このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーログ

ゲーム.仕事.育児.自己啓発.おすすめグッズ.総合情報に特化したブログ

ガールズ&パンツァーSS おすすめ二次小説ランキング【クロス、短編、長編】

2017年2月4日更新

どうもー。今回はガールズパンツァーのおすすめ二次小説をまとめていきたいと思います。

1位 やはり俺の青春ラブコメ(戦車道)は間違っている

まず初めにこの作品はガルパンと俺ガイルのクロスオーバーとなっております。
この作品の比企谷 八幡はある出来事があり原作の八幡より少しだけ前向きになっております。
ラブコメ成分はそれほどないかもしれません。それでもかまわないという方は読んでいただけるとありがたいです。
ガチ正統派の俺ガイルのクロスオーバー主体になっています。別にフラグがたつようなことはかかれておらず、視点を切り替えるとここまで物語に変化をもたらすということが正直にわかりますので、気になる方は後愛読を。更新頻度が高い方だと思います。じっくりと楽しんで。


やはり俺の青春ラブコメ(戦車道)は間違っている



2位 GIRLS und PANZER with Unbreakable Diamond

杜王港での戦いに敗れた音石明だったが、最後の賭けで、たまたま停泊していた大洗女子学園に忍び込み潜伏した。東方仗助とその仲間達は、この男を逃がすまいと追撃を開始する……
あのマニアックな人ほど知っていると評判のジョジョが密かに登場しています。どこか隠れ家的な影像たっぷりの二次小説。チャラチャラしたような雰囲気が読者に愛想を尽かせない。まさに演芸ともいうべきところか。なんかもう、効果音と表現力とか、お祭り騒ぎのような文章が見ていて楽しいですね。ところでジョジョはいつで完結するのって話ですよ。こち亀は既に終わってしまった。過去を美化されたくないからこそ、ガールズパンツァーは現在に生きる。突っ走る。


GIRLS und PANZER with Unbreakable Diamond



3位 恋と友情の狭間で―逸見エリカの独白―

誰よりも尊敬する人物との出会い。
誰よりも憎らしいライバルとの出会い。
狂おしく芽生える恋に似た感情。
心をかき乱す切ない友情。

逸見エリカの人生は、いつだって彼女たち姉妹の狭間で揺り動かされていた。

人間誰しも喧嘩はあるし、トラブルの元になるであろう環境は避けられない。とかっていうマイナス思考向けの物語を想像していましたが、実際そうもでもなかった。一語丁寧でポエムよりもガッチリと感情を踏み入れた精神力がみっしりと伝わってきます。しかも少女漫画っぽいので女性は割りと入りやすいか。オチとかまんま予想つきそうですが、本気で取り組んでいる姿に高い評価を与えたいです。
まだ話がそれほど多くないので短編として捉えるべきか。
話のキーワードの種はある程度許容範囲に縛っておくべき。


恋と友情の狭間で―逸見エリカの独白―



4位 ガールズ&パンツァー~RED FLAG~

昔から受け継がれてきた、伝統的な文化の1つにして、世界中から、《女子の嗜み》という二つ名で有名な武道、《戦車道》。

世界中の女性からの人気を集める一方で、二つ名から、『戦車道は女子だけのスポーツ』という固定観念が生まれ、戦車道に興味を持つ男性は少なくなりつつあった。

ガールズパンツァーをオリジナルとして見立てています。
長編かつ大量の文章がわんさか入っていますので歯止め効かない程に読めます。というか、1日では読みきれない量なので毎日少しずつが良さそうです。個人のキャラの特性が濃いし、強すぎる。仲間割れはないのだろうかと不安になっても可笑しくない。キャラの生い立ち設定‥センスのスゴさを改めて再認識。現在150話越えの泣く子も黙るサクセスストーリー。


ガールズ&パンツァー~RED FLAG~


5位 jatkaminen Lukio sankari

パワプロクンが殆どベースになっている作品ですね。

なんかムーミンの影らしき姿もありますが、多重クロス的な感じか。

大物が登場でしょうかね。




6位 灰色狼は白鯨の夢を見るか?

海軍道、それは大洋での戦いを通して自らの体躯と精神を養う事を目的とする古くから続く男子の嗜みの一つだった。学園艦を拠点とし、3つの陣営に分かれてお互いの艦船を沈め合い戦果を競うこの武道で、ある学校はこのところまったくと言っていいほど成果を出せていない。
その名を黒森峰学園と言う。
海軍とか羊とか色んなモノを形として司る。

ベースがしっかりしていて実に面白味がある。



最後に。

今回はガールズ&パンツァーのおすすめ二次小説をまとめていきました。結構はまっちゃう人はすぐストライクゾーンに入りやすいかと思うんですが、気になった方は是非チェックしてみてください。劇場版のDVDもありますね。


読者募集中!