけですが、その後がわからないのです。

ちなみに皆さんだったらどんな風に考えますか?極々普通に育ってきた人たちがゆめありきであれば嫌でも大学に入るかもしれません。じゃあ逆に別の目的で入っていた人たちであれば卒業が目的だけだったりしますので、その後の進路とかあんまり気にしてない場合も考えられますよね。

じゃあ答えはどっちなのか?ってところですが要するには多種多様な考えがあるのだと思われます。

世間的には会社に行くのが普通でしょうが、これが普通とは限らない。不明な部分がもっとたくさんあるはず。

みんながみんな一斉に同じところに就職するとは限りませんね。

今回はその後の末路について詳しいまとめとして書いていきます。

 

東京芸術大学 卒業生 末路がやばすぎるんだけども?

東京芸術大学 卒業生 末路がやばすぎるんだけども?というテーマについて。

東京芸術大学についてはいったいどんなことがあるのでしょうか?結構気になりますよね、特に卒業していった人たちの行方が気になるかたも多いことでしょう。

今回はそのことについて深くまとめますね

 

 

卒業生の末路は?

予測できるものとしては

就職、

進学

浪人

フリーター

フリーランス

経営者

個人事業

とかいろいろパターンはあるでしょう

 

みんなの気になることとしては、卒業式が終わったあと、どこに就職するの?って内容です。まず、事前段階の予測としてあげられるのは、正社員として会社に勤めて働くこと、あるいは芸術の道に進むためにフリーランスとして働くことをするとか、あるいはフリーターをしながらも夢を追うためにべんきょうしていくなど、

一般的な人の考えではこのような感じではないでしょうか?

特別なルートがあるにしても、最初から楽しんで芸術の道にいったのに最終的なゴール地点がないのが闇深いですね

おそらくですが絵に関連する就職先がなかなかないのもひとつの理由だと思います、

大好きな絵で過ごしたーと思ったらすぐに就活ですからね。それを活かせるようなスキルや仕事が果たしてどのくらいあるのかを考えると不安が押し寄せてくるのも無理はないと言えます。

 

卒業生として卒業していった有名人は?

芸能人とか有名人でいったら井口さんとか林田さんとか、村上、野村さんとか、かなり有名な人たちばかりになります。

だからこそ凄いよいイメージでしかありません。井口さんといった歌手のアーティストが卒業しているとなれば、かなり喜ばしいことですし、普通に考えてものすごい栄光だといえます。

音楽家の人こそが過去に通っている大学みたいな印象が強く残ります

 

やばいというのはいったいなんなのか?

普通に考えてやばいです。めちゃくちゃ良いという意味合いからしてでの話になります?

特に頭がいい大学ですし、元から有名過ぎるので、今さらやばいというのが想像できませんね。

どの程度のヤバさなのか比較するのも大変なくらいです。

とりあえずは偏差値からみても、かなり頭のよい大学ってことになりますね。

金持ちとかエリートが多いのか?

こちらに関してはやはりというべきでしょうか、お金持ちが通っているのは明確でしょう。少なくとも大学に通うにはお金がかかりますし、一般的な家庭から排出することを考えても奨学金を組んでまででないと入れない可能性もあります。世間一般でいうサラリーマン夫婦とかなら、入れるかどうかは金銭的な部分も関係しているでしょう

また、確実に金持ちが入ってくるとは限りません。小さい頃からの夢がある子供であれば、すでに数年前からここの大学にいきたいという意志があったかもしれませんので、実はこの考え方に正解はありません。

お金持ちでなくても医者になりたいといった人のように同じ要領とか考え方にて成り立っていると考えるべきでしょう。

だとしてもお金がある家庭、元からボンボンであるのなら、余裕かもしれませんね。

だとしても入学にかかるお金もありますし、授業料も関係していきます、年間の合計金額でいったら普通の家庭からしてみれば、凄まじい負担が押し上げられるかもしれませんね

頭がいいのかどうか?

