数学モンスターとは?どのよう仕組みになっているのか

数学モンスターとは?どのよう仕組みになっているのか

数学モンスターというのは一流大学への入試問題対策、数学1.2数学bおもに数学関連による口座を受講することができます。

なので、今回の記事では数学モンスターというのは、どのようなシステムなのか、その機能性とか、使いやすさについて徹底的に解説していきますねー

数学に特化している勉強方法なので、難関大学を目指している方にも安心して利用できるのが魅力です

ちなみにお金がかかるものではなく無料にて資料を見ることができるという素晴らしさも顕在しています。今しかない時間を効率よく使っていきましょう

この記事での仕組みとか内容について

数学モンスターとは?一体なにか?

数学モンスターの使い方、利用方法について

対象としている大学向けなど

YouTubeを活用する場合は?勉強の仕方として

数学モンスターのメリットについて

数学モンスターのデメリットについて

京大について

杉谷について

青チャートについて

医学部について

数学モンスターの評判とか評価について

ベクトルについて

間違いについてはある?

レベルについては?

やさ理について比較

学歴については?

数学モンスターとは?どのよう仕組みになっているのかのまとめ

 

数学モンスターとは?どのよう仕組みになっているのか

数学モンスターという一流大学へ向けた入試数学の資料になります。この使い方とか、利用方法について

全部にて9講座まであります。そこで今回は全く聞いたことがない人でもわかりやすく説明していこうと思いますね

数学モンスターとは?一体なにか?

数学モンスターというのは数学を学ぶことができる教材、あるいは資料になっています。

数は全部で9講座から伴っています

おもなカテゴリーとしては

二次関数

高次方程式

図形と方程式

確率

因数分解型

 

整数問題

立体図形

数列

ベクトル

微分法

積分法

三角関数

指数関数

対数関数

極限

復素数平面

発展

行列

など。

無料でつかえる教材ですし、デジタルクラウドにて利用できるのが良い環境になっているんですね

対象としている大学向けなど

東京大

京都大

東工大

一橋大

早稲田大

慶応大

北海道大

東北大

大阪大、東京医科歯科大

名古屋大

九州大

横浜国立大

有名大学に合格するためにも必要な問題集として大変参考になるような内容になっています。

出題されているものも、2000年頃からの問題になっているので合わせて復習という形で使用するのが賢いでしょう

 

数学モンスターの使い方、利用方法について

学習の仕方としては、まず数学モンスターの公式サイトに入ります

入るとすぐに、受講したいジャンルが揃っていますので、自分が今行いない数学の勉強を取り入れていきましょう

みたい分野を指定して、問題を見るというところをクリックするとすぐに問題が開始されます

 

全部にて9講座までありますので、数日に分けて勉強するのもいいでしょう

たまにサーバーの関係なのかわかりませんが多くの人が利用していると動作が重くなったり見にくかったりすることがあるかもしれません。その場合は閲覧する時間帯を変更してみるとか、あるいは時間をおいてからみにいくのも良いでしょう

それか、スマートフォンにて閲覧している場合は、スマホの本体のスペックを変更してみることです。

また、使い方とコツとしては、ひたすら空いている時間の時に自分の部屋とかでもいいので予習や復習をしていく形になります。最終的には問題集を丸暗記していくことで、全部対策していくことになります。

演習復習して間違っているところを確認してから再度、結果てきにはどうだったのか自分自身で見つめ直していくことです。

勉強する方法としては一番これが効果的なのではという疑問も追記していく必要がありますが、数学モンスターはうまくいかないときでは、グループチャットにて悩みを解決していったりすることも可能です

また、オンラインですので、誰かに縛られるようなこともなく気兼ねなく勉強することができる。これがメリットに近いでしょう

 

YouTubeを活用する場合は?勉強の仕方として

テキストだけではなく動画による講義も一緒にあります。最初によんでみたい教材を選択してから一度全てまるっきり見ておきます。そのあとに重点的に学んでいきたいところを集中して止めていき、何回でも頭としていれていくことができます。

