このエントリーをはてなブックマークに追加
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーログ

パパが子育てしながら書いてます。「プロフィール」「お問い合わせ」についてはブログ内検索して下さい!

【PSVR】動作の軽さや重さの評価、使い心地など

PSVRをこれから購入する方や、すでに購入済みの方にもということで、今回はPSVRの動作関連についてまとめていきます。

動作というのは本体や、実際のゲームプレイ時の感覚として踏まえていきます。


動作スピードはよい感じか?

ユーザーの意見では重さは感じない、ゲームとしてのデバイスは良好でサクサク動いているみたいです。

昔のゲームみたいなロード時間はどうなんでしょうかね。

なんにしろ、かなりの手応えがあるようです。

そして何より凄いと思うのが、没入間感ですよね。

プレイヤーが本格的に入り浸る姿は落武者というより、舞台の演技みたいなものでしょう。

特にRPGゲーよりアクションゲームは疲れが早い。ゲームの細かな動きに対して、人間は長時間集中するのに無理があるよう。

やりはじめはどうしても、感覚が身に付かず、慣れない動きに躊躇してしまいがち。

とりあえず一言。「すぐに疲れる」みたいです。





他にも、ゲームよいが酷いようです。長時間は厳しいか。

3DS発売当初を思い出してみてもわかるんですが、3Dのよいはかなり酷かった印象があります。

今回のPSVRはそれ以上に引っ張られるんでしょうか。

ですが、断然面白さの方に期待が回ってしまうので、ワクワクが止まらないですね。

これから出るであろうドラクエや、FFシリーズの作品に期待しかありません。



本体が重いらしい。


ざっくりいうと、本体というより、箱が重いらしいです。

きっと錯覚です。

いやね、箱の重みより、PSVRの金額の重みのが、より感じると思います。

あまりの金額に足を踏み入れられない方が必ずいるでしょう。




PS4は必要だったのか?

1つ疑問視されているのはPSVRのみでゲームが出来れば良かったのではないかと思いますが、実際そうでもないようです。

一つの技として、パソコンの画面がPSVRから見れるようです。

本当かわかりませんが、その他裏技関連やシステムが増えていくでしょう。

これからの発展に期待です。後々PS4が必要である理由がわかるでしょう。


最後に。

今回は動作についてサクッと書いていきました。おわり。