このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーログ

ゲーム.仕事.育児.自己啓発.おすすめグッズ.総合情報に特化したブログ

英雄伝説 軌跡シリーズおすすめ!どれから順番に遊ぶべき!?【psvita.ps3.psp】

英雄伝説のゲームはいくつかあるんですが、おすすめしたい最高傑作作品をご紹介していきます。また、プレイする順番はどれから始めるべきか。ゲームハードは問わず、psp、psvita、ps3、ps4を中心にまとめていく形になりますが、よろしくお願いします。多少のネタバレも入っているので注意してください。




【目次】


英雄伝説シリーズとは?

このゲームジャンル構成が複雑なので詳しく話していきたいと思います。

英雄伝説は日本ファルコムの会社が運営しているシリーズ物の作品になっています。主な主旨はRPG「ロールプレイング」シリーズ統合するなら以下の通り。

ドラゴンスレイヤー

ガガーブトリロジー

英雄伝説

英雄伝説2

英雄伝説白き魔女

英雄伝説朱紅い雫

英雄伝説海の檻歌

空の軌跡FC

空の軌跡SC

空の軌跡 the 3rd

碧の軌跡

零の軌跡

閃の軌跡

閃の軌跡Ⅱ

閃の軌跡 III

といった感じでかなり多くの作品が仕上がっています。ここまでくるのに一体何年かかったのか。

日本ファルコムの成長っぷりは以前にまして鋭く面白さが増しています。遊びごたえもたっぷりですし、王道RPGをするのなら英雄伝説がぴったりだと思います。

初代作品はベースがpsや、スーパーファミコンだったりします。登場するキャラクターも全然異なっていますし、ストーリーも全然違ってきます。


次におすすめしたいシリーズの特徴やら、ゲームシステムなどを個別に分けて紹介していきます。発売順も下から順番に書いていきます。



英雄伝説 空の軌跡FC psp、ps3

f:id:uver2468:20170907011831j:plain
まず手をつけておきたい最強の作品。psp版。ps3でエボリューション版も発売されています。

空の軌跡シリーズ最初となる大事な場面箇所が発見できるゲームですね。何ヵ所に及ぶ地方を冒険して、ストーリーを開拓していく。

リベール王国の序章になっています。物語の原点はこっからです。

時折寄り道したり、レベル上げに専念したりと遊べる部分がまあまあ広いです。アーツのかっこよさ、爽快させる所は今風のRPGにも負けません。

主要キャラクターはエステル、ヨシュア。エステルは珍しく女性の主人公としてこのゲームに参加していきます。普通だったら女性はヒロインとして扱われるのがフツーですが、FCに至っては例外となります。

RPGとしても戦い方はドラクエ、FF、ポケモンのように敵モンスター倒して経験値を得て強くなる方式。このパターンが一般的になります。

通常打撃でぶつけ合いながら、必殺技に近い「アーツ」をふんだんに利用してバトルを華麗な展開へと持ち込んでいきます。ストーリーを進めていくとところ構わずキャラクターの移動が目立ちます。

第2章が始まったら次にこうなってうくのか。またキャラが入れ替わっていくのか、など移り変わりが激しいといっていいでしょう。他に特徴として、魔獣手帳というものがあります。

これは一回戦った相手モンスターの情報を元に弱点や属性を知り次会ったときに戦いやすくなるんですよね。ポケモンでいう図鑑みたいな物に等しいです。

スマホゲーのようなボイスも入っています。しかも豪華な声優さんが中心にまとまっているので、声を聴きながら楽しめます。

そしてゲーム本編をクリアすると新たにハードモードとナイトメアモードの二つを選択出来るようになる。どちらともイージから強烈な鬼畜っぷりに進化しているので、もっと額に汗が出る難易度で遊びたい人向けになっています。

PSPということで画質の荒さは現代に負けていますが、初心者はここからがおすすめですね。


英雄伝説空の軌跡SC psp、ps3

f:id:uver2468:20170907231117j:plain
FCの続きともいえる英雄伝説SC。リベール王国の後半になります。迫力や追加要素となるシステムも奥深く発展して、より楽しみやすくなっています。