YouTube動画でなら巻き戻しも何回やっても良いですし、改めて最初から読みを繰り返しても問題はありません。

何回見ても自由ですので、動画で見ながらノートに具体的な箇所を要点としてまとめていくといった方法もとれるようになります

また、動画なら考える時間も十分にとれますので一度覚えきれていないところを再度インプットしていき、アウトプットできるような形にしておくか、自分の言葉で表現とか説明できるような流れを作っておけばもはやその意味をマスターしていった結果にもなります。

YouTubeではながら作業としてもできるので普段から文章ばかり読んでいて頭が疲れてしまっている人とか、動画の方が余裕で学びやすいと考える人にとっては、効果抜群なのではないでしょうか

もちろん入試問題に正解ばかりということではなさそうですが、少しでも問題に対する耐性を身につけておくことで記憶にも影響してくると思います

 

 

数学モンスターのメリットについて

メリットとしてはどうしても、大学に受験するのにコスパのよい教材を探しているとか、なるべくお金をかけないで利用していきたい人

あるいは勉強する環境を身に付けたい人、基本は何でもいいと思いますが、独学だと厳しいかもと感じている人にとっては非常にありがたい問題集だと考えられます

何しろ取り組む順番に関係なく自由に利用することができるので、わりとゆとりをもってお勉強することができます。

とくに難関大学にて出題されているような問題をそのまま取り扱えるので、実践もしやすいし、かなり使い勝手は良いと思います。

しかも、教材っぽさがありながらも無料にてクラウドを使用することができるので低いコストにて勉強することが可能です。金銭的にも辛いって方とかはかなり助かるもの、より良い使い方になることでしょう

とくに無料にて暗記できるので文章をそのまま使いこなせるという人にもおすすめできます。

ってことなのでまとめるなら、難関大学入試に向けた基礎以上の勉強ができるようになります

よい意味でハイレベルな環境を使い倒すことが可能となります

 

数学モンスターのデメリットについて

数学モンスターでのデメリットについて。デメリットというまではないに等しいですが、強いていうなら難関大学に向けた教材、数学の強化トレーニングみたいなものですので、それ以外の用途として、利用するのであれば、全然意味ないかもしれません。あくまでも数学でのハイレベルな知識ですので、数学モンスターにて、勉強したからといって合格を保証するものでもありません。受かる受からないは結局本人の問題だったり実力に影響してくるはずですので、合わない人にはめちゃくちゃあわないことでしょう

それでも、数学モンスターは難関大学の対策としては大いに活用がしやすいです。おおらかにピンポイントに何でも学べるわけではありませんが、数学に特化しているので、改めて復習という意味合いでも使えばそれだけ便利になります。

ある程度の基礎的な基盤は別の勉強方法でも問題ありませんので、数学モンスターを利用したからといってすぐに結果が出るってことでもありません。少なくとも宛にしすぎてはいけないということになります

京大について

京都大学に対する対策問題としても活用することができます。

 

杉谷について

杉谷についても対策がとれそうですが、本質的な部分ではわからないこともあります。一応参考までに

 

数学モンスターの評判とか評価について

数学モンスターでの評判とか評価について調べている感じではあんまり有力的なことはわかりませんでしたが、大学入試試験問題の対策としては十分な使いやすさだといえます。

なんせ、有料ではなくて無料にて、公開されているからです、

これが一番の醍醐味といいますか、お得すぎるからこその評価ではないでしょうか

大学試験のための勉強代でいったら金額は霧がありません。上限というのがもはや決まっていないからですね

そんな中でもネットクラウドにて無料で閲覧が可能となっていますので使わないというのは非常にもったいないレベルだといえます。

また、気になるようでしたYouTube動画でもみれるようになっているので文章でみるのが苦痛な場合は、動画から勉強するもの十分にありです

その他の評価としては、数学モンスターは勉強するものとしては比較的おすすめされている傾向にあることです。

勉強する内容がかなりハードですし、ちょっと問題を見るだけでもへこたれそうなくらい難しい問題が多く存在しています。

また入試に対策できるような問題集になっていますので、より問題に対する耐性も高くなるのではと考えられます。

無料なのに無料とは思えないくらいのハードな試験対策になります。

青チャートについて

青チャートと併用して数学モンスターを利用するのも十分にありだと思います

 

医学部について

医学部に向けた問題集としても活用することが可能です。

 

レベルについては?

