このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーログ

ゲーム.仕事.育児.自己啓発.おすすめグッズ.総合情報に特化したブログ

【蕁麻疹】ストレス、汗が原因かもわからないまま長期的に治らないので解決策を考え中

どうも、ユーログです。昔から蕁麻疹にかかりはじめて早5年は経っていますね。

いやはや、いつになろうが全く治る傾向がありませぬ。

しかも長期的な長さで変化ありませんし、特別症状が悪化する事態もありませんね。

んで未だに原因が不明という大騒ぎな展開。

もうね、正直生きるってなんだろう、他の人が大きな幸せを掴みとってるようにしか感じないんです。

あまりネガティブ過ぎても辛くなるだけですが、なにもしないよりはマシ。

こうして一時的に治すものがヒスタミンを抑えるやつ(名前は言わないでおく)んですが、それに頼るしか現在ありません。薬のんで一発で治ればいいんですが人生そんな甘くないものです。



蕁麻疹と共に戦っていく。

この病気の最大の弱点はいつ何処で治るかわからないこと。

同じように蕁麻疹に掛かっている方がいれば心強いんですが、回りは当然健常者ばかり。

蕁麻疹?ああー、あれね。どうせすぐ治るっしょ!とか日頃の行いが悪いんだよ。あんまり気にする病気ではないとか、他人事のようにアドバイスを受けます。

症状にかかっている人間からすればちと、迷惑な話ですが‥今後は個々の戦いになると覚悟を決めていました。



勿論治らない不安もある。

2ヶ月とか3ヶ月に一回の頻度で皮膚科へ通います。

目的は医者に会ってカウンセリングとか治して貰う前提ではなく、ヒスタミンのかゆみを抑えるやつを頂戴しに行きます。

これの無限ループ。繰り返しです。

まるで病人のように永遠と通い続けなくてはならないのか、どのくらい通えば治り始めるのか。

不安がよぎる。

時には息が苦しくなるくらい辛くて毎日蕁麻疹のことを考えてしまう。

楽観的に思えば人生が楽しくなるかといえば‥実際そうでもなくて、どうしてこんなことになってしまったのかと自問自答する始末です。



ちょっとした考察心当りについて。

今までを振り返ってみる。

家族からの遺伝なのかどうか。まず遺伝ではない。

もしその答えであるなら産まれたときから発症していておかしくない。

水疱瘡はあったがこれといった重たい病気は一切皆無で、日々遊びつくし。

運動も積極的でしたし、捻挫とかありましたが、身体の異変には無知なのかなんなのか‥特に何にもなかったですね。

親誰一人蕁麻疹について聞いたことも無かったし耳にすら入ってこなかった。

って考えると親からの関連性は無さそうですね。

そもそも蕁麻疹ってうつるの?って話ですが、世間一般的にはうつる具体性や根拠はないみたいです。

仕事のストレスや、食生活、毎日の積み重ねや蓄積により突然起こっちゃう訳です。

仮に蕁麻疹が出たからといっても長く続くことは滅多に無いと聞きます。大概は数日すれば治るんですが僕の場合は特殊です。



とまあシャンプーとか、洗浄力の高い石鹸、ハンドクリームとか蕁麻疹になる物質さえわからずじまい。

長期的な蕁麻疹がおこってから病院にいっても、既に時は遅し。

話を聞いてくれるが、原因は自分にあるから、本人の過去の経緯とか、思い付く部分を掘り出すしかない。


僕も色んな所から思い出していきました。

金属、鉄、スチールとか‥。後は食べ物。前に栄養ドリンクを飲んでみた結果を書きましたが全く効果なし。

果物辺りはどれを食べてもアレルギーとなるものは発生しなかった。

うどんやそば粉、パン粉とか穀物類は全然問題なし。チョコの食べすぎかなって思っていましたがそちらも関係なく。

更に思い付くのは食生活の乱れ!?

それが抵抗力の吹き出し口を作っていたとしたら。毎晩甘いドリンクばかり、スナック菓子大量に摂取。

週に3日は外食とか好き勝手な生活をしていたのが仇になったのかって予測つくわけです。



5年経っても蕁麻疹は治らない。

今ハッキリ言えることとすれば、蕁麻疹はマジで治らない。

年齢を重ねていけば嫌がおうでも無くなっていくとか医師から話をされますが、果たして100パーセント治るのか、後遺症的な後から人生の急転落する可能性はあるのか。

毎月1000円以上は医療費がかかっています。

薬代や、診療科。結構バカになりません。塵も積もればですが、毎月の支出からして無駄なお金です。

もしこの無駄なお金がなければ貯蓄に回せると思うと少し悔しさがありますね。


蕁麻疹にも種類がある

腕時計の金属が皮膚に接触して発生するものだったり、ホコリ、ハウスダストが原因とか。

ストレスによる場合はその環境を変えればいいとか言いますが、そんな簡単じゃないですよね。

また、暖かい場所や、寒いところにいくと蕁麻疹が出るって話もありますし、もはや蕁麻疹は天敵ですね。

僕も毎日苦労しています。

蕁麻疹がキモいとか言っちゃってる人、明日はわが身ですよ。

気づいたらなっていたなんて普通にあります。他人事と思わない方がいいです。

急な出来事に焦りを感じるだけでなく、その後も治らなかったらジワジワと一生をかけて付いてきます。

僕も昔はこんな病にかかるとは想定していませんでした。むしろ健康気質ですし、風邪引いても藥なしで治してしまうくらい。その本人がこれですよ。やんなっちゃいますね。



たまに思うんです。蕁麻疹治ったらどんなに嬉しいことか。

人間のやる日課って衣食住じゃないですか。

そこに蕁麻疹が邪魔してきたらどう思います!?時間を奪われるんですよ。

お風呂入ってから薬飲まなくてはいけないし、飲むタイミングをずらしてみても、同じ繰り返しでね。


ガチ悲しくなるほど人生がつまらない‥と感じることもあります。

人と違うレールに乗っかって毎日気を使わないといけないんです。それがやりきれない気持ちで自分の心を揺さぶっている。


今後も自分自身を見つめ直しつつ研究あるのみですね。