FCでは最後のダンジョンマップにいた、ユリアやミュラーが仲間として加わる形になります。

それだけでもテンションが一歩上向きに働くと思いますが、他にもキャラクターのボイスが追加されたり、カジノといった時間をきにせず遊べるゆとりありきのシステムなど。

大胆で見事とも言うべき作品に仕上がっています。カジノとか一度ハマったらなかなか抜け出せませんよね。ドラクエのスロットには1日かけて遊んだ記憶があるので、それに近い感覚でしょうか。もはやゲーム本編の流れとか忘れてしまいそうですね。

前にあったクラフトというシステムから一転進化し、チェインクラフトというものがあります。

主に攻撃のワンパターン化を防ぐだけでなく、戦いの戦略性が広まり大規模なバトルが可能になりました。

まあ普通に懐古の物理だけで戦っていくって考えよりも、自分の技量で好きなように攻撃できる場面が増えたこと。ここに充分な価値があると思います。

物語も更に格上になり、独自の世界観をこの目で見るようになる。ヨシュアはいなくなり、その姿を探すべく女主人公は旅に出ていきます。

FCと比べてしまいがちですか、SCの方が密度が、かさばり、仲間とのコミュニケーションも増えるし、ストーリー攻略のボリューム時間も増えていきます。

もしかしたらダラダラと遊ぶゲームになる場合も考慮ですかね。なんせUMDのディスク(pspはUMDになります。)が1枚ではなく二枚組。

psp世代で遊んでいた人からするとUMD2枚とかあるわけがない!それくらいボリュームの濃さがありますね。ヨシュア達との恋愛事情を大きく揺さぶりながら、トラブルの元となる敵らを倒していきます。

敵の難易度はFCと似たようなものですが、一部あり得ない強靭なるボスとかいるんで事前から装備を対策していったり、どうやって倒していくのかを研究する必要もあります。

ストーリーに関してはFCからの集大成というか、続いていきます的な話になっているので、前作遊んでいると理解できる。やはりラスボスが強すぎなのがネックか。


英雄伝説空の軌跡the3rd psp

f:id:uver2468:20170907234053j:plain
ファースト、セカンド、サードみたいな勢いで突っ走っていってます。FCからSC。そしてその派生作品として登場しています。

エステルやヨシュアはこれまで通りでてきますが、今回発お目にかかるキャラクターがケビン。

教会絡みの関係性が強く、守りにつながるであろう騎士のポジションも持ち合わせている。

シスター枠の女性リース、アルジェントも一緒で新たなモンスター、サブキャラクターも隣り合わせに出現していく。

物語は引き込まれるように楽しくなっていく。キャラとしての立ち位置が詳しくなり、過去の状況から現在のエピソードなど、ファンだけでなく初めてこのシリーズを体験した人でものめり込める力強さ。

アーツもアップデートし、バージョンアップしていてスッキリ爽快感なグラフィックを堪能できます。ソードのエフェクトやら、描写やらかっこよくなっています。

チャートは1話から7話まで。前作のデーター引き継ぎにも一部対応しているのでやりこみ要素となる準備はバッチリ。二週目もあります。

そして、シューティングやクイズといった小さなミニゲームも存在しています。連続しながら勝ち抜けるバトルタワーみたいな物もついでにあるので、やることは多いです。

FC、SCをしてからの3rdはクリアした時の達成感が凄くあると思います。何かしら攻略本がないと、進めるのが厳しい場合も。3rdで特に目立つのがbgmでしょう。

メタルハンドの演奏か!?って位メタルなリズムが伝わってきます。激しさというか、テンションが上がるとか。

ゲーム本編としては人により賛否があるようで、目的となるストーリーを巡るよりも、ダンジョンをただ黙々と楽しむ所に疑問があるようです。

好みが分かれてしまう作品だけど、一から始めた方なら攻略はしやすくなると思います。


零の軌跡 psp

f:id:uver2468:20170908001014j:plain
ここで心機一転。リベール編は終わりを告げ、新しい章が始まっていく。

クロスベル編へと移っていき、最初の方のリベール編よりもダークでメカニズム満載な所がある意味魅力。というか完全別ジャンルな逆光線をさまよっており、ギャップのあるストーリーにビックリすると思います。

