【ドラクエ6】ハッサン強すぎだろ!しかもイケメンという最強枠に異論はない!?考察

ドラクエ6といったらハッサン。このキャラクターのヤバさはお手のものです。とにかく最強だし、強い。いたら頼もしいし、におうだちでパーティーを守ってくれます。族にいうパラディン的存在。

普通に考えてあの馬力はもはや人間なのか?と思う節がいくつかあるのですが‥今回はハッサンの強さの考察です。

ハッサンとは何?

ハッサンとはドラクエシリーズ作品にあるナンバリングタイトル6の主要キャラクターであります。

主人公よりも目立ちつつ、物語の序盤にて仲間になります。仲間になるきっかけはヒヒーンと叫ぶ馬を仲間にする所から旅が始まります。

始まりの町ライフゴットから突き進んで、下の方角にあるレイドッグ城。教会にてお祈りをしている時にハッサンは現れる。「おっと、ごめんな」と何やらガタイのいい男がいるではありませんか。

主人公はびびる気持ちと、その場から離れたい気持ちが多分あるはず。だってでかいし巨大だし、あの筋肉質は一体どのようにしてつくられていったのか疑問に思う所もあるんですよ。

それだけモンスターのように恐怖を与えてみせるハッサンは仲間になると非常に心強くなります。

ハッサンの強味とは?

ハッサンの何がやばいって忍耐強いところや、高いすぺっく、あるいは熱い心を持っているところに魅力があります。まじでありえないっす。

ドラクエ4でいうライアンのポジションに近いです。というかほぼ同レベル。怪力男といっても過言ではありません。

ステータスの面にではHPが過激。めっちゃ高くなる。序盤から主人公のHPを目掛けて抜かしていきます。たしかレベル15程になると100を越えてモンスターの攻撃なんてどうでもよくなるレベル。

ぶっちゃけ主人公先頭にする必要がなくなる。ハッサンが手前に出てくればいいよもう。って位に芯なる主人公を演じている。

攻撃力も高さも売り。なんにもしなくとも高いんですよ。加入時はレベルが3です。最初はまだなにも技を覚えないんですが、レベル5に上がるととびひさげりを習得する。消費mpは0で技のモーションもいい感じ。からの14になると「すてみ」を覚えます。

自分の防御を完全に無視して敵に大ダメージを与える貴重な技です。これによりあたり強いハッサンが更に強くなる。攻撃特化。むしろいなくてはならないキャラクターとして順次育っていく。

レベル18になるとせいけんづき。これがまた最強過ぎてビックリした記憶がある。たまに空振りしますが、当たれば当たるだけダメージの蓄積値が半端ない。数々のボス戦ではお世話になる特技ですね。

こやつですが、装備する物もかなりハード。ひのきのぼうを録ってから、一気にそうびのクオリティーが増していきます。

徹の爪からバトルアックス、からのきせきの剣とか、剣士、格闘家など多彩な職業にも向いていて、素早さを抜いてバランスがいい。しかしmpが少ないために魔法は一切使えず完全なる前衛の戦闘員となります。

あれ、そういえばハッサンはサンマリーノにて旅立ちを始めたそうで、元々は大工の息子として家に継ぐ予定でいた。

なのに気が気でないのか両親の意見を尊重せず反対して外へ飛び出していったのです。

からの主人公と合流。最後までパーティーに加わるということで、最初から最後まで旅のお供になる兄貴なのです。

能力が基準を遥かに越える。

無敵のハッサンと言われるのにはレベル99になる頃には力が400になり、HPもマックスに近くなる。ほぼ、完ストになってもおかしくない異常な値。

まじでふざけている強さですよ。かっこよさだけはないので、これ以上突っ込むのはやめておくべきか。ちょっと他のキャラクターよりレベルが出遅れても十分戦力になるし、しば○プレイを目指しても余裕でクリアまで立ち向かえそう。

彼はせいけんづきをひたすら打っていれば敵に勝てるのだ。敵なし。

レベルが上がっていく毎にステータスを毎回確認してしまうのも、ハッサンの期待からであります。まだ、レベル上がりも他のパーティーよりも早くて大器晩成にはほど遠いやつになっています。

ハッサンメンバーの加入について、

既に時遅しですが、ハッサンって序盤からいるので壊れゲーになっているのではないのか。

あえてこの位置から後半にいるチャモロやテリーを入れ換えてもゲームバランスとして余裕で成り立つ気もします。

それかハッサンが加入しなくてもドラクエ6というレッテルはまとまるはずですし、ハッサンを除外したとしてもラスボスまでの道のりは簡単にたどり着く気がしますね。

ハッサンが仲間になってから次のミレーユまでの到達時間は2時間もかからないはず。

主人公→オールラウンド。ハッサン→力ごり押しのキャラクター。→ミレーユは回復ももちつつ、魔法のすんなり使える。

イオとまとめ倒しは猛烈にやりやすかった。遊びやすくなるというか、ドラクエ6はモンスターがグループで登場するのでブーメランに似た全体攻撃は不思議と役にたった。

となればミレーユ加入後の物語に沿って合わせたのか。あるいはハッサンでなければ立ち向かえないストーリー構成にしたのか。

職業が変わっていたらどうなっていた?