レベルについては一流難関大学に合格するための知識として応用することができるようになっています。

なので、一般的な偏差値でいったらかなり高い部類になるでしょう

 

数学モンスターとは?どのよう仕組みになっているのかの具体的な部分

数学モンスターについて、仕組みとか評判など説明していきましたが、それ以上にもっと深くしりたい方に向けて深堀していきたいと思います

 

ベクトルについて

ベクトルについての問題集対策もあるみたいなので、合わせて予習しておくと良いでしょう

 

間違いについてはある?

間違いというのは数学モンスターでの一部分問題に対する内容が違っているという指摘もあるとかないとかですが、その都度問題は訂正されているようなのであまり気にしなくても良いでしょう

 

やさ理について比較

やさ理というのはやさしい理系数学というものきなりますが、どちらも難しい問題が多いのはもちろんだと考えられます

比較したとしても必ずどっちのほうが使いやすいとか、使うべきというものでもありませんので、どうせなら複数試しに利用した方が本人にとっても感覚として理解しやすいのかもしれません

ちなみにやさしい理系数学というのは数学モンスターのように難関大学に入学するため、あるいは合格を目指していくための教科書みたいなものです。

なので名前からするとやさしいのかもしれまへんが、一般的にみると全然優しいってことはありません。むしろかなり難易度が高いことを覚えておくべきです

学歴については?

数学モンスターとしての学歴、作っている人のコンテンツ内容については一切把握できていません。しかし、問題集の内容も普通に難しいものとなっているのでちょっとでも油断するとこてんぱんにやられてしまいそうなくらいのキツさだと考えられます

どの講師が作ったとかそういったものはわからないですね

 

数学モンスターとは?どのよう仕組みになっているのかのまとめ

数学モンスターについてどのくらい理解できるようになったでしょうか?

そんなわけで今回はも数学モンスターという教材についてのまとめでした。

最後にお伝えするのであれば

数学モンスターとは?一体なにか?→難関大学に合格するための試験勉強あるいは予習や復習をするために特化している問題集みたいなものです。お金がかかることがありませんし、有料ではないので今のところは無料公開している形になっています。

数学モンスターの使い方、利用方法について→数学モンスターのサイトに入っていき問題を解いていくのみです。とくに難しい説明はありません

 

 

対象としている大学向けなど→東京大とか早稲田とか偏差値高いところ難関大学に関連する大学などに共通している。

 

YouTubeを活用する場合は?勉強の仕方として→YouTubeでは動画を視聴することができるので、見ながら勉強することができます。ノートをとったりして再度見直しができるようにしておけば、かなり良いです

 

数学モンスターのメリットについて→メリットとしては、無料であり料金を取られないことであります。大学での入試対策にも大いに繋がりますので、高校生の方でも学ぶことができます。なるべく早い段階で学ぶべきではないでしょうか

またユーザー登録とかメールアドレスによる登録が、いりません。要するに面倒な操作がいらないので楽々です、

スマホやタブレットでも活用できます

 

 

数学モンスターのデメリットについて→これだけではすべての問題に対応できるわけではありません。あくまでも、導線を引っ張っていくような流れであってこの教材一本で合格を保証するものでもないです。なので本質は合格するのが目的のはずですので、数学モンスターは合格のための通過点として活用するのが良いでしょう

京大について→対応している

杉谷について→対応している

 

青チャートについて→とくに気にしなくてもよい

 

医学部について→対応している

 

数学モンスターの評判とか評価について→評判とかはかなりよい方です。今のところは無料にて公開しているのですが、有料になってしまったらちょっと困るな~ってレベルだといえます

 

ベクトルについて→関連しているものがあります

 

 

間違いについてはある?→YouTubeなどでたまに間違いがあったりするでしょうが、訂正されていくので問題ありません

 

レベルについては?→教授が作ったものかどうかは不透明ですが、それなりにレベルが高い教材です。

やさ理について比較→正直どちらも活用するかどちらでも良いでしょう。

学歴については?→深く気にしなくて問題はなし。

数学モンスターとは?どのよう仕組みになっているのかのまとめ

でした。ぜひ効率よく作業をしていき合格するための切符として活用していきましょう

 

 

スポンサーリンク










お問い合わせ