アディダスジャージの人気色は?どれを買えばいいのか選び方を説明

スポンサーリンク


ブランドの洋服メーカーアディダスのジャージについて今現在あなたはこんな悩みはないでしょうか。

・アディダスジャージの人気色はどれなのか。

・おすすめの色は何があるのか?

・コーデに合わせやすい色が知りたい

・色といってもイメージが全然湧かない。

実際にスポーツメーカーのジャージにはいくつかのカラーがあります。今回は人気定番色を候補として紹介していますので是非参考にしてください。

アディダスは日本屈指のスポーツメーカー。NIKEやプーマ共に歴史があり、スポーツ好きな人に愛用されています。

アディダスは知名度として1強2強にあたります。1着や2着持っていても不思議ではありませんね。そんな素敵なジャージのおすすめの色をご紹介。

一番おすすめの黒色

評価🌟🌟🌟🌟

・きれいなストライブ柄

・無難な黒色

・吸汗速乾機能

トレーニング目的で扱える黒色のジャージです。通気性に関しては問題なく走りながら汗をかいても、その汗を素早く吸収。吸汗速乾機能のいうものが運動する上で相性がいい。

またスポーツだけでなく普段の軽い私服コーデに向いています。黒色なら大抵なんでも合うので、初心者はこの色合いをベースに探してみましょう。

1着あると色んな着まわしが出来ます。上に羽織って下はデニムジーンズでもいいし、なんちゃってスポーティースタイルも出来ます。ズボンに鉄板なのは間違いなくデニムでしょう。

これさえあれば黒ジャージはカジュアルに生まれ変わります。もちろん被るかもしれませんが、下手に失敗するよりおすすめですよ。

意外と便利なネイビー色

評価🌟🌟🌟

・ポリエステル素材を活用。

・吸汗性対策バッチリ。

・カントリーカラー。

まるでサッカー関係に使われそうなデザインですね。これが案外受けが良かったりしますが、中にはビミョーと捉えてしまう方も。

ネイビーは黒に続き合わせやすい色となっています。蛍光色のような目立ちはないので万が一失敗は抑えられます。

背面側にアディダスのロゴが輝いています。ちょっぴりアディダスブランドとして意識したい方におすすめ。これ着ていればまずお洒落だとわかります。

中級者に挑戦したい赤色

評価🌟🌟🌟

・抜群な快適性

・アスリートっぽさが出る

・ポリエステル素材

赤色のジャージもかっこいいですね。赤なので目立つ色ではありますが、特別固執していませんし、年齢層に関係していません。

どなたでも正しく着ることが着れますし、主婦層が着ていたっておかしくはありません。

財布にも優しいし、アディダスが高い‼もっと手軽なものはないのか‥って方に向いています。挑戦する価値は十分あるでしょう。

白/ゴールド

評価🌟🌟🌟

・限定モデル

・フレンチテリー素材

・スウェットタイプ

清潔なホワイトに高級感のあるゴールドを足した豪華なジャージに仕上がっています。おしゃれテイストにまとまりますし、普段着にはギリセーフってところですね。

少し若者受けのデザインになっていますが、誰が着ても似合う色合いですね。ホワイトは汚れに弱いですが、しっかり洗うことで解決します。色落ちには注意ですね。

選び方について。

コーデのバリエーション豊富に高めるならブラック押しです。黒ほど万全に対策できちゃう色はないので、初心者の方は明るいコーデの為に赤とか青とかせず、最初は黒を選択肢として決めていきましょう。

おしゃれ上級者の方でもデニムパンツに白のスニーカー、キャップを被ったりしてストリートカジュアルに決めています。これがド定番ですかね。

一般的に受けが悪いといったら「色を溜めすぎてハードに決めてしまう」、「柄の悪い兄ちゃんが着ているファッション」と受け止めてしまいがち。

こうした不慣れを防ぐには、ブラックをチョイスしておけば質を悪く感じさせません。

私服には活用せず、運動目的であれば柄や明るさ、派手さは気にしなくていいと思います。思いっきり自分の気に入ったcolorを目掛けつつ選ぶのも悪くない。

最終的には

・かっこよく決めたいならブラック、金色、レッド

・可愛い系を目指すならピンク、オレンジ、黄色

・一着持っていて安心なのはブラック

ってところですね。

何度も言いますがブラックは優秀ですよ。自分も使っていますが、かれこれ5年以上愛用しています。しかも生地がほどけず痛みもダメージも全くないんですね。(少なくともダメージはあるかもしれませんが、いつもの新品感覚で着れています。)

高い値段を出してまで買う価値は十分ありました。下手すれば10年使えるとおもっていますので、まだアディダス着たことない方はこの機会にに是非入手しておきたいですね。

補足

最後には後で買って良かったと思えるようなジャージに巡り会えること。これが一番ですね。

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です