このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーログ

ゲーム.仕事.育児.自己啓発.おすすめグッズ.総合情報に特化したブログ

ミニマリストの朝食は牛肉、豚肉を食べない主義である。

ミニマリストの朝食方法について。



肉は食べない。

僕の場合肉を食べない主義に至ります。

朝から肉類はやはりお腹に対してぎくしゃくしてしまいますし、食べたあとの満腹感、お腹の出っ張るところが気になってしまいます。朝はできるだけエネルギー単価の高いものと語られていますが、肉だけは勘弁。超怪力な仕事をするわけでもないし、普通のサラリーマンですからね。お肉は昼か夜に食べたいものです。


大人の俺朝食。

毎日が節約です。ご飯は独り暮らしではないので2合炊いておきます。残った分は次の日にまとめるか、お弁当に無理矢理いれていきます。

朝ご飯は、ご飯に納豆、味のとろみをつけるため生卵をトッピング。そこにしょうゆを加えたり、何もいれなかったりと様々です。

他にもご飯にわさびふりかけを描けていきます。ちょっぴりな辛さで食欲がわいてきちゃうんですが、朝眠たいので丁度いい刺激になります。そしておかかのふりかけを使う日もあったり、餅米を使ってお腹の満腹度合いを高めたりしています。

毎日これだけでもしっかり元気しています。お昼まで余裕ですかねー。卵の納豆がキメテになりそう。

さすがに毎日ご飯だとバナナを代用してみようかなーとか、果物に走ります。そしてまたご飯へと無限ループ。


朝食を簡略するメリット

こんな栄養バランスがめちゃくちゃな食事で大丈夫なのかって話もあるはずです。

メリットとして時短になること。ぶっちゃけ朝食の時間っていらないんじゃないかというくらい無駄だなと思うのです。他にも洗濯回したり、ごみ捨てに行くのでやることリストは最小限に抑えたいし、こたつで寝る時間もほしいしね。

最近睡眠不足であり、子供に起こされたりで体がダルいんですよね。ただでさえ、仕事に活力を奪われてしまうので朝の時間に気分の調整をしておく。フルコンディションで仕事したい。


むしろもっとおおざっぱでいい。

ご飯に入れる茶碗は台所の前に置いてスタンバイ。卵はあらかじめ少しヒビを入れておき片手で開けられるように事前に準備しておく。

納豆は冷蔵庫の一番手前に。お醤油は茶碗の隣に。お箸は食べる場所のテーブルに利き手の通りに並べておく。完璧だ。当たり前だけどちょっとした工夫で一分でも一秒でも早く朝飯が食べれる。まあ本音を語るなら「何も食べない」が一番になっちゃうんだけどね。

時間がないならせめて栄養価の高いバナナをかじって出掛けよう。

一杯30円くらいで済むかなー。

朝が弱い人には朝飯すらめんどくさいと思いますが、寝るか食べるか、テレビをみるかの選択になっちゃいますね。

まあ朝食を少なくしているのは節約だけでなく、ダイエットにもなり得るんですよね。

関連
uver2468.hatenablog.com


そんなこと摘まみながら休日はマクドナルドや、寿司屋でサーモンばっか食べるんで意味ないに等しいです。

自分に合った食のスタイルを極めましょう。まじでこれになる。