えっ、もしやの守護兵士が活躍する?とか、度肝を抜く展開が当たり前にあります。何かの推理小説かい、と思うのも無理はないです。

また、クエストの種類が増えています。やりこみゲーでもあるんですが、段々作業に萎えていく事も踏まえておきましょう。

原点復帰のようなもので、前作を知っているとより、話の道しるべとなってわかりやすくなるかと思います。

FFのようにHPがあり、MP、コマンド形式で、それぞれのキャラ達がターンを終えてからの戦略方法もある。ターンせいRPGはこうゆう、ちょっとだけでも考える時間があるところが嬉しい。生ぬるさはなく、ちょっとでも油断するとやられるので装備のカスタマイズ戦略は少なからず必要


碧の軌跡 psp

f:id:uver2468:20170908001151j:plain
こちらも、またまた零のバージョンの続編のように連なっており、画質や武器やら、アーツは似たような感じ。アーツ特化型キャラ、サポート中心のキャラなど一人一人の強みを尊重したようなクオリティー。

小数ではこれ使えねえキャラもいるんですが、みんな味がありパーティーとして力を合わせれば強くなる。

いうなら一人では戦えない。仲間との助け合いが鍵を握るみたいな。序盤はあれな展開でも、進めて毎に本番なゲームなのもわかってくる。

盛り上がりや、勢いがあるのですが、加速しすぎると致命傷もあり。零の軌跡を知っていないとちんぷんかんぷんなので、そちらとセットで、遊ぶと物語の全貌が理解できてくる。

バグも多少ながらあるところに注意していきたい。

しかもシステム的にほぼ同程度なんですよね。零の方と。なので差別化しにくい部分もありますが、さすがpsp。サウンドも悪くない、セーブの読み込み加減はわりとスムーズ。

Sアーツによって今までにない取り組みも良いし、カットインを入れることで、ゲームの世界に参入している感覚もこれまた面白い。

未だに零の碧の違いは?って質問されると即座には答えにくい所も特徴。


閃の軌跡 psvita、ps3

f:id:uver2468:20170908194533j:plain
ナンバリングタイトルも数字が入っていないと時系列としてもやもやしてきますよね。

閃の軌跡はこれまでのシリーズの続きのような物で、今度の舞台はエレボニア帝国にてのお話になります。美人というよりかわいい系の仲間がびっしり加わります。

聖騎士とかってよりも、王道学園RPGみたいな感じでギャルゲーとも捉えやすいし、ペルソナシリーズのゲームにも似てきている。

キャラデザが気に入らなくなってしまうとこの作品には入れないかも知れない。

思いっきりオタの境地を目指している感じですね。魔法とかテイルズかい!と突っ込みたくなるのも不思議ではない。

この作の主人公はアリサという女の子。おてんばなのか少しうざったい一面を持ちながらも、唯一弓が得意という珍しさら満載です。

弓をあやつる主人公なんてRPGでいたのか!?って思えるほどすぐに答えが出なく、まあ服装が洒落ている所はgoodだと思います。

一種のコスにしか見えないがこれでいいのだろうか‥。

ちなみにps3版と二つあるんですが、持ち運びしながらゲームをするならpsvitaで家でまったり穏やかにプレイしたいなから迷わずps3という選択肢になってしまう。

画質はps3のがくっきり感がでていてきれいです。

難易度の変更も可能なので、初心者でもほぼ積まないやり口になっていますが、きつかったらすぐにでも難易度を下げることをおすすめします。

バトルシステム面ではアークスと呼ばれるものにクォーツを嵌め込む。

そうするとはめたクォーツによってアーツの強さも変化していく。なかにはレアリティ高くて希少価値があるものや、火属性といった属性付加で攻撃メインだったり防御特化とかいろいろ。