ちなみに頭がいいのか悪いのかでいったら、普通に偏差値が凄い高いです、

そこら辺の大学とはことなります。芸術大学ということもありますので、かなり高い方だと考えるべきでしょう

ここまで頭がいいと、才能というよりも生まれつき、培っているものがあるんじゃないかと疑ってしまいますね。

 

東大よりも難しいのか?

実は東大よりも大変であり、なおかつ、過酷なものとして称されていますね。なぜなのか理由はわかりますか?

勉強ができるのはもちろんですがこの大学に入るとなれば、実技試験てきなものもあるからです。

おまけに倍率も結構高いのです

だからこそ厳しい世界とも言われています。

また、難易度についてはコースによっても異なるでしょう

受からない人は何回挑んでもダメみたいですね、そこまてきたら本当に優秀な人しか入れないのではないだろうか?

まさに化け物レベルでしょう

 

東京芸術大学の闇とは?

そこで東京芸術大学には闇があるとかないとかが浮かんできますが、果たしてどのようなことなのでしょうか?

普段は閉ざされている内容としてですが、やはり頭の良さから黒い旋風が巻き起こっているのではないでしょうか?

学校では絵を書くことが主流でありメインだと思いますが、ちょっとばかり病んでしまうこともあるという。

その答えとしてはお互いの絵での評価でしょう。

美術芸術となれば、互いの評価には笑顔が常にあるわけではありません

時には辛口的な鋭い評価をつけにくるひともいることでしょう

そうなれば普段から穏やかな関係性がそこでヒートアップしていき、日常生活に歪みが生じる…みたいなことが実際にあるのかもしれません。

とはいってもこれが正解とは限りません。本当の闇についてはどこの誰もがわからないくらい深いものになっている可能性だってありますよね。

 

東京芸術大学限らず病む可能性はどこにでもある?

大学というのは特に学校生活であり、共同生活でもあります。なので他人と一緒に過ごしていかなくてはならないし、人間関係でもこの先仲良くやっていけるのかどうかでいったら難しい、しんどいという時期は必ず訪れます。

時には同じ学校に4年間も通うのが無理って人もいれば精神的に辛いと感じる人もいるでしょう

実際に過去に通っている人の意見からしてみると、過剰評価をしていると、いつになっても終わりがつきない、また、通うのになれてはいるのもの、いつも他人に評価されているような気がしてしまい休まる場所もなくなってしまう

また、学校に入学できるまでがゴールでもあるが正確にはスタート地点にたっているだけであり、その先がとても長いことでもある

また、他人を気にしてしまうのだけは絶対にやめるべきこと、なぜなら周囲の独特な雰囲気には流されてはいけません

必ず自分というものを持つこと

少しくらいはナルシストになるくらいでもいい、感慨深く語れるような人でもいい。

じゃないとうまくやっていかれない、

変に変わった人でないと長続きすることができないという。それだけ変質的な世界にいることだけは、自覚したほうがいいのかもしれない。

生徒とか、先生だって変わり者がいるでしょうし、変にこだわりを持っているくらいじゃないと勝負もできない。芸術大学は受け身の体制ではとにかくダメってことですね

微妙な加減を持っていて、なおかつネガティブになりすぎない人でないと続かない、絵だけではなくてとにかく別の趣味を持つことも必要だとか、

そうでないと確実にやっていかれない部分が出てくるようにも思えます、

自分で息抜きできるような趣味とか見つけておかないと確実にやばいのはなんとなるわかることでしょう

 

東京芸術大学 卒業生 末路がやばすぎるんだけども?まとめ。

とかいうものの、末路の結果としては誰しもが有意義な人生を送れていくかなんて全くわかりません。

自分の人生くらいは自分で切り開いていけるくらいの覚悟でないと厳しいのでしょうね。

 

スポンサーリンク










お問い合わせ