このエントリーをはてなブックマークに追加
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーログ

パパが子育てしながら書いてます。「プロフィール」「お問い合わせ」についてはブログ内検索して下さい!

ゴットイーター2RBやりこみ要素。プレイ時間などゲーム攻略情報!

ゴットイーター2でクリア後のやりこみ要素。全体を通しての遊べる部分をご紹介していきたいと思います。ネタバレありです。

近接武器や銃武器が豊富でモンハンにちょっと似たような形式になっていますが、やりこめる部分はいくつかあります。



全ミッションをクリアする。

難易度が1から10まで。初期からあるやつになります。そして高難易度といって更にクエストの難しさが重なっているクエストもあります。
やはりレベルが上がってくると報酬金も増えますが、モンスターの強さも別格になって倒しづらくなってきますね。

まずはクエストの完全クリアがひとつのやりこみ部分だと思います。

また一つのストーリーをクリアしてから7の難易度を挑戦することが可能になります。

RBだと難易度が15にまで増えますのでボリュームは半端ないです。






トロフィーの全入手。

フロンズ、シルバー、ゴールドといったグレードのあるトロフィーが入手できます。

そのためには特定のモンスターを討伐したり、ミッションをクリアしたりなど、結構細かい項目があります。全部で20個以上あるので集め終わるまでに時間を要することでしょう。



新たなストーリーと武器

クリア後にはキグルミのストーリーが追加されます。

上記でも伝えていますが難易度の追加と最強武器まで作れるようになります。

またリンドウが仲間になります。



アラガミの研究。

何よりモンスターを何回も直していくとそのモンスターの特質がわかってくるようになります。

そうすると、どの武器が効率良いのかとか、素早く倒せる方法とか自分なりにアレンジできます。

タイムアタックのようなもので、楽しめるかと思います。とまあ殆どは強い武器使えば差別化されず、意味ないのかなと感じたり。


装備の見た目にこだわってみる。

強い武器防具云々ではなく、やっぱゴットイーターは見た目のシュールなところに面白味があります。

鮮やかさ満点のコスチュームとかアニメらしい雰囲気とかプラモデルみたいにいくつかのパターンをセレクトしてみて楽しむのもありでしょう。

またブラッドアーツを育ててみたり、するのも良さそう。

かといってもゴットイーター2は狩ゲーみたいなアクション要素を盛っているよりは、キャラゲー。癒しとか、マニアックな部分も多少はあると思うんでのんびりプレイするのが鉄則かなと感じています。

ミッションは決して多いとはいえず、全て終わらせてしまうと飽きがくる気もします。

エンディングも一つだけに絞らず他のストーリーを一緒に楽しむことで、解消されると思います。




クリアまでのプレイ時間はどのくらい?

おおよその検討になりすが、30時間から50時間程度になるかなーって感覚です。

アクション慣れしている人には物足りないかもしれませんし、逆に初心者や仕事や勉強で忙しい方にはシビアな作りでくだくだしていないんで遊びやすい設計かと思います。

30時間はそれでもRPGなら全然長く遊べる規格だと思います。長すぎるとクリアしてしまう前にやらなくなったり、違うゲームソフトに移ってしまう可能性もあったり‥。と長ければいいってものではなさそですね。



ゴットイーター2RBの魅力とか。

そもそもこのゲームはキャラの愛着を沸かすような内容でアクションの重みはあんまガッチリしていないですよね。

それが狙いってとこでしょうか。アクションよりはシナリオ中心に製作されていて、戦いがありながらもキャラとの和みがあったりと他にはないゲームとして独立性がありますね。動きにも注目してほしくて、モンハンよりスタイリッシュで、的確な動きを魅せてくれる。

作業性たっぷり含まれていて、黙々と遊ぶアクション。この手のものはまだありますが、続編を期待するとなると更なるグレードアップしたゴットイーターが見れそうです。



ゴットイーターとゴットイーター2の違いについて。

ついでに語りますが、ゴットイーターは最初のモデルなので、アラガミの種類が少ないしミッションのボリュームも違います。

ゴットイーター2だと新しいシステムブラッドアーツが投入されたりして、やりこみ要素が広がってる。まさに数字が増えると楽しめるところも変わってきますね。



まとめ。

今回はゴットイーター2RBのやりこみ要素について色々書いていきましたが、ライトよりヘビーな方にとってこのゲームはちょっと物足りないかもしれません。

だとしてもファンの方なら次回作品が登場してくれば、新作の為の振り返りということでおさらいすることになりそう。

少ないやりこみですがさっぱりしているゲームこそゴットイーターでしょう。以上そんな感じでおわります。


ゴットイーター2RBの評判とか。ユーザーの声。









久々に遊んでもついついはまりこんでしまう。ソフトの方もだんだんお手頃になってきていますし、暇潰しのゲームにぴったりですな。