このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーログ

ゲーム.仕事.育児.自己啓発.おすすめグッズ.総合情報に特化したブログ

手取り月20万の使い道。主な内訳、何に一番消費していたのか。

いつしか手取り20万の時代がありました。若いな俺って。そのときの状況について詳しく書いていこうかなと。


ボーナス足すと大体年収300ぎりぎり辺りか。

手取り20万ですと保険とか年金の支払いでまあまあな金額とられますね4万とか5万とか。年収300ってどうなんでしょう。

世間では300あれば余裕で暮らせるって人もいますし、いやいや、全然足らないよ!って人もいるでしょう。

僕の場合は前者でした。実家暮らしだったので食費に気を使うことなく自由に広げていた記憶があります。


20万の内訳

ガソリン代 10000ちょい

光熱費 なし

家賃 なし

食費 なし

被服費 3万~5万程度、そのときによる。

ゲーム代 1万以上、使うときはもうちょっと使ってた気がします。

車の維持費 普通車だったのでガソリン代を抜いても、1万は掛かっていたような。

芳香剤とか、アクセサリーを無駄に買っていましたね。自作DIYでほんの少し人と差をつける為にユニークな素材を選んだり、車用カーテンを使ってみたり。

いやーお洒落というより自己満足でおわりました。はたからみればものすごく痛い人だなー。


独身か既婚かで変わってくる。

結婚後の生活となるともっとあればいいのかなと思います。

かつかつ過ぎるとストレスになりますし、かといって節約も限度がありそうです。独身であればお金の使い方を誤らない限り、割りと有意義に過ごせると思います。

お洒落な服はそこら辺のお店で手にはいっちゃいますし、マンガとかゲームは毎月かいほうだい。

どこの趣味にお金を描けるかで方向性が変わってきちゃいますが、平凡な生活していれば貯金も余裕で出来ちゃいますね。


年収150万で暮らしてる人もいる。

倍くらいに違いますね。仮に300万なら年収150程度で過ごせれば貯金100万も全然いけます。周りを見渡せばきりがない。それくらい年収300万って中途半端な気がします。



僕の場合は無駄にゲームを買いすぎた。

社会人という専ら忙しい中で余暇のある時間は取りにくい。

平日なんて1時間でも確保出来れば最高ですし、一番ゲームで遊べる時間は日曜くらいですかね。

ゲームに費やす時間はないとわかっていながらも月にゲームソフト5本とか買ってましたからね。余裕ぶっこいていました。まあ無駄な使い方ってこうゆうことを指しているんでしょう。

あっちこっちって軌道のバランスが崩れていくと金銭感覚が狂っていく。だからこそお金に対してよりシビアな行動を心掛けていきたいところ。


結果、考察

結論的には独身か既婚かで変わってくる。独り暮らしだと貯金が出来ない可能性が高い。

実家暮らしは印象が悪く思われがちだけど、貯金する環境を当たり前のように確保してくれると思う。

趣味は一時のものや、高額なアイテムでさえなければ、20万で好きなように遊べる。

ディズニーシーとか余裕じゃないですかね。何よりも一番はお金に無茶な刺激を与えないことです。

あれもこれも便利そうだからってなんでも買ってしまうと貯金も増えないですし、解雇とかなったら今の生活から抜け出す形になる。

そうなるとお金というそのものが当たり前に感じてしまうので借金したり、友達からお金を貸して貰うって考えに繋がると思います。要は程ほどにコントロールしていきましょうって流れですかね。

貯金がまったく出来ない状態が続いているなら、元手を増やすって考えも良いですよ。使うことに執着しなくなるので不必要なお金を知ることが出来ます。