これは想像がつきません。ハッサンというバリューネームガあったからこそ武道家のみちを平凡に歩んでいけたのかもしれない。

仮に無職ならだだのニートです。ボンクラヘタレと世間からディスられるのも当たり前の状況で、大工の息子として産まれたからこそ、今のスキルがあるんでしょうね。

親から授かった知識やノウハウ、運動神経はそのまま継承されたのだと思う。

ハッサンの両親は何をしていた?

当時の両親について深々と思うところがいくつかあるんですね。

ハッサンを家から追い出してしまったあとの罪悪感はどれほどのものなのか。

ですが偶然にも故郷へ帰る時があって、その時には久々喜びの再開があり、「ハッサンや。帰ってきたんだね。これからどう将来を考えているのだい。」とハッサンの旅路を否定することなく応援しているのが何となく伝わってきます。

てか年齢はいくつくらいなのだろう。公式では21歳と発表があるわけですが、21にしてはえらいマッチョですかね。20代前はどのような生き方をしていたのか。

やっぱ大工職人として親父さんからしごかれていたのかもしれない。定職に就こうとは思わず親の片隅でせっせと木材を斬り倒しているハッサンが目に浮かびます。

親御さんはハッサンが遠くへ旅立った後も平凡な生活をしていたに違いない。二人目?を産むとかはさすがに考えられませんよね。ハッサンがの弟であるのに違和感がありますし、それじゃ年の離れた親子同然ですので、

ハッサンの人柄がいい。

サンマリーノではミレーユと絡む場面がありますが、多分女の子が好きなんです。結局ラストを迎えてもハッサンとミレーユが結婚する説は何もハッキリせずに終わる。

元からそんなゲーム設定にはしないはずなので予想は出来ていました。結ばれるのは主人公となのか。それすら解明されていない。

とまあハッサンの話に戻りますが、きっと男っぽさを貫きつつも、裏では美人な女性を見つけては地味なアタックをしているように思う。本命はミレーユなんだけど、想いが伝わらなくて上手くいかない。

照れ屋なのか、単なるドMなのかキャラの立つ位置としては純粋に人柄に惚れる人が現れそうだと思うんですが。

と断言したいんですが装備したときのかっこよさはまるで0。ステテコを履いちゃっているし、腰回りのベルトが絶妙で「アッチ系」の人だと思われても仕方がない。

格闘家もお洒落をしないと女の子は近づいてこないのだろうか。うつくしそうで対処できると思っていたのですが、ハッサンには合わないそうです。

モテる為の要素は主人公から教えて貰わないといけないでしょう。

チャモロ加入時には男気のある言葉を連発している。それこそガンガンいこうぜ!の作戦に乗ってくれて、チームのムードメーカ的存在に成り上がる。

前半戦のムドーを討伐した時にはちょっと調子に乗ってしまいうるさい気もします。下世界のムドー戦では炎の爪が物凄く重宝され、正直ハッサンがいなかったらここで積んでしまう。ハッサンありきなんでょうねー。

イケメンで決定!

テリーと比較してもハッサンの生き方に賛同するファンも少なくはない。合理的な考え方で思ったことはストレートに口ずさむ。

であるのに相手の意見は尽く尊重し、明るみのある言葉でメンバーに投げ掛けていく。いこうぜ!無理しないように冒険しようぜ!そんな心優しい気持ちが主人公達らを奮い立たせる。

見た目がかっこいいというよりは性格がイケメンである。最終的なパラメーターでは、終盤に仲間になるドランゴとほぼ同程度。メガトン級のモンスターと変わらない強さとか偉人を越えて神様レベルですね。

ハッサンは一人旅でもいいんじゃない?

ドラクエ3にあった主人公の一人旅。これをハッサンに応用しても軽くいけるんじゃないかと。

転職するまでは、やくそうを大量、どくけしそうも多目に常備して貰い、レベルを上げておけば行けそうな感じがする。

最後に伝えたいこと。

ハッサンはイケメン過ぎるし、何故モテないのか見当がつかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です