このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーログ

ゲーム.仕事.育児.自己啓発.おすすめグッズ.総合情報に特化したブログ

ワンオペ育児って絶対大変!子供を育てるのは辛いものだ!

ワンオペ育児ってものがあります。


ワンオペ育児とは

ワンオペレーションの育児版ですね。ワンオペって一言でいくと工場の機械作業の操作を行う人をイメージしちゃいますが、この件については繋がりを得てのイントネーションだと思います。

ぼっち育児と似たような言葉と捉えていいでしょう。ぼっち、すなわち一人育児という訳ですが、離婚していて旦那がいないとか、未婚でシングルマザーだとかそんな意味ではさそうです。

結婚していて旦那さんがいたとしても、その育児を一人で請け負うという言い方に近いんだと思います。


多分無理ゲーに近い。

僕の嫁さんもワンオペ育児を経験していました。僕自信が一番理解しています。

仕事はいつも夜遅くまで働き、時には休日出勤もある。当然仕事主体になってしまうので育児の面倒は奥さん任せになってしまう。

転勤族とか、単身赴任ではないため休日はなんとかフォローしたり、奥さんの負担にならないように気を付けている。だとしても、その時間以外は全て奥さんソロの状態で子育てをするはず。

一人で育児は大変だし、過酷であるのは確かです。周りに親しい人もいない、話し相手もいない。食事を取る時間もまはままならない。ましてや育児はその日によってムラがあったり、何が起こるかわからないので常に神経に気を使います。

仕事もそうですが、一人でまかないきれない作業というのは無謀に近いし、あり得ない緊張感を背負わされます。しかも完璧な作業が出来なければ馬鹿にされますし、何故できないの?と自分が経験していないのに知ったかぶりをされるのです。

では育児という視点で考えたとして、母親一人で育てるに辺り子供が2人、3人でも難易度は変わってきます。かといって子供1人でも精神が病んじゃうくらい大変な場合も考えられます。なので一概にどの状況が辛いというよりは一人での育児が無謀なのに変わりはないと思います。



しかも環境が悪すぎる。

育児に関連付けていいますが、今の日本の環境ってすごく最悪です。

保育園に預けたいのに預けられない家庭が多い現状です。人口密度の低い田舎でさえ空きがないのに東京とかの都心部なんて尚更アバウトなとこばかりなはずです。

僕も前に市役所へ電話してみた所、入るまでにある程度の準備期間も必要だし、書類を書いたり審査を受けたりとめんどくさい作業が沢山あります。

電話一本ですぐに入所出来る訳ではないので、複雑といいますか、空きがない前提なのでどうしようもないのが現状です。

とにかく環境が悪いことで育児に影響を及ぼすことは間違いないと思います。


ワンオペ育児の対策って何かないのか。

第一に考えられるのは人手を増やすこと。ベビーシッターを雇うとか、代行サービスを使ったり。

毎日ではなく、週に2、3回、1時間2時間子供をみてもらうだけでもかなり変化あると思います。最近ブラック企業の言葉が耳に入ってきますが、子育てもブラックみたいに思いますよね。

一生懸命育児しているのにお金も入ってこない。報われない。溜まるのはストレスだけみたいな。


とまあ色々語りましたが、育児を和らげるのに「ひよこクラブ」「たまごクラブ」の本を読むのもいいって聞きます。

今はなんでも便利な物が増えている時代なので上手く付き合っていくしかないんですかねえー。