このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーログ

ゲーム.仕事.育児.自己啓発.おすすめグッズ.総合情報に特化したブログ

地獄少女 宵伽 2話 感想。結末として重さがバックグラウンドで表現。

地獄少女4期の第2話にあたります。

前回1話は初っぱなから容赦ない作りだったので僕自信かなり怯えています。

ってそこまできついなら見なければいいのに!ってなるんですが、話の続きをつい知りたくなってしまうのが地獄少女の面白いところ。

依存性抜群ですね。さて2話の内容とは。



2話 あなたしかいない。

喜びしか写らないはずのお笑い芸人が本編の主人公的な部位にいます。ナナコとハル。

この二人が重要人物。

キャラクターとしてはそのまんまお笑いに直結していると思います。

賑やかで和みある両者ですが、二人には隠された秘密があるようなんです。

見ていて思うのですが、友情って何処までの範囲なのでしょう。なんでもいい合えるのが友達なのか。

親友の千引ってよくわからないものです。

お互いが気を使わない関係であるのなら、それで見事悩みとか解消されるはず。

片方が不満を持っていて、尚且つやりきれない気持ちであるなら、そこに友情は砕けると思うんですよね。

変わらず地獄少女達の応援歌というか、監視が広がっていますね。次は何をするだろう。

非協力者でなく、解決の糸口を見張っているのか、あるいは一緒に便乗しようとしているのか。

ラストはお笑いのネタが発掘出来ない為に二人の関係がギクシャクしていきます。

裏表どちらともあるようにしか見えない。

今回の鬱度合い→60パーセントくらいかなって感じです。

前回1話と比べるとそんな大したことはなかった。

でも友達と仕事をするってこんなデメリットもあるんだなと、

共同していくのなら無理な催促は駄目なのかも知れない。

個人的な感想としてはそんな感じです。


まとめ。

第2話はまあまあ良い出来でした。第3話はどう変化していくのか見所MAXです。