このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーログ

ゲーム.仕事.育児.自己啓発.おすすめグッズ.総合情報に特化したブログ

ssアカギ クロス、良作、おすすめ二次創作小説ランキング【面白い】

アカギの二次小説をまとめて紹介していきたいと思います。アカギの原作はとっても意気地の張っていてあそこまでの精神力というか、鋭さはまさにマネーゲームともいえるべき面白さ。

気合いが入っていて、軟弱さを感じさせないピリッとした雰囲気が見ていてハマりこんでしまう漫画。二次小説を探すと長編のようなボリュームはあまりないですが、それでも丁寧に作られている作品もあるようですな。いい感じの良作ありです。




【目次】


1位 アカギ 鎮守府に舞い降りた神域(天才)

白い砂浜と青い海と空があった。

 潮風が心地よく、彼の鼻に匂いと感触を与える。

 末期に彼が感じたあの風のようなーー。

「あの! 司令官!!」

 心地よい波の音と風の感触を遮った声は甲高く、まだ少女の域を出ていないようだった。

 彼は静かに目を開ける。

 そこには末期に見た友たちの顔はなく、室内ですらない。
引用元 アカギ 鎮守府に舞い降りた神域(天才)

この世には天才が山ほどいる。

そして、その天才というのは生まれながらにして育つ人もいれば、努力を惜しみ無く使い果たしてからの天才がいる。

されど、天才とは不気味な眼差しで相手を観察する。常にターゲットを意識しつつ、いつ反撃に出るかを見計らっていている。。

麻雀を全くしないアカギ二次小説。

艦コレもクロスしているとかしていないとか。

あわせて読みたい
www.yuppes.com



3位 アカギ逸聞録〜運命の人〜

それは、ある日の夕方だった。
 中学に入ってひと月半経ったばかりの薫かおるは、友人達と下校途中の分岐路で別れ、一人家路へと歩いていた。 
 小学校の時とは違い、中学校から家までの距離は意外と遠い。慣れてきたとは言っても、帰る道のルートは今のところ一本しか知らない。 
 近道はあるのか? なんて思いながらひたすら歩く。ありきたりな住宅街を抜ければ、人通りの多い町の中心部に出た。
 そんなに大きな町ではないのに、何かとこの場所には人が多い。 
 夕方ぐらいにもなると、会社帰りのサラリーマンやOLが、繁華街を目指して進む様が視界めに入る。薫は、その流れを横切りながら通った。
引用元 アカギ逸聞録~運命の人~
アカギの麻雀ストーリーとは逆の視点になっている。

記憶から始まる壮絶な物語とある男性と女性、この二人が繋ぐ関係、行く末はいかがなものか。

運命の人と名のついた題材。

お互い知らない人同士。

性格も違い、何のために合流することになったのか。

彼氏彼女?恋人になるための試練なのか。

話の先がすごく気になる清純ストーリー的な。

あわせて読みたい
www.yuppes.com




3位 【完結】 宿命の和了 【アカギ×咲-Saki-】

~振り替え休日と土日祝日が重なる連休明けのことであった。龍門渕宅に麻雀部の面面が集まることは珍しくない。
 すでに部員が卓を囲んでいる遊戯室に向かいながら、透華は追随する執事のハギヨシに言った。

「寝不足ですの? 自身の体調管理も執事の務めですわ」
「これは失礼いたしました」 申し訳なさそうにハギヨシ。いつにも増して今日の透華お嬢様は鋭い。闘牌しているわけでもないのに。嫌な予感がする。宿命付けられた、確信的なものを感じる。
引用元【完結】 宿命の和了 【アカギ×咲-Saki-】

アカギと咲-Saki-の完璧クロスオーバーに浸っている。

麻雀を麻雀しているような、強弱をものすごく幅を利かせてあるのに初心者にも入りやすい内容になっている。

登場人物におっさん、大学生も入り交じっている。

話は4話までだが、しっかりした作り込みの濃さ。

麻雀好きはきっと満足するであろう作品となっている。




最後に。

今回はアカギの二次小説を紹介していきました。麻雀漫画と言えば他にも「打姫オバカミーコ」や、「東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男」ってやつも現代的で実に面白い。

麻雀漫画は緊張感のある迫力あるバトルが繰り広げられているんで、ふとした時に読みたくなりますよね。是非参考にしてみて下さい。