このエントリーをはてなブックマークに追加
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーログ

パパが子育てしながら書いてます。「プロフィール」「お問い合わせ」についてはブログ内検索して下さい!

仕事で使えないと言われる?絶対必要とされているから気にしなくていいよ!

仕事で使えない人だとか、あいつ使えねえよなって細々言われることについて。実際問題仕事って考えるほど難しくなりますよね。僕も同じ気持ちです。

使えなさすぎると言われつつも頑張って今の仕事に取り組んでいる人はスゴいと思います。努力家です。




仕事のモチベーションについて。

ここで僕の話をさせていただきます。

もう同じ仕事を初めてから早3年以上は経過しています。

この頃になれば、必然と人に教えなくてはならない機会が増えてきたり、仕事での流れが逸早く気づくようになります。

なんつーのかな。先を見越してというか、次から次へと解決できない物が増えていくんです。

勿論勤続年数が増えたからといって頭を下げるのは毎回あります。

むしろその内容を克服することのが難しくなります。

仕事量も数上がってきて、一人では抱えきれない量も積みかなさってきます。

ミスをしないように心がけているんですが、人間なのでどうしようもない簡単なミスをするものです。



ミスする=使えない人材ではない。


仕事で使えないって言われることはこの日常で当たり前だと思います。

新人で覚え途中だとか、新しい部署で一から始めるに当たってミスをしないのはまず無理だと思うんですね。

ベテランの人が仮に一ヶ月はミスしなくても、10年間という長いスパンで見たら‥ミスが絶対ないと言えるんでしょうか。

そりゃ仕事の完璧にこなさなくてはなりませんが、さすがにロボットじゃないんだから、不可能でしょって話になります。



偉いのは社長だけでいい。

たまに仕事で使えねえと、思いっきり感情剥き出しのまま伝える人がいますが、正直いう資格はないと思っています。

自分だって間違えるはず。自分が間違えてしまったときに謝ることが出来ないならサラリーマンとして失格だと思います。

逆にお前は駄目だとか、邪魔だとか言う前にフォローする必要があると思うし、良い人材を育てるなら誉めることも大事です。

誉めずに一方的な発言ばかりでは人なんて育たない。反って辞めていく状態に陥ります。


気にしなくていい。必要とされているのだから。

まだ仕事のキャリアを積むために成長中の新人方。

毎日頭にインプットするものが多くて頭がパンクしてしまうと思います。

仮に使えないと言われても気にすることはありません。言われたからって人生そのものを否定されている訳でもありませんし、今だけだったりします。

人間関係ってほんと邪悪なものといっちゃなんですが、解決策がなかなか埋まらない。

対処方法で、なんとか上手く付き合っていけばいいとか言いますが、実際そんな容易く終わる身近な内容ではないと思います。



耐えられないなら仕事を辞めればいい。

どうしても合わない環境ならさっさと辞めた方がいい。考えるほど時間の無駄ですし、仕事なんていくらでも溢れ反っています。

なんか、「そんな人生甘くない」「大した内容じゃないのに辞めるとか‥とんだゆとり。」「他の人はみんな頑張っている」って言う方もいます。

それが正解?そんな事ないです。

仕事を頑張りすぎると人間は駄目になります。

ニュースでもちらほら出ています。残業が多すぎ、疲労で倒れちゃう人がいる、鬱になってしまう。働きすぎは危ないし、人生楽しめないです。

仕事を変えるのは甘えではありません。

むしろ簡単に適応できる人程強く生き延びれます。

同じ会社にいて生涯の保証はありません。与えられた仕事をこなすだけで給料なんて上がらないし、会社が利益でたから社員の給料を上げるとも限らない。

もし会社が業績悪化でなくなってしまったら‥また一からのやり直しです。誰しも常にリスクが存在します。

だから今の会社が気に入らなくて辞めても問題ない。次の会社を探せるってことはめんどくさい手続きをする訳だから‥自分自身も経験や成長になります。

何十年と働いてからのリストラは精神的に辛いと思います。

なんなら既に何回も退職経験のある人のが詳しいし有利なはず。



今後の人生は誰でも変えられる。

今だけだと思います。下積みだと思えばいい。使えないからって今後の人生はやり方によっては変わります。

中には副業で成功している人もいる。昔は散々な目にあって人生そのものがつまらなかったって人も5年も10年もしたら経営者に‥。なんて話も普通にありますからね。

過去の経験は必ず知恵になって生まれます。

あーあの時こうしておいて良かった!的な出来事は後悔よりも喜びになればいい。

今苦労して得た知識はきっと何かに役立つ時がくると信じましょう。社畜?というか働くよりも舞台に立てる場所は存在すると思うんです。

てか使える使えないの指標は宛にならない。お金、いや給料がすべてだと思います。いくら大変な仕事だからといって安かったら生活できないよね。


使えないからもう駄目って諦めるより、今後も定期的に続けられる仕事か、

給料が割りにあっているか、

人間関係は良好なのか

など別の範囲で決めた方がいいでしょう。

以上私の経験でした。