マスタークォーツというものが手に入るとそのクォーツに経験値を注ぎ込むことでレベルアップし、特殊なものや、ステータスが上がっていく。

育てまくると俺つえーゲームになりそうですが、しっかり難易度調整しているので懐につけないのが、流石ファルコムのすごいところ。

クォーツにより下へ下へと食物連鎖みたいに深くやりこめる。そのほか最強武器を手に入れてもいいし、最強のキャラを育て上げるのも良し。

レベルを99まであげるのはしんどいかもしれません。他にも料理や釣りなどほのぼの系っぽさがあるところもいいですね。のほほんと過ごせそう。


閃の軌跡Ⅱ psvita.ps3

f:id:uver2468:20170908202420j:plain
閃の軌跡の続編になります。

新システムロストアーツ、オーバーライズなどバラエティー豊かになりキャラクターの増員数も半端じゃなくなっている。

お祭りゲーに近くなっています。テンションがあがると思います。

また過去の主人公もいつの間にか登場し、軌跡シリーズの集大成っぽくて華やかです。

10周年記念も含めての豪華なプレゼントって感じですかね。ストーリーはネタ切れ感もありつつ、主人公の恋愛感情をどこまで応援していけるか。

目的が殆どそれっぽい内容なので、評価の分かれ幅が大きいと思います。

恋愛要素とかお腹いっぱいです。と既に冷めたムードを醸し出している人には面白くないのかもしれません。軌跡のそれなりに続いていますからね。


どれから順番に選ぶべき?

必ずしも絶対にこれをイチバン最初にやっておけとは言い切れませんが、初めて手につける方は初代からがおすすめです。

モンハンのように個々に完結しているのではなく、全てをプレイしてストーリーが一致します。クリスタルのように合致した感じです。

時系列ですと、上から順に


空の軌跡FC

空の軌跡SC

空の軌跡the3rd

零の軌跡

碧の軌跡

閃の軌跡

閃の軌跡Ⅱ

となっています。


できる限りFCから始めた方がワクワク度合いは高まると思います。

中途半端に零とかから入ってしまうと物語の主格が全くわからず途中で飽きてしまうかもしれない。

FCから遊ぶならpspが必要なので持っていない人は別で手に入れておきましょう。

pspにも型番がありまして、1000、2000、3000とあります。1000がイチバン古いんですけど本体が重たいので常時遊ぶかたにはちと遣りづらいし、扱いにくい。

値段も1000から3000はそれほど違いはないので、新しめの3000を選んでおくといいです。

また、FCからやりはじめたけど今一面白くなかったって場合もあるので、お店にあるやつや、最悪片落ち品でも良いかも。

Amazonにもありますし。pspは買ってすぐ不具合が発生したっことは希にしかないので安心感はありますが、わざわざ新品を買う必要はないですね。

そしてFCで手応えを感じ他のシリーズも気になる!ってなれば次にSC、3rdに続いていけばいいと思います。


軌跡シリーズの全体評価は?

BGMが透き通っており泉が沸くように神秘的な音色を出してくれます。神ミュージックを出しているのは間違いないと思います。

聞いていると癒しとして感じますし、サントラが欲しくなっても良いくらいですね。完成度はかなりのもの。まだ軌跡シリーズは完結しておらずいつ終わるのかすら未定です。

今なら、昔の作品は安く手に入りますし一度やってみて「ストーリーの響きがいい。」「世界観が素晴らしい」とかどこかしら魅力を感じれば買いなソフトだと思いますね。

最初のイメージとして銀河鉄道とか、ガンダムや、コードギアスに近づけているのかなーって見えましたが、検討違いでした。

閃の軌跡になると焦るほどキャラの特徴が変わったり、性格も違ってきたり‥。自分の場合はRPGドラクエ、FF、ポケモンをかじってきてからイースへ移ってきました。

イースシリーズも軌跡シリーズも一緒の会社ですが、中身が全く違うので一回遊んでみないとわからない。

イースはアクション寄りなのでストーリーを求める方には駄目なのかな。

RPG好きならきっと英雄伝説のゲームは楽しめると思います。ギャグも所々ありますし、話がわいわいし過ぎてついていけない展開も。

アフターが気になってしまうのも軌跡らしいですね。イベント、通常敵戦、ボス戦などマイナーでなく定番のごり押し戦闘はドラクエっぽくもなります。

沢山やりこむならプレイ時間100時間は余裕で行ける。

やっぱ一番面白い作品と言えばFCやらSCに落ち着くんですかね。懐古と思われそうですが‥あのときの感動があるから今も続いているんだと思います。


まとめると?

英雄伝説は軌跡バージョンが断トツだと思いますし、思い入れや素敵なストーリー構成は他にはない物だと感じます。

自動で回避する機能とかあれば便利なんですが、ジャンルがアクションじゃないので無茶ぶりも良いところですよね。そりゃ無理だわな。

ソフト一個のストーリーも長いので、最初から遊んで今のシリーズまで到達するのに、どのくらい掛かるんでしょうか。

時間に余裕のある人でないと完全制覇は難しいのか。

遊びごたえはバッチリなので気になる方は是非遊んでみることをおすすめします。