このエントリーをはてなブックマークに追加
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーログ

パパが子育てしながら書いてます。「プロフィール」「お問い合わせ」についてはブログ内検索して下さい!

テイルズ新作ゲームベルセリアからみる次回作や今後の課題について。

少し前にテイルズ最新作のベルセリアが登場しました。戦闘も多少ならず、結構大幅な変化を出していき、ベルセリアしかない独自性のあるストーリーが面白くなっていました。ベルセリアはユーザーを選ぶと思います。中には神ゲーやクソゲー扱い。満足でしたとか、ちょっと物足りなかったなどの意見もちらほら聞きます。


次なる続編というより次回作品はNintendo switchの方で新作として発売するみたいです。具体的なタイトルや、ストーリー、キャラクターの種類など全然雲にかかっておりわからず仕舞いですね。だとしてもテイルズはアルファベットをモチーフに作られているはずなので、まだ、使われていないアルファベットを探すという連想も思惑が感じられて楽しいです。


Aアビス

B

C

Dデスティニー

Eエターニア

Fファンタジア

Gグレイセス

Hハーツ

I

J

K

L

M

N

というようにまだテイルズシリーズは終わりを告げず完結までには程遠い時間が掛かると予想出来ます。

んでこれからのテイルズシリーズに期待すること。改善点などを考えてみたいと思います。



ベルセリアは確かに楽しい作品であったが‥。テイルズの魅力とは。

最近見るグラフィック。透き通っていて見るものから全人の洗礼を受け流すようなスタイリッシュさもある。

しかも色合いも実に綺麗でなかなかと眺めてしまう。戦闘を楽しむためのテイルズであるが、ある意味では映像やスキットを好む人だっている。


主な進め方のスタイルなんて十人十色でクリア後のやりこみが好きだという方もいるでしょう。


まあ確かにテイルズシリーズは過去を掘り返しても発展途上なのは間違いない。

他のゲームにはないキャラの個性や依存、斬新さのあるバトルシステム。今までいくつか出ているが、テイルズオブグレイセスや、デスティニー2のパターンは僕にとって実に印象的でグラマラスは想いが一杯でした。

戦闘を更に加速してコンボを繋げていく。ヒット数が増えるために経験値の増加も続いていく。そのためには成長システムを利用したコンポプラスや、技の回数を増やすアビリティー的なのを使う。

テイルズは4人プレイが出来るということを暫くして発見しました。コントローラーがあれば問題なく多人数で遊べてしまう。

そして戦闘がなんとも魅力的です。

出来ればその一回のバトルを楽しく、踊りつつな演出をしていきたい。RPGってのはバトルをきめ細かくすると面倒でつまらない印象がありますが、テイルズにはそれが不可解に無いんですよね。


だからこそ楽しめる。それに限らずストーリーの豪快さや、ちょっぴり子供らしい中二病臭い内容も、あえて芝居を低くさせているからこそ成り立つのであります。

時にはパーティー内での裏切り場面とかあまり良い感じはしませんが、物語を引き立てるという面では刺激的に捉えることも。

そしてテイルズの魅力なものとしてネタキャラが登場すること。バルバトスとか、マグニスとかね。しかも一部ネタ技もあったりしてそこは非常に楽しみながらゲームができた。

あわせて読みたい
www.yuppes.com
www.yuppes.com



学生時代にハマったテイルズ

僕のハマった時代は学生の時です。テイルズを知るようになったのは中学から高校の入る間際辺りですかね。丁度ドラクエやFF、ポケモンあたりをかじってから、うんー。他に何か楽しめるゲームはないのか‥と探していた時期でした。

で実際にやりこむようになったのは高校入ってすぐですかね。知り合いが「テイルズシリーズって知ってる?」正確にはテイルズオブシリーズなんだけどね!ってつけ細かく言われたことを覚えています。

そこから序作ともなるファンタジアから潜入して、次第にテイルズの面白さに溶け込むのでした。恐らくですが、初見でハマるユーザーって学生さんが多い気がします。

大人ですとテイルズなんてお子ちゃまがするゲーム。オタク専用のゲームソフトだっ!って感じでの固定概念に縛られます。んで他のジャンルに移ります。

まあ僕なりの感覚ですが、学生時代にテイルズを知っている人こそ、大人になっても昔の作品を遊び尽くしたり、振り返ったり。

古いソフトをまた買い直し、思い出を掴んでいきます。僕も未だにヴェスペリアやグレイセスといった何年も前のゲームに浸りまくっています。

スキットを楽しんだり、イベントを繰り返しこなしたり。後は朝と夜にレベル上げを行うことですね。一時期は毎日の日課になっていました。とにかく数をこなしてレベルを地道に上げていく。

こんなオタク気質向けに作られているテイルズが大好きでやめられないんですよね。

好きな作品を好きな時間だけ遊ぶってゲームにしかないもので消耗する形にはなりません。過去のデーターとしていつまでも記憶に残っているものです。

多分10年後になっても懐かしみながら遊んでいると思います。それほど気まぐれな僕が遊び尽くしたソフトなのです。

あわせて読みたいwww.yuppes.com
www.yuppes.com



今後も期待できるテイルズシリーズ。

今のテイルズに求めるもの。まだみたことのない未知のストーリーでもいい。

SFロボットアニメのような大きいスケールの設定でもいい。秘奥義をもっと長く演出しちゃってもいい。ラノベ風にもっとヒロインを多くしてもいいし、レベル上げの最大値、FF10みたいに限界突破を発生させるのも面白そう。


とまあ名言や名シーンも沢山募らせいてるテイルズですが、今後も更なる新作を期待しています。


追記。テイルズアプリも熱い!

換え置き機も楽しいのですが、アプリの方でもテイルズは賑わっています。

テイルズオブザレイズなんかは実際に動かしながらのゲームアプリですね。

まあ楽しめることは楽しめるんですが、操作性の問題出ていますね。しかしコンパクトながらのテイルズが遊べるとかナムコさん見事だと思います。

その他テイルズオブリンク

テイルズオブアスタリアというアプリも登場しています。

現在その3つ。ファンの方は一度遊んでみるのもいいでしょう。



関連記事
uver2468.hatenablog.com
www.yuppes.com