スコッチグレインの人気モデルランキング7!メンズ向け特集2017年

スポンサーリンク


ファッションが好きな方へ。興味のある方へ。スコッチグレインという革靴をご存じですか。詳しく知らない人向けにざっくり伝えますが、スコッチグレインは日本のヒロカワ製靴が作り出しているブランドメーカー。選び方に悩んでいる方はその知識をざっくり頭に入れ込んでほしい。

勿論正規としてジャパニーズから長く愛されている屈指の物となっています。本当にこれ革靴なのか。実は靴に満たない何かをお持ちでないのかって位魅力に包まれており、海外のブランドメーカーさんに匹敵するようなクオリティー。

何より評価の高さがお墨付きで、造りが雑な話を聞かないんですよ。上質で丁寧な作り込み は購入者の意欲を掻き立てます。高い靴であればあるほど、物に価値をどのくらい外部に提供できるか肝になってきます。

また職人さまの手の込んだ愛情が靴本体に詰まっているのかどうか。そのウエイトを何処に置いているのかがポイントになってくるでしょう。

これから先の20代にとってスコッチグレインは成長と共に愛用できる靴であり一生ものとして利用できるでしょう。

リーガルと比較されやすいですが、まめに手入れをされる方であればスコッチグレインは有能であること間違いなし。「グッドイヤーウェルト製法」 という独自の技術により複雑で時間がかかる分の費用が含まれていると考えていい。またこうした独特な製法により水に強くソールも靴の中身も頑丈で快適に履きやすくなる。しかしなんでグッドイヤーウェルトという所に重点をおくのかといえば、一度きりの靴として愛用してほしいから。一度使ったら満足、終わりでなくエンドレスな流れで長く使い古して欲しいから。

要は使い捨てにならず、使うほどお洒落になって欲しい気持ちが込められているんですね。

革靴の弱点は雨に弱いところ。かといって長靴のような完全防水と似たような極め方をしてもお洒落には程遠くなってしまう。防水対策が出来ていることで季節に即対応できる術が備わっていると捉えていいでしょう。

また素材の選び方も極上の物を使用している。特に革となれば一流の職人方から厳選された素材を受けとることで、中途半端な妥協は許さない。

量より質を最優先しつつ使っている人に使いやすく過ごしやすさを提供する。ってことなので‥なんでここまで深く馴染むのか理由がしっかりあるんですね。

そこで今回は特に人気のあるモデルをランキングにて一気に紹介していきたいと思います。とりあえず持っておけば間違いない靴は序盤から紹介していきます。

1位 内羽根ストレートチップ パーフォレーション

評価🌟🌟🌟

・使われている素材は牛革

・革のソール素材

・ヒールの高低差は3センチ

本格的な牛革 をつかっているのでシルエットの方も上々。

靴の中にはオリジナルスポンジがあり、靴の底を少しでも支えてくれる。アッパー部分が特に拘っており機能よりも色んな人に受けを狙ったデザイン製。

ソールもオリジナルな物を使っているので安定した使い心地を提供する。ビジネスパーソンから一般向けにも履ける。

2位 内羽根パンチドキャップトゥ

評価🌟🌟🌟🌟

・1.5cmのソールの厚さ

・2.5 cmの高さあるヒール

・ノンスリップレザーソール

定番でありながらその主張を強くしてくれるアシュランスシリーズのパンチキャップ。 綺麗目にも履けますしカジュアルでどの状況にも活躍してくれる逸品ものとなっています。

リーズナブルで定番さが強み。あるいはオールラウンドが売り。一度預かった履き心地はスコッチグレインならではです。

3位 内羽根5アイレットストレートチップ

評価🌟🌟🌟

・プラットフォームの厚みは0.5cm

・2.5 cmのヒール高さ

・留め具はレースアップ

牛革を利用のスタンダードなポジション。木型はセミスウエアートゥの4Eが使われている。

オックスフォード、またはストレートチップ、スコッチグレイン三点のテイスト。

レザーオイルソール との相性が抜群にマッチしている。

歩くほどにその進化を発揮していく。とにかく楽しく履きたい、クールにはきこなしたい人に最高。

4位 ウェルテッド

評価🌟🌟🌟🌟

・グッドイヤーウェルトの独自製法

・アッパー素材は本格革

・レザーソール

光沢さがばっちりなスコッチグレインのグッドイヤーウェルト製法を利用。製法が難しいだけにコストと時間を取り繕うことになる。しかし時間をかけた分はクオリティーにもちゃんと影響してくる。

ストレートチップによりハイエンドにならず落ち着いた雰囲気を出してくれる。まさに新社会人やこれから就活する大学生にも似合います。季節問わず合わせやすいのも特徴。そう考えるとレギュラー候補として充実しています。

5位 シャインオアレイン

評価🌟🌟🌟

・撥水加工

・グッドイヤーウェルト

・SGソール(合成底)

サンシャインというか光輝くという意味ではだいぶ当たっている感覚がありますね。こちらもグッドイヤー製法のお陰で丈夫で耐久性 に企てた強さがあります。保つという面では非常にストレート。

数あるバリエーションの中でも革の本質を理解しているような鋭さがあります。爪先の出ているチープな所も強さを感じます。リアルにかっこいいですね。外出先に持ってこい。

6位 レザーソール

評価🌟🌟🌟🌟

・レザーソール

・グッドイヤーウェルト

とにかくシンプルにレザーを使いたい方向け。ストレートチップの優位点は、一極性があること。無造作にならず一点文字に着飾った所が洒落ています。

クラシックなデザイン は受け狙いではなくても、単刀直入にありだとおもいます。靴の原型を求めるならプレーントゥになってしまいますが、こちらも悪くない履き心地。

7位 内羽根パンチドキャップトゥ

評価🌟🌟🌟🌟

・ノンスリップレザーソール

・牛革素材

ブランドのお洒落な靴。革を極めるにはブラックもそうですが、あえてブラウン色を選ぶ手段は妥当かもしれません。

ブラウンを選ぶ理由として20代にはお洒落の延長線に向かって欲しい。30代には個性を更に追求させる為を通してこの色がおすすめなのかなと。40代で履いている人を見掛けると「セレカジ」な印象があっていい。

ブラウンは足元を強調させるので1つくらいは欲しいですね。知的な印象も感じられます。

補足

スコッチグレインの魅力はどうしてもお高い靴でありお堅い靴であること。

惚れるほどその構造は深い領域に包まれていて、大人が履いていたら様になる。というか大人が条件でなくては履けない革靴なのですね。

所詮靴なんて状況によっては一回きりしか履かないし、ましては式や行事で使う程度と思われがちです。

スコッチグレインはその部類には入ることなくケアをしっかりしておくことで何年も使えるようになります。普段使用にもパーフェクトですね。

ソールの入れ換えも依頼すれば取り替えてくれるので一度すり減ったソールを新品同様にメンテナンスしてくれます。

一応好きなモデルを選べばいいのですが、初心者となるとどれをどの用途で履きつぶせばいいのか理解しがたいでしょう。失敗しない程度でいうならストレートチップを選んでおけば大丈夫。

安い革靴で選んですぐに壊れて駄目になるくらいなら、最上位のスコッチグレインを求めておくのは賢い選択肢といえます。

スーツを来て仕事する方やビジネスの方にはスゲー1足となるでしょう。防水、耐水性に対応の[スコッチグレイン] SCOTCH GRAIN シャインオアレイン ストレートチップも優秀。この機会ですので革靴は慎重に選んでお手入れの仕方や、保管方法など学んでおきましょう。革靴の大事さがわかるようになります。

スポンサーリンク










お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です